15日で健康的に痩せるための/「グリーン」計画

· 3月 4, 2016
定期的に緑色の食べ物を食べることは、含まれているカロリーより多くのカロリーを体が消費するのを助けるので、減量ダイエットに大変お勧めです。

安全な方法で体重を減らしたいですか? 大変な犠牲を払ったり、お腹が減って仕方がなくなることなしに、体が必要とするすべての栄養をとりながら適切な食品を選べば、2週間で体重や余分な脂肪を減らし、ウエストを引き締め、体が軽くエネルギーに満ち溢れたように感じるでしょう。

また、健康的に痩せることは、古い習慣を変え、新しい食べ物やレシピを発見し、同時にリバウンド効果を回避することができます。この記事では、緑色の食品の恩恵を享受することで、わずか2週間で体重を減らす方法をご紹介します。

なぜダイエットのために「グリーン」計画を選ぶのか?

緑黄色野菜は、体から毒素を取り除き脂肪を処理するのを助ける肝臓に、特に良いとされる食べ物です。また、葉酸、マグネシウム、クロロフィルを大量に含み、以下のような特性を備えています。

  • 肝機能と消化の向上
  • 便秘の予防
  • 心血管疾患の予防
  • 体内の毒素を浄化
  • 視力の改善
  • 妊娠中の胎児の健康を確保
  • 強い筋肉、骨、歯を維持

定期的にこれらの食べ物を食べれば、実際に含まれているよりも多くのカロリーを消費するので、すべての食事に取り入れるようにしましょう。

なぜ15日間?

15日間は、自分の体の変化に気付き始めるのにかかる時間です。最初の数日間は、毒素が体から取り除かれるため、頭痛、便秘、疲労感といった不快感を感じるかもしれません。 しかし一週間後には、体が軽くなり、よりエネルギッシュに感じるという、最初の利点に気づき始めるでしょう。

15日以降は、健康的なダイエットを行っているので、それほど体重は減りませんが、一度体重減少のプロセスを開始し、最初の2週間以降も食事に緑の食品を取り入れ続ければ、そのメリットは引き続きあります。これが毎日の食習慣を変えるということで、体が徐々にそれに慣れていくのです。

ヘルシーサラダ

緑色の朝食

一日の最初の食事は欠かせません。 実際、朝食を抜くべきではありません

毎朝、美味しいグリーンスムージーを作りましょう。その色にびっくりしないでください。味は他のフルーツスムージーのようですが、より多くの栄養素が詰まっています。

お腹が減らないようにすることが大切なので、必要に応じて材料を増やしても大丈夫です。

材料

  • 熟したアボカド½個
  • キウイフルーツ½個
  • ベビースピナッチ 一握り
  • セロリの葉 数枚
  • スピルリナ粉末 小さじ1/2
  • 熟したバナナ½本
  • ココナッツオイル 大さじ1
  • 少量の水、アーモンドミルク、または天然果汁

スムーズになるまですべての材料を十分にブレンドし、ゆっくりと味わいます。

午前中にまた、少しの果物や一握りのナッツとともに、緑茶やレッドティーを飲んでもいいでしょう。

グリーンスムージー2

グリーンランチ

この食事には、以下の成分の組み合わせを含むサラダを前菜にしましょう。

  • レタス、エンダイブ、キクヂシャ、ルッコラ、クレソンなどの葉野菜
  • 人参
  • トマト
  • パプリカ
  • キュウリ
  • ヒマワリかカボチャの種
  • アルファルファ

次に、以下のオプションのいずれかから選びます。

  • 脂肪の少ない家禽類(鶏や七面鳥)
  • キノア、玄米、雑穀

デザートは避けて、甘い物がほしい場合は、リンゴや梨、またはどちらかのフルーツで作られた自家製コンポートを食べましょう

グリーンディナー

夕食には、前菜として必ずグリーンスープを作りましょう。次の野菜のいずれかをベースにしてください:

  • ほうれん草
  • チャード(フダンソウ)
  • ズッキーニ
  • ピーマン
  • リーキ
  • パセリ
  • セロリ
  • アーティチョーク
  • グリーンピース

これらに加えて、スープにクリーミーさとなめらかさを与えるオートミールを一握りと、何色でもいいので他の野菜を加えましょう。

次に、好ましくは卵や魚といった、軽いタンパク質を含む食べ物を選びます。

ヒント

どんなダイエットでも、一般的なガイドラインを忘れないでください:

  • 食事の時間以外にも、一日を通して水2リットルを飲みましょう。
  • よく噛んで食べましょう。
  • 夕食は遅すぎる時間を避け、量をあまり食べないようにしてください。
  • 少なくとも週に三回運動しましょう。