血圧をコントロールする効果のある7つの食べ物

5月 4, 2017
血圧をコントロールするには、バランスの取れた食生活を送ることが鍵です。是非とも取り入れたい食べ物を知り、血圧を正常に保ちましょう。

高血圧症とは、血流が本来よりも速いスピードで動脈を流れてしまう状態です。

この状態に影響を及ぼし、血圧が危険なレベルへと到達してしまうと考えられる問題は幾つかあります。

血圧に最も影響を与える生活習慣は、

  • 常にストレスを感じている
  • 赤身の肉やコレステロールの高い食べ物を定期的に食べている
  • 喫煙している
  • お酒を飲む
  • だらだらとした生活を送っている

などです。

これだというはっきりとした症状はありませんので、手遅れにならないうちに見つけることが大切です。

深刻なトラブルを防ぐためにも、以下のような食べ物を食生活に取り入れましょう。

1. バナナ

平均的なサイズのバナナ一本には450gのカリウムが含まれています。カリウムは血圧をコントロールする上で最も重要な栄養素の一つです。

このミネラルには、体内でどのように塩分が処理されるかをコントロールする働きがあります。皆さんご存知のように、塩分を摂りすぎると、血圧に影響を及ぼしてしまうのです。

塩分の摂取量に気をつけると同時に、カリウムの摂取量も意識しましょう。

カリウム欠乏症はナトリウム平衡異常を引き起こし、また体の様々な機能を脅かす可能性があります。

 

2. パンプキンシード(カボチャの種)

パンプキンシードを食べると血圧の維持がずっと楽にできるようになるでしょう。カボチャの種には亜鉛が含まれているため、高血圧を予防する効果があるのです。

体が亜鉛を十分に摂取していない場合、動脈はその弾力性を失ってしまいます。そして、炎症へと繋がるのです。

パンプキンシードは美味しいだけではなく、以下のような栄養を含んでいます。

  • タンパク質
  • 脂肪酸
  • ミネラル
  • アミノ酸

つまり、抗炎症作用、軟化剤、抗寄生虫薬としての効果があるのです。

3. ニンニク

ニンニクには、血圧をコントロールするのを助ける働きがあります。血液をサラサラにしてくれるだけでなく、以下のような状態の改善にも役立つでしょう。

  • 動脈硬化
  • 心臓発作
  • 冠状心臓病

これは、ニンニクにはビタミンC、ビタミンB6、マンガンが多く含まれているからです。

4. ヨーグルト

大人だけでなく、子供にとってもカルシウムを摂取することはとても大切です。

カルシウムが豊富な食べ物を日常的に食べ、推奨されている100〜150mgのカルシウムを摂取していると、血圧が上がるリスクを抑えることができます。

ヨーグルトにはカルシウムだけでなくタンパク質、カリウム、マグネシウムといった様々な栄養が含まれています。カルシウムは特に、血圧を維持し血液中のpH値を正常に保つ働きをします。

体をアルカリ状態に保ち、血圧が上昇するのを防いでくれるでしょう。

5. ジャガイモ

ジャガイモは、正しい方法で調理し正しい量を食べるのであれば、とても健康に良い野菜です。

カリウムがどれほど血圧に重要な働きをするかはすでにご説明しました。ジャガイモにはそのカリウムが非常に多く含まれているのです。

カリウムは、ナトリウムの値を下げることによって血圧をコントロールします。

さらに、ジャガイモにはマグネシウムが非常に多く含まれています。マグネシウムはストレスを軽減し、免疫系を改善します。

6. スイカの種

スイカの種は捨てる人が多いかと思いますが、実は、スイカの種はとても健康に良いのです。

この小さな黒い種には腎臓の機能をサポートし、血管を広げる力のある物質が含まれています。

つまり、高血圧と闘うのに理想的なのです。

軽くつぶしたスイカの種を容器に入れ、熱湯を注ぎ入れます。1時間半以上おき、1日を通して少量ずつ食べましょう。

次の記事も参考に読んでみてくださいね。『知っているとお得なスイカのミニ知識トップ5』

7. タマネギ

ニンニクと同様、タマネギは動脈だけでなく体全体を改善するスーパーパワーを持つ食べ物です。

タマネギは血液の循環を改善し、高コレステロールや高血圧症に良い野菜です。

これは、タマネギに以下のようなものが多く含まれているからです。

  • 必要不可欠なオイル
  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ミネラル(カリウム、マグネシウム、リン、カルシウム、ナトリウム、サルファー)

低脂肪のレシピにタマネギを加えましょう。レモンを入れた美味しいサラダに入れたりタマネギを使ったスープにすると良いですね。

まずは医師に相談して、上記の食べ物を取り入れても良いか確認し、自分の体に合った食事をすることを忘れないでください。

あなたへおすすめ