かかとのひび割れを治す自家製クリーム

4月 26, 2017

かかとのひび割れは、とても頻繁に出る症状です。ゴワゴワとした不快感を感じるだけでなく、見た目も良くないものです。この記事では、かかとを優しく保護してひび割れを治してれる自家製クリームの作り方を紹介していきます。

パラフィンクリーム

パラフィンは、皮膚の乾燥を改善するのに非常に効果的なことで知られています。かかとのひび割れを治すのにも理想的な素材です2カップのパラフィンをボールに入れ、大さじ一杯のココナッツオイルかオリーブオイルを加えます。次に、それを湯煎にかけ、パラフィンが完全に溶けるまで待ちます。完成したら、優しく足の幹部に擦り込むように塗ってください。

一つ注意点として、パラフィンを熱し過ぎないように気をつけましょう。塗った際に火傷をする危険があります。目処として、パラフィンが溶けてから白色になれば湯煎から外して良いサインです。かかとにパラフィンクリームを塗って30分程たったら、ぬるま湯で洗い落としましょう。

アボカド&バナナクリーム

もう一つの家庭内療法として、アボカド&バナナクリームも効果的です。アボカド一つと小さめのバナナを潰しながらしっかりと混ぜ合わせます。かかとに塗りつけ、そのまま20〜30分程待ったら、お湯で洗い落とします。塗られたクリームの上からラップを巻きつけると、保湿効果がさらにアップします。

古い角質を除去するレモンクリーム

保湿の他にも、角質を除去してくれるレモンクリームも簡単に作ることができます。レモンには酸性の刺激が強いため、軽度のひび割れの場合のみ使用するようにしてください。一般的な保湿クリームと、1/4カップほどのレモン汁、1/2カップの砂糖を混ぜれば完成です。砂糖が角質を除去してくれるのに対し、レモンとクリームが皮膚を保護してくれます。

パパイヤクリーム

パパイヤクリームには古い角質を除去してくれる効果と、保湿作用が期待出来ます。パパイヤ半個、オリーブオイル少々をミキサーにかけて出来たクリームを、かかとに塗り20分ほど待てばOK。終わったら、ぬるま湯で洗い落としてください。

はちみつクリーム

はつみつは、ひび割れにとても効果的な自然物です。1カップのはちみつに、水を少しずつ加えてクリーム程の硬さになるぐらいに調整します。かかとに塗り、30分程そのまま保湿します。

ココアクリーム

ココアバターには皮膚を柔らかくする要素と保湿成分が含まれています。ココアバターにオリーブオイルを少量混ぜ、それをかかとに塗ったまま一晩寝るだけでOKです。

あなたへおすすめ