静脈瘤を治療するおばあちゃんの知恵袋

9月 3, 2016
この記事では、静脈瘤の不快感を和らげるための、古くからある自然療法をご紹介します。効果が現れるまでにそれほど長い時間はかかりませんので、ぜひ試してみてください。

現代では、静脈瘤のつらい症状を和らげるための、たくさんの治療法や美容法があります。有効成分として、炎症を抑え、患部を鎮静化させる作用のある、天然の材料が使われている場合もあります。

そういった治療法は、必ずしも最良の効果をもたらすわけではないにも関わらず、高額な費用がかかる場合も多いものです。

しかし、静脈瘤を治療するためには自然療法があり、多くの女性たちによって、古くから美容法として家庭で実践されてきたことをご存知でしょうか?

この記事ではそういった方法をご紹介します。効果的なだけでなく、お金があまりかからないという利点もあります。血行を促進し、静脈瘤をできるだけ早く改善するために、ぜひ試してみてください。

静脈瘤の治療法―おばあちゃんの知恵袋

この民間療法は、にんじんの効能と、アロエベラやりんご酢の薬効を組み合わせたピューレ状のクリームです。炎症を抑え、血行を促進する効果があります。

クリーミーなテクスチャーによって、マッサージの効果を高め、静脈瘤と関連した重苦しさや痛みも和らげます。

2-varicose-veins-1

にんじんには、血行を促進し、細胞に酸素を届けるのに役立つ抗酸化成分が豊富に含まれています。にんじんのベータカロチンには鎮静作用もありますし、ビタミンや食物繊維は肌の弾力性を改善します。

またアロエベラには、必須アミノ酸、水分、ビタミンを豊富に含むことによる、天然の抗炎症作用や血管拡張作用があります

アロエの豊富なビタミンCとビタミンEは、血行を促進し、血栓を予防し、細胞の老化スピードを遅らせるのに効果的です。

これらの効能は、静脈瘤による腫れを和らげ、血行を改善する効果のある、りんご酢を組み合わせることで強化されます

また、りんご酢は鎮痛作用とリラックス効果でも知られており、筋肉の緊張や痛みを伴う静脈瘤の症状を和らげます。

治療法の実践

この自然療法は、静脈瘤だけでなく、クモ状静脈の症状の改善にも効果があります

継続して行うことで、あなたの脚の美しさをそこなう症状を少しずつ薄くし、小さくしていくことができます。

材料

  • にんじん 大2本
  • アロエベラの茎 2本
  • りんご酢 5テーブルスプーン(50ミリリットル)

作り方

  • にんじんの効能を最大限に活用するために、品質の良いものを選んでください。
  • にんじんの皮をむいてスライスし、ピューレを作る用意をします。
  • そのままミキサーに入れてもよいですが、その前に少し煮て柔らかくしても構いません。
  • アロエベラにナイフを入れて開き、内側の透明でとろっとしたジェルを取り出してください。
  • にんじん、アロエのジェル、りんご酢の、全ての材料をミキサーに入れましょう
  • なめらかなピューレ状になるまで混ぜてください。

用法

  • 症状が出ている部分にクリームを塗る前に、肌の角質ケアをして、古い肌細胞を取り除いてください。成分を吸収しやすくなります。
  • 静脈瘤を、クリームを使って、優しく、上に向けるような動きでマッサージしてください
  • 30分か40分間そのままにしてから、冷たい水で洗い流しましょう。
  • これを効果が現れるまで毎日行ってください。
  • 毎日実践するのが難しい場合は、少なくとも週に3回は行いましょう。
  • より良い効果を得るためには、一日2回、りんご酢を直接つけてもよいでしょう。

静脈瘤に悩まされているのでしたら、ぜひこの自然療法を試してみてください。また、できるだけ早く効果を出すために、毎日たくさん水を飲み、ビタミンEや必須脂肪酸、ミネラルなどが豊富に含まれている食品を積極的に摂りましょう。

静脈瘤を治療せずに放っておくと悪化してしまいます。悪化したり、痛みが続くようなら、医師の診察と、病院での適切な治療を受けてください

あなたへおすすめ