女性だけが知っている5つのこと

8月 6, 2017
私たち女性は、様々な困難に直面することが多いですが、成功するために何が必要かそして自分たちの価値はどれほどなのかを理解しています。

女性は、レリジエンスと呼ばれる落ち込みから立ち直る心の弾力性、勇敢さ、そして直観力を備えているため、これらを最大限に活用し自分の目標を達成します。

建設的でありながら、特別で親密な関係を他者と築き上げる力も女性には備わっているため、女性の賢さは新世代の若者のインスピレーションとなる大切なものです。

もちろんこれらの才能は女性だけに制限されている力ではありませんが、女性の方がこれらの力をうまく活用すると言われています。

歴史を見ると多くの文化で家父長制度などにより、女性が多くの状況で耐え忍び強く生きてきた背景があります。社会的、そして文化的にも、毎日の生活の中で男性の方が強い力を持っていたため、女性は、男性が気づかない困難や人々が口にしない多くの問題に直面し、自分の力で解決してきました。

そのため、女性は自分の役割を果たし、男性と同等の力を勝ち取るためにも内外の葛藤を乗り越えてきたと言えます。

今回は女性の強さ、つまり「女性だけが知っている5つのこと」をご紹介します。

1.女性は自分を信じる方法を知っている

過去の歴史を見ると、女性の役割は長い間家事や子育てに限定されていました。しかし社会の発展とともに、これまで男性が行ってきた仕事や役割を行う女性が増え、自分の仕事や責任感をしっかりと果たす姿を社会に示し続けています。

男女ともに職場では同じように大切な役割を果たすことが多くどちらも同等に扱われていますが、女性は男性と同じ仕事をする場合には、あえて「自分は即戦力になる」ことをアピールしなくてはいけないケースも多いと言われています。

少し前まで、女性の能力は低く見られていましたが、現代では、男性と同等の責任感と仕事を与えられる女性が増えてきました。これは女性が自分自身を信じて邁進してきた結果です。

2. 自分を完成させるために他人は必要ない

再び過去に戻りましょう。しかし今回は、歴史の中の話ではなく、数世代前の話です。

かつては結婚し家庭に入ることが女性の幸せと言われていました。信頼できる相手と結婚することで女性の幸せが完成すると考えられていたのは、それほど昔のことではありません。また、配偶者や子供のいない独身女性は孤独で不幸せだ、という社会の目があったのも確かです。

しかし現代社会に生きる若い女性の中には、結婚相手やパートナーがいなくても、それを問題とは感じず、幸せな毎日を生きる人が増えています。女性は「男性がいるから幸せになる」存在ではなくなり、個人で自分の幸せを見つける一人の人間としてみなされるべきです。

もちろん誰かを愛すること、そして愛情を注ぐことは大切で、私たちに幸せをもたらすことは否定できません。しかしそれを義務だと感じる必要はありません。

3.  女性は次世代の見本になるべき

女性が強い力を持ち、他の女性や若い世代に勇気を与える存在になっています。男女平等を獲得したと言われる現代社会で、女性が男性を超える存在になる必要はありません。どちらかがどちらかを支配したり征服するのではなく、お互いを尊重し、平等な権利を持って社会の中で共存していくことが理想的です。

女性だからといって男性よりも下に見られる文化は今でも存在しますが、そこで大切な鍵を握るのが教育です。男女平等に教育の機会を得ることで、各文化や社会がより良くなるのはまぎれも無い事実です。

4.自分を大切にするのは自分勝手な考えではないことを知っている

自分を大切にすることは自分勝手ではないという考え方を学ぶのは簡単なことではありません。しかし多くの女性が家族や周りの人を優先し、自分を後回しにしがちです。他人の世話を全て女性がする必要はありません。そして自分のことを後回しにしてまで他人の世話をする必要はありません。

「ウェンディー症候群」と呼ばれる、自分を後回しにして他人の世話をする女性特有の考え方は、自分の幸せは他人の世話をすることで得られるという間違った考えにも結びつく危険な考え方です。現代社会ではこの考え方が少しずつ代わり、自分を一番に考えて大切にする人が増えています

5.  他人の意見に左右されない

「ボーイフレンドを作りなさい!」
「太ったんじゃない?」
「常に可愛くいるためにもっと身だしなみを整えなさい!」
「母親になったんだから家にいなくちゃダメよ」

これらのアドバイスは、古い考えに支配された間違ったアドバイスです。

これらのアドバイスに耳を貸す必要はありませんし、他人の意見があなたを定義するわけでもありません。本当の幸せは自分の意見や決断を行うことで手に入ります。自分の意見をしっかりと持ち、自分を大切にしてください。

あなたへおすすめ