女性が見落としてはいけない体の症状

体の異変に気づいても、働きすぎ、またはただ単に疲れているだけだとそのまま見過ごしたりしていませんか? 体が何を訴えているのかしっかり耳を傾けることはとても大切なことです。

日常的にちょっとした体の痛みや疲れなどはあるかもしれません。しかし、女性にとって、絶対に見逃してはならない症状もあります。

胸の痛み、高熱、過度の出血などは、何かがおかしいというはっきりとしたサインです。重大な病気の兆候かも知れないので、見落とさないようにしましょう。

症状に気づいても、病院に行かなければと感じるまで時間がかかってしまう方が非常に多いようです。

ここでは、女性が見落としてはいけない体の症状をいくつかご紹介していきます。あなたが思っている以上に深刻な病気かも知れません。

 

胸が腫れたり変色する

胸が張るというのは、生理前や妊娠中には起こりうることですが、長期にわたって張る、腫れるというのは普通ではありません。今すぐに婦人科を受診してください。

紫や赤くなったりなど胸が変色したり、腫れたりしている場合は、乳がんで炎症を起こしている可能性があります。

 

腹部の膨張

お腹が張ったりするのは生理中には良くあることです。また特定の食べ物に反応して数日間お腹が張るという事もあります。

しかし、1週間ほど続くお腹の腫れや膨らみは、卵巣がんのサインかも知れません

以下が卵巣がんに見られる症状です:

・食べ始めてすぐにお腹いっぱいになる感じがする

・食欲がない

・頻尿

・常に体がだるい

これらの症状はあまり深刻だと感じにくいので見落としがちです。卵巣がんが見つかった時にはすでに末期だったという方が多いのはそのためです。

もしこういった腹部のトラブルを長く抱えているようでしたら、今すぐに病院に行きましょう

 

色の黒い、または血液を含んだ便が出る

便の色はその日食べたものによって毎日変わります。例えば、鉄分のサプリメントや下痢止めの薬を飲むと、便は黒っぽくなります。

これ以外の状況で、便が黒くなったり血便が出たりなどという事はめったになく、何かがおかしいというサインです。

鉄分のサプリメントや下痢止めを飲んでいないのに黒い便が出る場合は、消化管のどこかで出血している可能性があります。

茶色の便に少し血液が混ざっている場合は、消化管で少量の出血をしている恐れがあります。その他の理由となる症状がこちらです。

・痔

・潰瘍

・憩室炎

・炎症性腸疾患

・癌

・その他胃腸の不具合

 

度々息切れがする

階段を駆け上がったりなどすれば、誰でも息切れします。しかし、簡単な運動の後に息切れをするようだったら、深刻な肺や心臓疾患の初期症状かも知れません。

呼吸に問題がある場合は、必ず病院に行って受診しましょう。呼吸困難はディスプニアとも呼ばれます。

このディスプニアは冠動脈虚血によって起きている可能性があります。これは心臓内の血流が不足している状態で、部分的、または全体的に動脈が詰まってしまっている事によって起きます。

これは心臓発作を起こす原因となります。

もしディスプニアと同時に以下の症状が起きている場合はすぐに病院に走ってください。

・胸の痛み

・吐き気

・錯乱

 

常に体がだるい

寝不足などが原因のもの以外で、常に疲れを感じる、体がだるいと感じる時は以下のことが考えられます。

・鬱

・肝機能障害

・貧血

・がん

・慢性疲労症候群

・腎機能障害

・循環器疾患または甲状腺疾患

・睡眠時無呼吸症候群

・糖尿病

ビタミン欠乏症

また、甲状腺の機能が低下して起こる甲状腺機能亢進症のサインも見落としてはいけません

こちらの症状です。

・便秘

・寒さに敏感になる

・筋力の低下

・色のない、乾燥した肌

早めに検査を受けて、原因と治療法を見つけましょう。

 

体重が落ちる

特にダイエットもしていないのに、理由もなく体重が急に落ちたときは、注意が必要です。がんも含めた様々な疾患の初期症状の可能性があります。

すぐに医者に診てもらいましょう。

可能性のある疾患は以下の通りです。

・癌

・HIV/エイズ

・セリアック病

糖尿病

・心疾患

・甲状腺疾患

定期的に健康診断を受けて、健康な体を維持できるよう医者と相談しましょう。

もしここでお伝えした症状に思い当たる点があれば、すぐに専門家に診てもらう必要があります。早めに適切な治療を受けてあなたの体を病気から守りましょう。