静脈瘤に効果的なエクササイズ

4月 11, 2017

静脈瘤は、多くの方が悩んでいる循環障害で、女性のほうにより多く発症します。

静脈瘤は血液の循環機能が正常に働かなくなり、静脈が拡張するのが一般的な症状で、適切な治療を行わないとその症状が悪化します。

本記事では静脈瘤の症状を緩和する運動をご紹介します。

今回ご紹介する運動は、静脈瘤の予防や、すでに発症している静脈瘤の症状を緩和するのに効果的ですが、必ず医師の診察を受け、医師の指導と許可の元で行ってください。ご自宅でも簡単にはじめられるおすすめの運動です。

ウォーキング

静脈瘤の主な原因の一つが、座りっぱなしの生活です。足を動かさない座りっぱなしの時間が多くなると、血液の循環に障害を起こし、徐々に静脈瘤が形成されます。

最もシンプルで効果的な予防方法は、足を動かすことです。

  • ウォーキングは静脈瘤にとても効果的です。毎日最低でも30分間歩くことで、血液を正常に循環させ、静脈瘤の形成を阻止します。
  • ウォーキングは静脈瘤の予防だけではなく、体重を正常値に保ったり、減量効果のある非常に効果的な運動です。
  • 公園内を歩いたり、ショッピングモール内で歩くのもよいでしょう。

ストレッチ

ストレッチは、非常に効果的なエクササイズです。

  • 椅子に座り、かかとをしっかりと床につけた姿勢で行います。
  • つま先をあげたあと床におろします。
  • 次はかかとをあげます。
  • これは私たちが歩くときと同じ動きですが、座ったまま行うために体重移動がありません。
  • それぞれ20回ずつ行います。

自転車運動

実際に自転車に乗るのか、自転車運動の足の動きを真似るのも良いでしょう。自転車運動の動きを行う場合は、床の上に仰向けになり、足を45度にあげたら、自転車の動きを行います。

足回し

  • 血液循環を促進し、静脈瘤の形成を予防するには足で円を描く動きがおすすめです。
  • 仰向けになり、足を45度の高さにあげたら足を時計回りに動かしながら円を描きます。
  • 20−25回行ったら反対側も行います。
あなたへおすすめ