体が喜ぶアーティチョークダイエット

8月 30, 2017
アーティチョークを使ったダイエットで減量を目指す時、野菜を多く含む健康的でバランスのとれた食事を心がけながら飽和脂肪酸の摂取を減らすことが大切です。

アーティチョークダイエットの効果は減量だけではありません。

茹でたアーティチョークを茹で汁も含めて毎日摂取することで、体内の健康改善効果も期待できます。

今回ご紹介するのは、アーティチョークだけを極端に食べる単品ダイエットではありません。

天然素材を使ったバランスのとれた食事、そして飽和脂肪酸や精製された小麦粉を使わない食事にアーティチョークを加える食事法です。

本記事では、アーティチョークの摂取方法や、数日後に自覚できる変化などについてご紹介します。

様々な方法で、美味しく楽しくアーティチョークダイエットを続けてください。

アーティチョークダイエットの方法

朝食例

  • ホワイトティー、アボカドとトマトのトースト、パパイヤ1/2個
  • コーヒー、パパイヤボウル、ナッツ入りプレーンヨーグルト
  • グレープフルーツジュース、ホウレンソウ入りスクランブルエッグ、ナッツ

昼食例

  • 玄米とアーティチョーク、りんご1個
  • 鳥の胸肉入りアーティチョークスープ、マンゴ1個
  • ほうれん草、ルッコラ、イチゴのサラダ、酢とライムで味付けしたアーティチョーク
  • アーティチョークのグリル、エンダイブ(チコレ)サラダ、レタス、ザクロ、低脂肪チーズ、レーズン、ライム少量

夕食例

まずはアーティチョーク1個をグラス一杯の水とライムの果汁を入れて茹でます。それに加えて以下から一つ選んでください:

  • サーモンとアスパラガス、焼きリンゴ
  • 焼きなす、梨のジャム
  • ズッキーニスープ、青リンゴとナッツを入れたセロリサラダ
  • 鶏胸肉のグリルの芽キャベツ添え

 

ダイエットを始めて最初の週の最終日に感じること

免疫システムの強化

スーパーフードとして知られているアーティチョークは、豊富な植物栄養素と、ダークチョコレート、クランベリー、赤ワインと同様の抗酸化物質に加えて、クェルセチンなどをはじめとするアントシアニンが豊富に含まれているため、免疫システムを強化します。

消化機能の改善

  • アーティチョークダイエットを始めて2日が経過すると、消化機能の改善や向上を実感するでしょう。
  • アーティチョークは、消化機能の促進や、胃の不快な症状に効果的な自然療法薬です。
  • アーティチョークに含まれるシナリンという成分は、胆汁の分泌を促進することで、食品が胃腸に蓄積されるのを防ぎ、胃など鼓脹を軽減します。
  • プレバイオティクスに似た働きをする食物繊維を含むため、腸内の健康な細菌の数を増やす効果があります。
  • 悪玉コレステロール(LDL)などの脂質を軽減する効果があります。

アーティチョークに含まれる抗酸化物質は、体内の浄化作用と抗炎症作用があるため、肝臓の健康維持にも効果的です。

  • アーティチョークに含まれる主な植物栄養素は、シナリンとシリマリンです。
  • アーティチョークを茹でるとこれらの成分が水の中に流れ出すため、茹でて使用する場合は、必ず茹で汁も摂取することが大切です。

血圧の正常化

カリウムが豊富に含まれるバナナ、セロリ、そしてアーティチョークは、体内の電解質の濃度の健康的なバランスを維持します。

さらに、アーティチョークには、過剰に摂取したナトリウムによるダメージを軽減するマグネシウムが含まれているため、血圧を低下させる素晴らしい働きがあります。

健康的に減量するために

体重を減らす魔法の食べ物はありませんが、減量効果を促進する体内機能をサポートする食品は存在します。

  • アーティチョークは消化機能を促進し、体内で脂肪を分解するため、減量には欠かせません。
  • 利尿作用や肝臓を保護する働きのあるアーティチョークは、栄養豊富で満腹感が持続する食品で、血糖値を正常に保つ効果もあります。

脳の保護

アーティチョークに含まれるビタミンKは、脳血管の構成分子や認知機能の健康維持に重要な栄養素です。ビタミンKは神経損傷や老化を予防し、認知症、パーキンソン病、そしてアルツハイマー病などの進行を防ぐ効果があります。

アーティチョークの健康効果は大変大きなものですが、必ず、飽和脂肪酸や精製された小麦粉を使用しない、バランスのとれた食事と一緒に摂取してください。

 

あなたへおすすめ