キッチンをエコの力できれいにする方法

11月 26, 2015

毎日私たちはキッチンをきれいにするためにたくさんの道具を使います。雑菌や油汚れ、こびり付いた食べ物の汚れをより簡単に落とすための洗剤も市場に多く出回っています。しかし、それらの多くは皮膚への刺激が強い科学物質を含んでいるため、アレルギーや他の健康問題を引き起こす原因ともなります。

そこで、朗報です。しつこい油汚れをきれいに落とすために使う化学洗剤に、わざわざお金を使う必要はないのです。この記事で、身近なものを使って出来る、健康的で環境にも優しいエコな方法でキッチンまわりをキレイにする方法をお伝えしたいと思います。

フライパンの汚れを落とすには?

フライパンの油汚れはしつこく、普通の洗剤ではなかなか落とす事ができません。しかし、ジャガイモと重曹を使う事で、綺麗に落とせるのです。

ジャガイモの皮をむいて、半分に切ります。断面に重曹をつけて、フライパンの汚れた部分を擦ってみてください。驚く事に、汚れがみるみる落ちていくでしょう。もしジャガイモの断面が汚れてきたら、切りおとして再度十分な量の重層を付けてこするのがポイントです。

鍋の内側をピカピカに!

ティーバッグ

鍋の内側の汚れも落ちにくいものですが、次の方法で綺麗にすることができます。

それは、良く乾かした使用済みのティーバッグでポットを磨くだけです。すると、みるみる油汚れが溶けてゆくのが分かります。これには2~3個のティーバッグを使うので、普段使いの安いティーバッグで充分です。

フライパンの外側の汚れを落とすには?

汚れを落としたいフライパンより一回り大きなフライパンに水をはり小さじ4~5杯の重層を溶かします。汚れたフライパンの外側が大きなフライパンに入れた重層水につかる様に重ねます。このままの状態で30分程放置すると油汚れは簡単に落とせます。少し時間はかかりますが、これが最も効果的な方法です。

エコな食器用洗剤を作ってみよう!

洗剤

この洗剤は環境にやさしい洗剤です。塩とリンゴ酢とレモンの相乗効果で、脱臭、消毒、殺菌、油の除去を行い、使うたびにキッチン用品をキレイにします。

材料

・レモン3つ

・塩 カップ三分の二

・酢 カップ二分の一

・水 1カップ

・食器用洗剤 小さじ2(すすぎを助けるためのオプション)

作り方

・皮をむいていないレモンを良く洗い、小さく切り分けます。

・ジューサーに切ったレモンと塩を入れ、良く混ぜ合わせます。そこに酢、水、洗剤を入れて数分間かけて攪拌し完全に混ぜ合わせます。

・これを鍋に入れ、焦げないようにヘラでかき混ぜながら中火で15分加熱します。

・ボウルに入れて冷まします。冷めると徐々に固まってきます。

・完全に冷めたら蓋のついた容器にいれれば完成です。冷蔵庫で保存します。

・普段の食器用洗剤を同じ量で使えます。

 

このように、食品で洗剤を作るのは非常に簡単で無駄がありません。化学薬品を使わずにエコな洗剤を使う事で、アレルギーや環境破壊を避ける事が出来ます。キッチン回りの掃除に、手作り洗剤を使ってみるのはいかがでしょうか?

あなたへおすすめ