キッチンの悪臭を取り除く10の方法

台所の悪臭を予防するためには、常に整理整頓を心がけ、食品が腐ったり汚れがこびりつかないように気をつけることが大切です。

台所のニオイが家中に広がるのはよくあることです。

キッチンを清潔で快適な場所にするためには、ニオイの元が食品、オーブン、排水管そして冷蔵庫などのどの場所であれ、悪臭を予防・排除することが大切です。

1. 食器洗浄器には食べカスなどが入らないようにする

これはアドバイスというよりも、食器洗浄器や排水管のつまりや悪臭を予防する大切な方法です。

  • 毎食後、食器についた食べカスを綺麗に取り除きます。
  • 洗浄が終わったら、沸騰させた湯の中に重曹を大さじ1杯入れ、この湯で排水管を洗浄します。
  • 週に1回以上行います。

こちらの記事もご覧ください:レモンの皮の驚くべき使用法9選

2. 冷蔵庫の掃除

冷蔵庫

台所の悪臭の原因が冷蔵庫ならば、水と酢を使って冷蔵庫を掃除してください。

  • 腐ったりこびりついた食品をすべて取り除いた後、冷蔵庫内にレモンスライス4枚をおいてください。
  • レモンが冷蔵庫の悪臭を吸収しながら、良い香りを保ちます。
  • 冷蔵庫を定期的に清潔に保ち、細菌や真菌の増殖を防ぎましょう。

3. 油のニオイを除去

料理の後、油のニオイが家中に広がるのはよくあることです。

  • 油のニオイを除去するためには、料理が終わったらホワイトビネガー2カップを鍋に入れて沸騰させます。
  • ホワイトビネガーが悪臭を取り除きます。
  • 油を使った時の調理器具などをすぐに洗う習慣をつけると油のニオイが台所につきません。
  • 油汚れが落ちない時は、汚れを落としたい鍋などにオレンジの皮とホワイトビネガーを入れてください。

4. 手についた嫌なニオイを取り除く方法

ニンニク

食品の中には、玉ねぎ、ニンニク、そして魚などのように、手で持つだけでニオイがついてしまうものがあります。手に食品のニオイがついて取れない時は、レモンを半分に切って手をこすると、レモンが瞬時にニオイを吸収して除去します。

その驚きの効果をぜひお試しください。

5. スポンジの洗浄

 

スポンジは、食器などの食べかすや油などに常に触れるため、悪臭の原因となって食器から食器へとニオイがつくリスクも高まります。洗い物などが終了したら、必ずスポンジについた食べカスを取り除いてください。

直射日光の元にスポンジを置くことで、雑菌やバクテリアを消毒する効果があります。

6. 電子レンジの掃除

電子レンジの掃除

  • 半分に切ったレモンと熱い湯を、ガラス容器の中に入れます。
  • 電子レンジの中に5分間入れます。湯気が油を落としやすくしながらレモンが悪臭を吸収します。
  • 酢をつけた布などで電子レンジの中を拭いてください。

7. ゴミ箱の悪臭を予防

 

ゴミの日までゴミを家の中に置く必要があるときには、ゴミ箱からの悪臭が気になることがあります。

このような時は、ゴミ袋の底に重曹とレモンのスライスを入れてからゴミを入れるようにすると、不快なニオイを最小限に抑えることができます。

8. まな板を清潔に保つ

まな板は台所で最も使われる調理器具の一つで、ほとんどの食品の調理にまな板が欠かせません。そのため、まな板を常に清潔に保つことが悪臭を予防する第一歩です。

レモン果汁と塩ひとつまみを混ぜたら、まな板の上に振りかけて数秒こすります。レモン果汁と塩がまな板に蓄積された悪臭を吸収します。

こちらのおすすめ記事もご覧ください:家の掃除に使えるケミカルフリーな方法

9. 台所を良い香りで充満させる方法

コーヒー豆

悪臭を予防すると同時に、台所をいいニオイに保つことも大切です。

コーヒー豆を皿の上に置き冷蔵庫の上に置くと、台所全体が芳醇な香りに包まれます。またバニラエッセンスを浸した化粧用コットンを台所のいくつかの場所に置くのもお勧めの方法です。

10. 台所の掃除は頻繁に

台所やカウンターの表面にこびりついた食べカスや、排水管の詰まりが悪臭の原因とならないように、調理中も常に片付けをしながら料理を行いましょう。

調理器具は料理が終わったらすぐに片付けて、食べ物や油が飛び散った壁や表面は酢につけた布で拭き、こびりつきを防いでください。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ