乾癬の治療法

10月 22, 2017
様々なセラピーを組み合わせて乾癬を治療し、その症状を軽くしましょう。

病院でどのように乾癬の治療が行われるかは、それぞれの患者の医学的状況によります。乾癬は1タイプではありませんので、この病気をコントロールする治療法はたくさんあるのです。乾癬の症状は:

  • 炎症
  • 赤み
  • 皮膚のめくれ
  • かゆみ

乾癬の治療法とは:

  • 局所療法
  • 光線療法、光化学療法
  • 合成経口薬
  • 生物学的療法

今日は、乾癬の治療法について詳しく見ていきましょう。

局所療法

まず最初に局所療法についてですが、乾癬のほとんどのケースで使われているのがこれです。クリームやローションを塗ることで外側から働きかける方法です。クリームは乾癬が現れている箇所に直接塗布します。

最もよく使われているこう薬治療を下に幾つか挙げましょう。

  • 合成ビタミンD
  • 伝統的なコルチコステロイド
  • 角質溶解
  • 外用レチノイド
  • タール

合成ビタミンD:カルシトリオール、カルシポトリオール、タカルシトール

全体的に見て、最も効果的なものはカルシポトリオールです。これらに対する臨床反応は、強力なステロイドと比べるとゆっくりです。しかし、より安全ですので、長期的な治療方法としてはとても有益でしょう。

外用副腎皮質ホルモン剤と一緒に使うことが推奨されています。この組み合わせで使うと、単独で使うよりもより効果的です。

安全性が高い合成ビタミンDですが、むしろ逆の効果もあります。炎症を引き起こす可能性があるのです。したがって、塗布した後はその部分が直射日光を浴びないように気をつけましょう。

伝統的なコルチコステロイド

次に、プラークをきれいにし、炎症を抑えることで主に働きかける薬を紹介しましょう。これはデリケートなエリア(顔や関節の下など)で低強度に使われます。

乾癬の手にクリームを塗る

最初は一番強いものを使うよう推奨されています。その後、続けて低強度のものを使うのです。合成ビタミンDなどと組み合わせることもできます。

ですが、コルチコステロイドには気をつけましょう。局部的または組織的に逆効果となる場合があるのです。

  • 皮膚の厚みの低減
  • メラニン抑制により皮膚が明るくなる
  • 酒さ性皮膚炎
  • あざ

さらに言うと、組織的な影響は稀ですが、とても深刻なものです。その中でも視床下部ー下垂体軸の阻害やクッシング症候群が挙げられます。

これを予防するには、1日2回までに塗布を控えることです。しかし、治療をやめたら、状態はまた逆戻りするということを心に留めておきましょう。

角質溶解薬:アセチルサリチル酸 (アスピリン)

アセチルサリチル酸はボロボロと剥がれるプラークを取り除いてくれます。また、組織の修復を促し、その吸収と関連する薬剤の効果を増してくれるのです。そのため、アセチルサリチル酸は補完治療です。

外用レチノイド

外用レチノイドはビタミンAの合成類自体です。乾癬の治療にゆういつ使えるのはタザロテンです。コルチコステロイドと組み合わせて使われます。

残念なことに、これは肌の炎症を引き起こします。(顔や関節の下に使うのは避けましょう)さらに、すべての合成ビタミンAと同じように、外用レチノイドは感光性で催奇性です。そのため、妊娠中の女性は使宇べきではありません。

タール

タールは乾癬治療として最も古い方法です。タールは石炭ピッチを元に作られます。関節の下に断続的に使用しましょう。しかし、タールの臭いや服にシミが付きやすいことから嫌っている人もいます。

さらに、タールは感光性です。したがって、塗布した後は日光を浴びないようにしましょう。

光線療法と光化学

これらの治療法は局所療法で効果が出ない患者に対し使われます。また、プラークがとても広範囲の場合にも使われます。

  • 光線療法:UVB光線(最も有効で広域スペクトルの照射が少ない)がタザロテン、合成ビタミンD、全身治療と共に使われます。
  • 光化学:PUVAとも呼ばれます。これはソラレンを外用または経口で投与した後UVAを照射する方法です。光増感剤として働くのです。これはUVBで結果を得られなかった患者への選択肢です。これは、PUVAには優れた効率と長く継続する効果があるからです。しかし、基底細胞腫(細胞の癌腫)や悪性黒色腫と関係付けられています。
光線療法に使われる機器

合成経口薬

合成経口薬はその他の療法が効かなかった場合に推奨されます。この治療法は以下の投与に基づきます。

  • 免疫抑制剤
  • レチノイド

免疫抑制剤

これらの薬剤の中で、メトトレキサートが最も使われています。これは長期的に使っている場合、特に当てはまるでしょう。

この場合、深刻な逆効果のためにも患者はモニタリングされることが必要です。また、この薬剤を使って治療をした後3ヶ月間は妊娠するのを控えるべきでしょう。これは女性にも男性にも言えます。

その他に使われている免疫抑制剤は、経口シクロスポリンです。これはメトトレキサートと同等またはより効果的であるとされています。しかし、経口シクロスポリンには腎毒性があり高血圧を引き起こします。そのため、患者のモニタリングを行うことが必要です。

この薬剤は短期的治療として推奨されています。

レチノイド

ビタミンA合成アナログ、アシトレチンは免疫抑制されている、免疫抑制剤が使えない膿疱性乾癬の患者への選択肢です。

これはUVBやPUVAと併用することが可能です。しかし、シクロスポリンより効果は低いのです。さらに、治療の後2年間は催奇形性があります。

乾癬を治療する生物学的療法

これはPUVAや合成経口薬が摂取できない人のみに使われている方法です。この薬剤の使用は、逆の効果がでないかをコントロールするため、モニタリングを必要とします。長期的な治療に対する安全性がまだわかっていないからです。

あなたへおすすめ