過敏性腸症候群の症状を和らげる/5つのいやし系ハーブ

6月 1, 2017
過敏性腸症候群(IBS)は、腹痛と便通異常を引き起こす不快な病気。今回は、その症状を緩和する方法をご紹介します!

過敏性腸症候群(IBS)は、激しい腹痛と便通異常を引き起こす慢性病です。

主に10代の若い人たちがよくかかる病気ですが、大人のあいだでも見られます。

他の消化器系疾患とちがい、この病気は腸の形態や代謝の変化を引き起こすことがありません。また感染性病原体によって引き起こされるわけでもありません。

はっきりした原因はわかっていませんが、まちがった食生活やすわりがちなライフスタイルと関連があると見なされています。

一般的にいって、過敏性腸症候群の患者さんは、消化不良が続く・満腹感がある・ガスが過剰にたまるなどの症状を体験します。

でも、食生活を含む生活習慣を改善することで、これらの症状をある程度コントロールすることが可能です。

これに加え、この病気に対処して腸の健康をうながすため、いやし効果のあるハーブを利用することもできます。

今回は、過敏性腸症候群を体験しているときに利用できる、5つのすぐれた癒し系ハーブをご紹介しましょう!

1. タイム

タイムは古代から大腸の問題を緩和する天然サプリメントとして用いられてきた薬用ハーブ。

抗炎症作用と鎮けい作用(けいれんを鎮める作用)があるため、過敏症腸症候群による痛みや腫れを抑えるのに役立ちます。

さらに浄化作用もあるため、消化器系にたまっている毒素の排出をうながします。また、タイムは細菌性感染症を防ぐのにも役立ちます。

材料

  • タイム 小さじ1杯(5g)
  • 水 カップ1杯(250cc)

作り方

  • 分量の水を沸騰させます。
  • 沸騰したら、タイムを加えましょう。
  • ふたをして弱火で2分間に煮てから、火から下ろします。
  • ちょうどいい温度までさめたら、濾し器で漉して飲みましょう。
  • これを毎日2回飲んでください。

2. バレリアン(セイヨウカノコ草)

バレリアン(セイヨウカノコ草)は、鎮静効果と抗ストレス効果があることで知られています。でも、その他にもたくさんの効能があり、過敏性腸症候群の症状を緩和する手助けをしてくれます。

また、鎮けい作用・消化促進作用・抗炎症作用もありますから、痛み・消化不良・腸内のアンバランスをコントロールするのにも役立ちます。

材料

  • バレリアンの根 小さじ1杯(5g)
  • 水 カップ1杯(250g)

作り方

  • 夜、バレリアンの根を熱湯カップ1杯に加え、ふたをします。
  • 翌日、濾し器で漉してから飲んでください。
  • これを、過敏性腸症候群の症状が消えるまで繰り返しましょう。

3. ヘラオオバコ(イギリスオオバコ)

ヘラオオバコ(イギリスオオバコ)のお茶は、便秘を解消し痛みを和らげてくれるので、過敏症腸症候群の患者さんにはぴったりの代替療法です。

抗炎症作用があるため、大腸の活動をうながし、過剰なガスの発生を抑えるのに役立ちます。

材料

  • ヘラオオバコの葉 大さじ2杯(20g)
  • 水 カップ1杯(250cc)

作り方

  • 分量の水を沸かし、ヘラオオバコの葉を加えます。
  • 10分間さましてから、濾し器で漉して飲みましょう。
  • 最低1週間、毎日2杯ずつ飲んでください。

4. ペパーミント

ペパーミントの葉は、胃腸の健康を阻害する病気に対して最もよく利用されている薬用ハーブの1つ。

鎮けい作用・駆風作用(胃腸内のガスを排出する作用)・鎮静作用がありますから、身体に吸収された後、痛みと過剰なガスをコントロールするのに役立ちます。

材料

  • 乾燥させたペパーミントの葉 大さじ1杯(10g)
  • 水 カップ1杯(250cc)

作り方

  • 小鍋に水とミントの葉を入れて火にかけ、沸騰させます。
  • 5分間煮出してください。
  • その後しばらく置いてから飲みましょう。
  • 1日に2~3杯飲んでください。

5. アニス

アニスは過敏性腸症候群に対して最もよく利用されるハーブの1つ。炎症と痛みを和らげてくれるからです。

アニスに含まれている有効成分は、腸の腫れを抑え、その活動をうながしてくれますから、便通を正常にするのに役立ちます。

材料

  • アニスシード 大さじ1杯(10g)
  • 水 カップ1杯(250cc)

作り方

  • 分量の水にアニスを加え、5分間沸騰させます。
  • 少しさめるまで待って、最初に不快感を経験したときに飲みましょう。 
  • 1日に2~3杯飲んでください。

ここに挙げたハーブのいずれかを利用することで、腸の機能を正常にし、過敏性腸症候群の症状を緩和することが可能です。

もちろん、ハーブの効果を活かすためには、健康的な食生活を守ることがなによりも大切であることをお忘れなく!

あなたへおすすめ