健康な心臓で長生きするために欠かせない/9つの栄養素とは?

5月 1, 2017
だれだって健康で長生きしたいと思うもの。でも、時として私たちが口にする食物がその邪魔をすることがあります。90歳をすぎても元気ハツラツでいたい方のために、ヘルシーな心臓を守るために最も大切な9つのビタミンとミネラルをご紹介します!

健康でなければ長く生きても意味がない、と考えている人たちはたくさんいます。加齢とともに身体のあちこちに支障が出てくるのは避けがたいもの。でも、健康な心臓を維持しながら90歳すぎまで生きるために、今から食生活に加えることができる必須栄養素がたくさんあります。

私たちが自分の身体をできるかぎり大切にしていけば、満足いく生活の質を維持しながら長生きすることが十分可能なのです。

健康はさまざまな要因に依存しています。ヘルシーな体重を維持し、コレステロール値・血圧・血糖値をコントロールするために、私たちが口にする食べ物が大きく関与していることは言うまでもありません。

ヘルシーな食生活がヘルシーな生活につながるということを私たちはいつも覚えて、実践していかねばなりません。

『みんな健康』では、ヘルシーな心臓を維持していくために、以下にご紹介する9つの栄養素を取り入れて、あなたの食生活を改善していくことをおすすめします。

1. オメガ3と必須脂肪酸

このサイトでは、地中海ダイエットの効能についてたびたびお話してきました。やせるだけでなく、心臓を守るためにもすぐれています。

このタイプのダイエットに欠かせないのが天然のオイルと新鮮な魚

これらの食品に含まれている一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)は、悪玉コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)を減らすために欠かせません。

また、オメガ3脂肪酸を含む食品を食生活に取り入れることで、心血管系の炎症を防ぐことができます。

2. マグネシウム

マグネシウムは、筋肉の緊張緩和(特に心臓の筋肉)を促すある種のエネルギーを生み出すのに欠かせないミネラル。

体内のマグネシウムを適切なレベルに保つことが、脳卒中や心臓麻痺を防ぐのに役立ちます。

興味深いことに、女性の方がマグネシウム不足による弊害を受けやすいとか

マグネシウムを含むサプリメントを摂るべきかどうか、かかりつけの医師に相談しましょう。

3. コエンザイムQ10

コエンザイムQ10 は、マグネシウム・セレン・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛と連携して働きます。

これらの栄養素をバランスよく摂取することが、心臓の健康を守り長生きするために必要です。

コエンザイムQ10特定の食品に含まれている抗酸化物質であり、適量を守ることが大切だということを覚えておきましょう。

また、できるかぎりナチュラルで化学添加物を含まない食品を選ぶことも大切です。そのいくつかを挙げると…:

  • 鶏肉または七面鳥 
  • 卵 
  • さば 
  • いわし 

4. ビタミンD

ビタミンDはすぐれた効能を持つ栄養素で、近年注目を集めています。

毎日、日焼け止めをつけて短時間日光浴をすることが、さまざまな病気—特に心臓に関係した疾患—の予防に役立ちます。

またビタミンDは、卵や魚、ビタミンDを強化した乳製品などにも含まれています。

5. ビタミンC

ビタミンCは強力な抗酸化物質ですから、健康で長生きしたければ積極的に食生活に取り入れるべき栄養素の1つです。

ビタミンCには、細胞の損傷を防ぐ・悪玉コレステロール値を下げる・動脈を強化し柔軟に保つのに役立つなどの効能があります。

ビタミンCを十分に補給するには、毎朝起き抜けにぬるめのお湯にレモンをしぼったものをコップ1杯飲むことをおすすめします。

また、ほうれん草・ナッツ・イチゴのサラダや、七面鳥の胸肉にザクロまたはキウイを添えた1品を作ってみましょう。

とっても美味しいですよ!

6. プロバイオティクス

乳酸菌やビフィズス菌などのプロバイオティクスが心臓にいいと聞いて、びっくりなさるかもしれませんね。

でも、腸内の健康にもっと気をつけることが心臓を守るためにもとっても大切なんです。

その理由は、腸内細菌叢のバランスがくずれると免疫システムが弱くなる危険があるからです。これが身体の各部に炎症を引き起こす可能性があります。

腸内の健康が低下すると、血液中に吸収される毒素の量が増えてしまい、これが心臓に深刻で進行性の問題を引き起こすことになりかねません。

7. アリシン

アリシンはニンニクに含まれている成分で、あの独特のにおいのもとです。

アリシンには血管の炎症を緩和し、血行をよくする働きがありますから、心臓と動脈の健康に強力な効果をもたらします。

ニンニクを毎日の食生活に取り入れましょう。ニンニク1片をやさしくつぶし、5分間おいてから料理に使うことをおすすめします。

こうすることで、アリシンの効能をさらに強化することができるんです。

8. リコピン

リコピンは非常に重要なカロチノイド色素であり、さまざまな心臓の病気から私たちを守ってくれます。

トマトやニンジンに含まれているこの栄養素は、動脈の柔軟性を高めてくれるほか、内皮性組織の機能を向上させますから、アテローム性動脈硬化症を防いでくれます。

9. ビタミンE

ビタミンEは、アボガド・ほうれん草・アーモンドなどに含まれています。

これらの食品には抗酸化作用と保護特性がありますから、悪玉コレステロール(LDL)を軽減し、善玉コレステロール(HDL)を増加させるのに役立ちます。

ただし、他の栄養素とのバランスを考えて適量のビタミンEを摂取することが大切です。

マグネシウムやビタミンCが不足していると、心臓と血管の健康を守るビタミンEの働きが低下してしまうからです。サプリによるビタミンEの摂りすぎには注意しましょう。

あなたへおすすめ