腱鞘炎の治療法

10月 20, 2015
筋肉のリラックスや腱のエクササイズ、食生活の改善で腱鞘炎を防ぐことができます。靭帯を強化するため、マグネシウムやシリコンが豊富な食品を食べましょう。

腱鞘炎は腱が炎症を起こしている状態です。かかとや上腕二頭筋の腱に起きやすく、患部が大きくなり、炎症を起こしますこの状態の主な原因は、悪い姿勢での反復活動や靴の圧力です。基本的には、腱に炎症を起こす出来事が原因ですが、誤った筋肉の使い方の結果起こる損傷や外傷が長期的には腱鞘炎を引き起こすこともあります。

腱鞘炎について

腱鞘炎の最初の兆候は、動かしたり圧力がかかったりした時に感じる腱の痛みで、関節を動かすのが困難なこともまた一般的な症状です。腱鞘炎の症状を緩和するの最良の方法は、痛む部分を休ませたり動かさないことで、サポーターを使って固定できます。かかとの腱であるアキレス腱に問題がある場合は、別の靴を履かなければなりません。

腱鞘炎に対しては、主に痛みや炎症を軽減する治療をします。深刻なケースは、腱が炎症を起こしている場所に直接、抗炎症ゲルやクリームを使用することもあります。

痛みのある腱をなるべく動かさず、痛みを緩和するために直接患部に熱や冷たいものを当ててみてください。腱鞘炎が進行している場合、腱が磨耗し、損傷部分が完治しない場合もあります。 たとえそうであっても、症状を治療し、痛みを和らげるための多くのナチュラルな方法があります。

痛みを緩和するためのアドバイス

足

  • エクササイズ方法の変更は、腱鞘炎で悩んでいる場合に最初にやってみるべきことです。患部を酷使するスポーツはやるべきではありません。その代わり、炎症を起こした腱を休ませながらもアクティブでいられ、痛みを軽減するのに役立つヨガのような、よりリラックスしたエクササイズを行いましょう。
  • 前述したように、痛みを和らげるために患部に熱や冷たいものを当てます。これは20分単位で行う必要があり、20分間熱や冷たいものを当て、20分間何も当てないようにします。痛みが消えるまで、氷や温湿布を使って、これを繰り返しましょう。
  • 体内でオメガ3と天然の抗炎症物質を増加させる、フィッシュオイルサプリメントやフィッシュオイルの摂取を増やすことも、腱鞘炎の炎症を鎮めるのに役立ちます。
  • 腱鞘炎を持っている人への最高のアドバイスは休息です。夜8時間眠ると、腱の自然な治癒プロセスを促進します。

腱鞘炎のためのナチュラルなレシピ

ウィロー

腱鞘炎の治療に役立つ、ナチュラルで植物ベースのレシピもあります。 これらの植物は、筋肉の炎症を緩和・軽減させる特性を有し、痛みを和らげるのに役立ちます。

  • アスピリンの特徴を一部を持つウィロー(ヤナギ)は 、腱鞘炎の治療に有用です。グラス1杯の水に乾燥樹皮2グラムでシロップを作り、1日2〜3回飲みましょう。しかし、消化器系に影響を与える可能性があるので、長期間飲むべきではありません。
  • エキナセアは、強力な抗炎症特性を持つ植物です。水1カップにこの植物を小さじ1杯加え、ハーブティーの形で飲みましょう。 1日1〜2杯が目安です。

最後に、腱鞘炎によって損傷した靭帯をくっつけるために、マグネシウムとシリコンが豊富な食品を食べることが重要です。 おすすめの食品は、レタス、パセリ、アスパラガス、ほうれん草、ナッツなどです。腱鞘炎は、ハードな動きを必要とする活動を制限し、食事を改善、筋肉や腱を休ませるリラックスしたエクササイズを行うことで防ぐことができます。

あなたへおすすめ