カルリン:ヘンルーダとレモンを使った自然療法

カルリンとは私たちの心身の健康に多くの効能をもたらすデトックスドリンクで、体内エネルギーの補充にも高い効果を発揮します。

カルリンとは、サトウキビの蒸留酒、ヘンルーダ、そしてレモンを使った古代から伝わるパラグアイ発祥の薬用の自然療法で、血液をクレンズし、体内のエネルギーを補充するためのドリンクとして愛用されています。

カルリンとは?

カルリンとはアルコールを使用した薬用ドリンクです。

サトウキビの蒸留酒、ヘンルーダ、そしてレモンを材料としていますが、ハチミツやローズマリーなどを材料として加えることもあります

発祥の地であるパラグアイをはじめとし、近隣諸国であるブラジルやアルゼンチンで愛飲されています。

伝統的な飲み方として毎年8月1日に飲む習慣があり、この日になると街中の様々な場所でカルリンを手に入れることができます。

カルリンの起源

カルリンの起源

パラグアイのグアラニー文化では8月が最も健康や幸運の維持・促進が難しい月とされているため、一年のうちで2回目の始まりである8月1日にカルリンを飲むことで、体内の健康を維持しながら、精神的なエネルギーを補充することができ、冬に備えることができると考えられています。

その摂取方法は様々です:

  • 3口飲むのが良いという人もいれば、7口という人もいます。
  • 魔法のような効果が得られるため、小さじ1で十分だというのが一般的な解釈です。
  • この自然療法薬をアルコールのように大量に摂取する人がいますが、健康には逆効果になりますので絶対にやめてください。

薬用成分

ヘンルーダ

  • 精神的なエネルギーを高めることでも知られるヘンルーダは、体内の負のエネルギーを除去しながら危険から守る力があると言われています。
  • 血液の循環と消化機能を改善する体への効果もあります。
  • ヘンルーダを玄関に下げると、家の中に邪気などのエネルギーが入るのを防ぐ効果があると考える国や地域があります。
  • ヘンルーダが枯れたら、別の場所に吊るしさらなる効果を得ると考える地域もあります。
  • 流産を引き起こす危険があるため、妊娠中のヘンルーダの服用は避けてください。

レモン

レモン

多くの効能のあるレモンは、体内のデトックスに最適な最も洗浄効果の高い果物です。体内の毒素を体外に排出しながら、酸性に傾きがちな体内のpH値を正常に保ちます。

柑橘系の果物は、私たちの免疫システムを強化しながら、肝臓、腎臓、そして腸の動きを改善します。特にレモンの皮は栄養価が高いため、オーガニックのレモンを選んで皮も摂取するように心がけてください。

ローズマリー

ヘンルーダと同様、ローズマリーには体内をクレンズしながら悪い気を取り除く効果があります。また肝臓や腸の働きをサポートしながら消化機能を促進します。

免疫システムを強化するローズマリーは、天然の抗生剤として体内の炎症や感染症を撃退します。さらに、血圧を正常値内で上昇させることで、血液循環を促進する効果もあります。

アルコールを使用しない自然療法

アルコール成分を含まない自然療法

今回は昔から伝わるカルリンのレシピを参考に、アルコールを使わずにその高い薬用成分を維持する作り方をご紹介します。

材料

  • オーガニックレモン 1個(果汁と皮の両方を使います)
  • 水 4カップ(1リットル)
  • ローズマリー 大さじ1/2(3g)
  • ヘンルーダ 大さじ1(4g)
  • ハチミツ 大さじ2(60g)

作り方

浄化作用の高いレシピをご紹介します:

  • レモンを絞り果汁を取り出します。
  • レモンの皮とローズマリーを入れた水を沸騰させたら、15分間火にかけます。
  • 13分が経過したところでヘンルーダを加えます。
  • 15分が経過したら火を止め、鍋に蓋をして10分間そのままにしてください。
  • 出来上がったものを漉したらレモン果汁を加えてください。
  • 蜂蜜で甘みをつけます。
  • 美味しい薬用ドリンクの出来上がりです。

摂取方法

カルリンを飲むオススメの時間をご紹介します:

  • 空腹時にグラス2杯
  • 遅めの朝にグラス1杯
  • 午後に1杯

7日間連続してこの薬用ドリンクを飲むと、血液が浄化され精神的なエネルギーで満たされます。

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ