科学的に証明!/周りの人に好感を与える9つの方法

· 5月 15, 2017
周りの人に好かれようと思うなら、自分自身でいることが最も大切です。他の人になりすまそうと仮面をかぶっている人は、遅かれ早かれその仮面は剥がされてしまうでしょう。

私たちは、周りの人に好感を与えることで良い関係を築きながら、感情的に成長していく社会的な生き物です。

人間の脳は、ただ生きるだけではなく、様々な理由で他者との結びつきを持つようにプログラムされています。

私たちは、日々成長していく上で、恐れをはねのけ、何かを常に学んでいくポジティブな感情を求めています。

周りの人を『喜ばせたり』、よい関係を保っていくのが、必ずしも簡単なことではないのをご存知でしょう。

社会的スキルがあまり身に付いていない人は、孤独を感じ、友人関係や恋愛関係などの人付き合いから距離を置きたいと思っているかもしれません。

良い人間関係を築くのに役立つと科学的に証明されている簡単なヒントをいくつかご紹介します。

これら中から、あなたの性格にあったものを試してみてください。しかし、どんな時もあなた自身でいることを忘れないでくださいね!

 

1.自分が好かれたいがために周りの人を褒めない

お世辞を言うのを止めてください。自分を良い人に見せたいがために、周りの人を本当に思ってもいない言葉で褒めるのは止めましょう。この方法では、決して良い人間関係は生まれません。

『少ないことはより豊かだ』という言葉があるように、控えめにいた方が良いこともあります。これは、対人関係における魅力の損益理論に基づく考えです。

褒め言葉は、正しい時に時々使う場合にのみ意味を持ちます。

使いすぎてしまえば、あなたは周りからの信用を失う可能性があります。

2-friends

2.必要な時には、あなたの欠点をさらけ出す

周りの人が、どれだけ慌て者で、不器用で、忘れやすいのかを、あなたに打ち明けているとき、その人たちに特別な親近感を感じたことがありませんか?

このような行動を識別するのは簡単です。『欠点がある』人は、もっと人間らしくみえるので、私たちは、他人の少しの失敗や欠点に瞬時に共感するのです。

この事実を実証する実験はたくさん行われてきました。部屋に入ってくる時にコーヒーをこぼしたり、躓いたり、よく間違う人は、他の人よりも好かれやすいそうです。

 

3.距離を縮める、絶妙な方法でスキンシップをとる

あまり親しくない人にパーソナルスペースに侵入されると、私たちは警戒します。ですから、周りの人のパーソナルスペースを大切にしてください。そうしないと、不快感と拒絶反応を与えることになります。

  • 信頼と親近感を与える行動からは、『印象を残す』ことができます。
  • 肩にかるく触れたり、優しくほとんど気づかないように腕を触ったりすると、感情的なつながりを作り出すことができます。

 

4.相手の『自己イメージ』を尊重する

直感を大切にする必要があります。誰もが、自分自身はこうでありたいというイメージを持っています。周りの人から、自分の理想とは違う方法で扱われると、拒絶の気持ちが生まれてしまいます。

自信を持ち、勇敢で、外向的でいることで、周りから自意識過剰な人だと思われることはありません。しっかりと周りの人を観察し、彼らの『自己イメージ』を理解し、良い関係を作っていきましょう。

3-cat-and-dog

5.聞き役に徹する

周りの人が、リラックスしてコミュニケーションがとれるスペースをあなたの周りに作りましょう。彼ら自身について話している場合には、受け入れ、その話に興味を示すことが大切です。

  • 相手に好感をもたれるためには、共感し、相手に伝わる感情の表し方を知っておきましょう。人と繋がるために重要な戦略の一つは、相手があなたといるとリラックスでき、自分の人生について打ち明けたいと思えるかです。

ハーバード大学は、この行動に関する興味深い研究を発表しています。モチベーションと賞賛に関係する脳の部分が、自分に関する情報を他人と共有する時に最も活発化するというものです。

これは、感情にとてもポジティブなことです。

 

6.何かその人の『真似』をする

これは、あなたの人格を隠して、他人のように行動するという意味ではありません。それよりも、もっと簡単なことです。

  • 好かれるためには、相手との繋がりをつくり、親密さと似ている点を増やしていくのが一番良い方法です。
  • ニューヨーク大学は、この方法を『カメレオン効果』と定義しました。あなたが、ジェスチャー、言葉、または行動を真似すると、それはその相手との繋がりを強くすることを助けます。

 

7.秘密を打ち明ける

秘密を打ち明けるよりも、結束を深められる方法はあると思いますか? このようにオープンになると、関係を強化するのに不可欠な、親密な感情の基盤を作り出すことができます。

  • 多くの人が、友人や恋人間でこのやり取りを行います。
  • この『秘密を打ち明け』親密になる方法は、気をつけて行ってください。誰とその秘密を共有するのか、常に慎重になる必要があります。
  • 注意深く、あなたの心だけではなく、直感や精神にも従うようにしましょう。
4-hiking-field

8.仲良くなりたい相手の友達と友達になる

あなた自身でいること、他の誰かを演じようとしないことが大事だというのをもう一度お伝えしておきます。好感をもたれるには、その人の周りにあるものや人に興味を示し、それらを受け入れる必要があります。

  • その人の友人たちと仲良くなることは、あなたがその人と良い関係が築けるという保証になるでしょう。
  • あなたのパートナーが、あなたの友人たちと仲良くしているのを想像してみてください。大切な人が全員あなたの周りにいてくれるなんて、こんな素敵なことはないでしょう。
  • もしこれらの繋がりが調和すれば、より豊で幸せな人生を楽しむことができます。

科学者たちは、この繋がりを『三組の軸』と呼んでいます。複数の人に共通点があるとき、より親密になる確率が高まるそうです。

 

9.常にユーモアを忘れない

ポジティブな感情は強力です。笑顔と笑いは、心を明るくし、人を活動的にし、愛を生み出すこともあります。

5-woman-free

この事実を覚えておいてください:好感をもたれたいのであれば、あなたの抱えている悩みや心配事だけに焦点をあてて話すのを止めましょう。相手の上に、どんよりした雲をかぶせてはいけません。

感情が伝染していく素晴らしさを心に留めておいてください。その人を笑わせて、あなたと過ごす時間は楽しくて最高なものだと、思ってもらいましょう。

感情は絆を作る上で、とても重要なものです。あなたの自尊心を大切にしながら、良いエネルギーを生み出し、心から繋がることを学びましょう。