腱炎を予防したい方にお勧めエクササイズ5選

· 1月 10, 2018
腱炎の症状がなかったとしても、体の様々な部分を強化するエクササイズを普段から行うことをお勧めします。そうすることで腱炎を予防することができるのです。

筋肉と腱の怪我は一般的なトラブルの一つです。問題は、これらの痛みがアスリートや普段から運動をしている人だけでなく、スポーツを頻繁に行わない人にも現れることです。だからこそ、すべての人が腱炎とその予防について知っておくべきです。

現在、腱炎のせいで医師や理学療法士を訪れる人の数は増えています。

腱炎とは、腱の炎症です。腱とは、筋肉と骨を繋ぐ組織のことです。

通常、腱炎は肉体的な負担、長時間または繰り返し腱を酷使することによって起こります。柔軟性が失われたことや、加齢による使いすぎによっても腱炎になることがあります。さらに、腱は姿勢が悪い場合や筋肉を酷使することによっても変性してしまうことがあります。

例えば、働きすぎによっても腱炎になることがあります。腱の機能的限界を超えてしまうのです。それによって炎症が起こります。さらに、すぐに適切な処置をしなかった場合、より複雑な状態へと導いてしまうのです。

最もよくある症状は以下のようなものです。

足

関節の機能を正常に保つには、普段の生活を健康的に過ごすことをお勧めします。例えば、

腱炎は普通、段階を踏んで治療をすることが推奨されています。この段階は人それぞれで、腱炎の深刻さによって異なります。

腱炎の症状が軽い場合、平均的な場合、重い場合によって以下のように治療が異なります。

  • まず最初は、休んでリラックスすることです。これには身体的な活動を制限することも含まれます。
  • 平均的な場合は、患部を固定し、専門医の診察を受けると良いでしょう。診断の結果によってどうすればいいのか指示を仰ぎましょう。
  • 最後に症状が重い場合ですが、主治医による処方や推奨の効果が見えない場合は手術をすることもあり得ます。

体全体の筋肉を柔軟に、そして強くしておくことが大切なのです。

腱炎を予防するしたい方にお勧めエクササイズ

エクササイズ1

手首のエクササイズ

足の筋肉の腱炎を予防するには、以下のようなエクササイズを行いましょう。

  • 最初に足を揃えて立ちます。次に、母指球で立ちます。
  • この体勢を5秒間キープします。次に少しずつ体をゆっくりと下に下げ、最初の位置に戻ります。
  • このエクササイズを10回行いましょう。

エクササイズ2

このエクササイズをすると、足首の軟骨を鍛えることができるでしょう。

  • 脚を軽く曲げた状態で立ちます。
  • 次に片足を20cmほど後ろに下げます。
  • 前に体重をかけ、足首の軟骨と筋肉に効いていることを感じましょう。
  • この姿勢を20秒キープし、最初の体勢に戻りましょう。
  • これを3回繰り返します。

エクササイズ3

肩のエクササイズ

  • 最初に両手を壁につきます。肩の高さにつきましょう。
  • 肘を曲げ、前方へ体をもたれかけられるよう壁との間は十分に間を空けましょう。トカゲのような格好をします。
  • 20秒間この姿勢をキープしましょう。次に腕をストレッチさせます。
  • これを5回繰り返しましょう。

エクササイズ4

  • 両手は体の横に置いて立ちます。後ろで両手を組み合わせ片側から反対側に向けて揺り動かします。10秒間行いましょう。
  • 15秒休んでまた繰り返しましょう。
  • これを15回行いましょう。

エクササイズ5

手のストレッチ

  • 片腕を前に向けてストレッチします。手のひらは上を向けておきましょう。もう片方の手を使い、指を肘の方に向けて引っ張ります。
  • 手首の内側がしっかり伸びるまでストレッチします。指は10秒間キープしましょう。
  • 手を離して終了です。これを5回繰り返しましょう。

腱炎を予防したい方は、これらのストレッチを毎日行うと良いでしょう。

ストレッチをすることによって腱炎の痛みが和らぐだけでなく、筋肉や腱がより柔軟になり、活性化するでしょう。