過活動膀胱はコントロールできるか

· 2月 1, 2016
コーヒーやお茶には利尿効果があるので摂り過ぎはオススメできません。ビタミン、食物繊維、酸化防止効果を豊富に含んだものを普段の食生活に取り入れることが重要です。

 

過活動膀胱は、日常生活、特に仕事などに支障をきたし、なかなか不自由なものです。

過活動膀胱は頻繁に排出を必要としますがトイレに行く時間があり、急にトイレに行きたくなる失禁とは関係がありません。失禁とは反対にトイレに行く時間が無くコントロールができずに尿をしてしまうものです。

過活動膀胱の原因は?

科学的にはっきりとはこの病気を引き起こす原因となっている要因は見つかっておらず、尿の遺伝子、神経の不調、もしくはある種のがんなどが原因になると考えられています。65歳以上の男性女性に発症しやすい病気として知られています。男性では前立腺に関係する問題、女性では更年期に関係して発症しやすいと言われています。

 

食餌療法

kohi

 

日常生活の食事は過活動膀胱の一番の原因ではありませんが、場合によっては症状を悪化させてしまう恐れがあります。この病気を発症してしまった場合、コーヒー、清涼飲料水、お茶の摂取は控えるようにしてください。これらには利尿効果があるため尿意をもっと活性化させてしまいます。

 

過活動膀胱にオススメのもの

生のにんじんには豊富な量の食物繊維、酸化防止効果(βカロチン)、ビタミンCが含まれています。これらの要素は消耗してしまった膀胱付近の筋肉の組織を回復してくれる効果があります。また有害な微生物の発生と成長を妨げてくれる効果もあります。

ninjin-ringo 

他の食べ物

バナナ

・ブルーベリー

・アスパラガス

・いちじく

・グリーンピース

・かぼちゃ

・ほうれん草

・クルミ

・アボカド

・卵

・鶏肉

・魚

 

忘れないでほしいこと

過活動膀胱の症状に心当たりのある方は、これらの食材を良く摂るようにしてください。そうすることで必ず症状が良くなります。それでも症状が続くようでしたら、状態が悪化する前に専門医による診察を受けてください。