自宅でおすすめワークアウト

2月 12, 2017
引き締まった体型を維持したいなら、毎日ワークアウトをする必要があります。また同時に、食生活に気をつける等、健康的な習慣をおくらなくてはいけません。

だらだらした生活習慣は私たちの健康の大敵です。残念なことに、この罠にはまってしまう人は年々増え続けているようです。

私たちは1日のうちの多くの時間を椅子に座って過ごします。仕事でなくとも、家で座って書類に目を通したりするでしょう。そのため、アクティブな生活習慣を送ることは難しいと考える人が多いのです。

しかし、このような生活を送っていると少しずつ新陳代謝に問題が起こります。最終的には生活の質にも影響を及ぼすのです。

だからといって、ジムに行かなくては体型の維持ができないというわけではありません。自宅でできるワークアウトはたくさんあるのです。

ワークアウトといっても大げさに考えないでください。ほんの数分あればできるのです。毎日のルーティーンに取り入れれば、筋肉が強くなり、ダイエットにもつながりますよ。

大切なのは、毎日行うことです。言い訳はもう止めましょう。目標に向かって進むのです。

準備はいいですか?

外出せずに体型を維持する

まず、体を使ったトレーニングを毎日のルーティーンにしましょう。忙しい時間の合間にでもササッとできるワークアウトに基づくルーティーンです。

本当に効果があるのか疑わしく思う人がいるかもしれませんが、成功している人は数え切れないほどいます。毎日ワークアウトすることで、素晴らしい結果を手に入れているのです。

ジムで1時間費やすワークアウトと同じような結果がでるエクササイズをご紹介します。わずか10〜15分でできるのです。

このワークアウトを行うにあたって、言い訳は絶対にしないことを自分に約束しましょう。どこにいてもできる、短時間のワークアウトなのです。自宅はもちろん、オフィスでもできますよ。

ジャンピングジャック

jumping-jacks-500x485

  • まっすぐに立ち、ジャンプして脚を広げます。同時に腕は頭の上に高く持ち上げましょう。再びジャンプして、脚とを元の位置にもどします。腕と脚は同じリズムで動かしましょう。
  • これを30秒間でできるだけ速く行いましょう。

スクワット

  • 足は肩幅に開いて立ちます。ゆっくりとを曲げましょう。
  • 椅子に座るようにお尻を下の方へ落としていきます。背中は曲がらないようにまっすぐキープしましょう。
  • お尻は膝の位置よりも下ろしてはいけません。
  • ゆっくりと元の姿勢に戻しましょう。
  • これを30秒間でできる限り行いましょう。

クロスクランチ

cross-abdominals-500x334

  • ヨガマットの上で、仰向けになります。膝は曲げた状態にしましょう。足は床にまっすぐ着けましょう。手は首の後ろに置きます。
  • クランチをします。ただし、右肘を左膝に近づけるようにします。その後、左肘と右膝を近づける動きを行います。
  • 30秒間でできる限り行いましょう。

ブリッジ

  • 腕は体の両サイドに置いた状態で仰向けになります。足は床にまっすぐ着けましょう。その後、ヒップをできる限り高く持ち上げます。
  • この姿勢を20秒間維持します。続けて3セット行いましょう。

トライセプス

exercise-500x364

  • 肩の位置を椅子など平らな面の横に置きます。手を椅子の上に置いて腕で体重を支えます。足は少し外にキックしましょう。
  • ゆっくりと体を沈めていきます。腕は体に対して45度以上にならないようにしましょう。その後、できる限り高く体を持ち上げます。
  • この動きを、15回を1セットとして3セット行いましょう。

プランク

  • 床にうつ伏せになり、上腕部と脚の指で体を支えましょう。下腹部と背中をまっすぐに保ちます。
  • この姿勢を30秒保ちましょう。お尻の筋肉やお腹の筋肉はぎゅっと引き締めましょう。

スプリッツ

  • ストライドまたはランジのような体勢をとります。
  • ジャンプして前の脚を後方へ、後ろの脚を前方へ動かします。
  • これを20〜30秒繰り返します。

ラテラル・オブリーク

  • 床に対し横向きになり、片方の側面から始めます。体重を片方の前腕部と足に全体重をかけます。
  • その体勢で体をゆっくりと上下させましょう。

体型を維持するための他のおすすめ方法

eat-healthy-500x329

体を動かしてワークアウトをすることは、引き締まった体型を維持するのに欠かせないことの一つです。しかし、ワークアウトをすればそれでいいというわけではありません。その他の習慣も見直してみましょう。

ワークアウトをした後、まず第一に見直したいことは、食生活です。バランスの取れた食事をしなくてはいけません。口にするものに含まれる栄養とそのカロリーに注意しましょう。

お酒を飲む人は、飲酒量に気をつけましょう。お酒はカロリーが高く、体に有害な物質が含まれていることが多いからです。

そして最後に、ストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。リラックスする方法を学んで、ぐっすりと眠れるようにしましょう。上記は全て、心身共に健康であるためには必要不可欠な習慣なのです。

あなたへおすすめ