簡単に家でできるニキビの対処法

· 6月 22, 2015

私たちの体は腸内に蓄積された毒素をしっかり排除しようとします。毒素が血流に入りこむと、体が皮膚を通して排出しようとし、これがニキビの原因となってしまいます。 

 

ニキビをあなどってはいけません。いろいろな原因や要因がニキビという問題を引き起こします(炎症、ホルモンバランス、精神面、循環の問題など)。場合によっては医者の治療が必要になる場合もあります。幸いなことに、ニキビによく効く自然療法がありますし、しっかり実践することで肌の状態を改善することができます。

これからニキビの原因となる食べ物を皆さんとおさらいすると同時に、効果的な方法や自然食品を一緒に見ていきましょう。

 ニキビに良い食べ物と原因になる食べ物

ニキビに影響を与える可能性になる原因や要因を作ってしまう可能性がある成分というものがあります。ですから、そういったニキビの原因を含んだものを避け、他の栄養素を日常の食生活に取り入れるようにしましょう。

 

ニキビの原因になる食べ物

・牛乳、乳加工副産物

・ソーセージ

・チーズ、脂肪類

・トランス脂肪(マーガリンなど)

・精製食品

 

ニキビに良い食べ物

・新鮮な野菜のサラダと野菜ジュース(セロリ、玉ねぎ、にんじんなど)

・ビール酵母

小麦胚芽

・アボカド(適量)

・オリーブオイル

・亜麻仁()オイル

 

水を1日にたくさん飲むことも、体内に蓄積された毒素を排出する手助けをします。

またゴボウやタンポポの煎じ湯には毎日飲むと肝臓と腎臓の機能を良くする効果があり、1日2、3杯飲むことで、肌がきれいになります。少し甘みを加えたいのであればステビアを入れることもできます。

 

 

天然サプリメント

ビール酵母と小麦胚芽はニキビにとても効果のある食べ物です。また次のような食べ物もおすすめです。

 

・海水

現在スーパーなどでは食事療法に使える様々な食材を見つけることができますが、海水には体が必要とする全てのミネラル分が含まれています。最初は毎日スプーン1杯を飲んでいき、少しずつ50mlまで増やしていきます。しかし、飲むときは必ず、スプーン2杯半くらいの普通の水を混ぜてください。エネルギーと落ち着きをもたらしてくれます。

 

・ブロメライン

パイナップルに含まれている成分で、とても高い抗炎症性があります。錠剤にして飲むことができるのでニキビの炎症を抑えることができます。

 

家でできる簡単な対処法

次の材料を使って、家で簡単に作れるニキビを治せる保湿クリームを作ることができます。

 

・ホホバオイル(油分が少ない)

 

・お茶の木のオイル(殺菌成分と抗真菌性)

 

・カモミールのエッセンシャルオイル(抗炎症性)

 

・パルマローザのエッセンシャルオイル(防腐性、殺菌性、収斂性、治癒能力、循環の促進)

 

50mlのホホバオイルに各エッセンシャルオイルを5滴ずつ加えてしっかり混ぜてください。起床後と就寝前に毎日塗ってください。もし油分が多いなと感じたらアロエのジェルを加えることもできます。

 

ニキビ用の簡単ローションを作るには、コップ半分の水とアルコールの中にローズマリーを2束ほど入れ、それをガラスの瓶にいれて混ぜます。そしてふたをして1週間ほど寝かせます。最後にろ過をしたら夜に塗れるローションの完成です。このローションはオリーブオイルと混ぜても使えて、肌をきれいにしてすっきりさせる効果があります。

 

女性のホルモンによるニキビ

ニキビに悩んでいる女性の方、ホルモン要因の影響によるものと思っている方には、3か月間のセイヨウニンジンボクの治療法を実践することをおすすめします。この植物にはホルモンサイクルを正常にする効果があります。カプセルタイプや錠剤で買うことができます。

また更年期障害に効果がありますし、さらにはなどにも効く効果もあり、性欲増進などエネルギーが湧き出てきます。

腸のケア

肌の状態は腸の状態と関係があります。腸に蓄積された毒素成分は直接血流を通って、そこから皮膚を通して排出されます。腸をきれいにしバランスの良い栄養を摂るために、昔ながらの方法であるぬるま湯を使った浣腸できれいにお掃除することもできます。

 

他に、腹部に粘土状の膏薬を塗る方法もあります。作り方は赤粘土を準備し、そこに水を少しずつ加えていき完全な液体にならないような状態に練っていきます。それを腹部に塗り、タオルや布で完全に腹部と腰が隠れるように覆います。