静脈瘤を和らげる3つの自然療法

4月 8, 2018
静脈瘤を治療せずに放置しておくと、あざのようになったり痙攣などの様々な問題を引き起こしてしまいます。

自分では見ることが難しい脚の後ろなど、普段見る機会が少ない体の部分に静脈瘤が現れても、なかなか気づくことが出来ません。あなたはしっかり確認出来ていますか?

忙しい日々に追われ、私達の多くが自分の体にしっかり注意を払っていないことがあります。もし静脈瘤の存在に気付いたら、これから紹介する自然療法を用いてしっかり対処しましょう。

静脈瘤とは?

静脈瘤とは?

静脈瘤の自然療法について話す前に、まずはその症状について知ることが大切です。この静脈瘤というものは、通常赤色、または青色の血管が拡張することを意味し、ある特定の部分に大小関係なく現れます。

脈瘤はその見た目から「クモの巣の血管」という名でも知られており、主に脚の側面などに出現します。また、顔に静脈瘤ができてしまうこともあるので覚えておきましょう。

基本的にこの症状はあなたの健康に被害を与える大きな病気ではありませんが、静脈瘤が大きくなると痒みや炎症を感じることもあります。

 

こちらの記事もおすすめです:

静脈瘤や血行不良 手作りスムージー5選

 

静脈瘤の原因

静脈瘤は遺伝的な要因が大きいですが、その出現を軽減する為にいくつかの措置を取ることが出来ます。

以下の事をコントロールするようにしましょう。

この原因を見ると、すでにこの症状を和らげる自然療法も見えてきたかと思います。しかし、確実に症状を和らげるため、3つの対処法をこれから紹介したいと思います。

1.血液の循環を改善する為に軽いエクササイズを行う

軽いエクササイズを行う

あなたの脚の血の巡りを良くして静脈瘤や心当たりの無いあざを軽減するには、軽いエクササイズが効果的です。そして、あまり激しくない運動というのがポイントです。

どのようなエクササイズをすればいいのか分からない人は次のような運動を参考にしてください。

  • 午前中と午後に一回ずつ散歩する。
  • 毎日自転車に25分ほど乗る。(バイクマシーンでも可)
  • 家事を率先して行い歩くように心がける。
  • 朝と夜に階段の上り下りをする。

このエクササイズは静脈瘤を軽減するだけでなく、あなたの健康にとっても良い行動ですので覚えておきましょう。

 

こちらの記事も読んでみませんか?:

静脈瘤に効果的なエクササイズ

 

2.着圧タイツを履く

着圧タイツを履く

もし静脈瘤がすでに現れているなら、これはとても効果的な治療法です。

着圧タイツはあなたの脚が本来の形になるように整えたり、足自体をサポートしてくれる働きを持っているので循環を改善するには最適です。着圧タイツには高圧や低圧などの種類があるので、実践する際には以下のような事に注意してください。

  • 低圧力タイプ:低圧の着圧タイツは静脈瘤が軽度で小さいものなら理想的です。これは市販のタイツとほとんど一緒なので、心地よさに合わせて1日に数時間、または1日中履いてみてください。
  • 中圧力タイプ:このタイツは静脈瘤が大きすぎない場合に使用してください。最低でも6時間履くようにしましょう。特に長い間立っていることがあったり、体を動かしていない場合に履くと良いでしょう。
  • 高圧力タイプ静脈瘤がとても目立つようなら高圧力のタイツを履いてください。そして、出来るだけ長い時間履くようにしましょう。

高圧力のタイプなど、着圧タイツを初めて着用すると少し不快感を覚えるかもしれません。もし、それが嫌なら1日数時間から始めるようにして、徐々に着用時間を延ばしてみてください。違和感が無くなるまで毎週少しずつ調整してみましょう。

着圧タイツを購入する為に診断書などは必要ありません。そして、他のタイツと同じように洗うことが出来ますが、良い洗剤を使って手洗いするのも良いでしょう。また、比較的にやや高いですが、長持ちするように作られているので買う価値はあると思います。

もしこのタイツを使わず同じような効果が欲しいならラップで脚を巻いてみてください。この対処法だと不快感が強くあまり実用的では無いかもしれませんが、安く抑えることが出来ます。

3.足を高い位置に置く

足を高い位置に置く

脚の血液循環を改善するもう一つの方法は、数分間足を高い位置に上げることです。以下の3つの方法を参考にして実践してみましょう。

  • ベッドの上に横になり、足を上げて壁に立てかけましょう。壁の代わりに2つ、3つ枕を置いてその上に足を置くのもいいです。
  • アームチェアに座り、肘かけに足を立ててください。
  • 床に座って足を椅子の上に置いてください。

最大20分間その状態を保った後は怪我をしないようにゆっくり足を下してください。長時間この姿勢を保つと血液が足に流れ込む時に痛みを感じるので、寝る時にこの体勢をとらないようにしましょう。

このエクササイズを少なくとも1日1回試してみてください。また、静脈瘤が大きい場合は1日3回行うのが理想的です。

今回紹介した静脈瘤の自然療法はいかがだったでしょうか?この方法をあなたの習慣に取り入れて、静脈瘤やこれに関係した症状を解消して綺麗な脚を手に入れましょう。

あなたへおすすめ