腎臓の健康維持に効果的!/体内のナトリウム値を正常化する7つの食品

8月 7, 2017
本記事の目的はナトリウムの摂取を避けることではありません。ナトリウムの摂取量を正常に保つためには、新鮮な自然の食材を選ぶように心がけることが大切です。

私たちが毎日食べる市販品や加工品、そしてジュースや炭酸飲料の中にはかなりの量のナトリウムが含まれていますが、ナトリウムを過剰に摂取すると、高血圧だけではなく、骨や消化器系の病気、心臓疾患、そして肌トラブルなどの原因となります。

ナトリウムの摂取量を控え、適量を摂取するように心がけることは大切ですが、これは塩分を全くとらないという意味ではありません。適量を守って毎日の食事にナトリウムを取り入れていくことが重要なカギとなります。

ナトリウムは細胞の代謝にとって非常に大切です。ナトリウムが筋肉の収縮と弛緩を調節し、体内をバランスを保ちますが、尿や汗から体外に排出されます。そのため、ナトリウムを過剰に摂取すると体内に蓄積されて健康に悪影響を与えますが、完全に摂取をやめると体内機能に問題が生じます。

本記事ではナトリウムの摂取量を正常化するのにおすすめの食品をご紹介します。

1.パイナップル

銅やマグネシウムが豊富に含まれているパイナップルは利尿作用と抗炎症作用のある食品で、リンパ循環を促進します。

パイナップルに含まれるブロメラインとビタミンCが、腎臓の健康に悪影響を与えるナトリウムの蓄積による炎症を軽減します。

パイナップルは、缶詰やカットフルーツを避け、新鮮なものを食べるように心がけてください。また様々なレシピを活用して食事に加えるのもおすすめです。

2.オレガノ

調味料として人気のオレガノは塩分の代わりとして使用されることがあります。

食パンなどをはじめとする加工食品にはナトリウムが多く添加されています。そのため、パンを食べる時などは、塩分の摂取量を減らすために、バターの代わりにオリーブオイルに少量のオレガノを混ぜたものを加えるのがおすすめです。

さらにオレガノには、浮腫を予防して血液の循環を促進するβカリオフィレンを含むため、毎日の食事にぜひ加えてください。

3.いちご

オーガニックいちごを継続して食べることで、腎臓の健康を促進しならが尿酸値や悪玉コレステロール値を下げ、高血圧のリスクを軽減します。完熟いちごやラズベリーにはフラボノイドが豊富に含まれているため、冷凍いちごよりは新鮮ないちごを選びましょう。

いちごの旬の時期になったらいちごの効能を最大限に活用するために、積極的にイチゴを食べましょう。

4.アーティチョーク

アーティチョークに含まれるビタミンの効果でナトリウム値を低下させて血圧のバランスを保ちます。

オリーブオイルとレモン果汁と組み合わせると、酸、ビタミン、酵素などの働きで、肝臓を浄化しながら、腎臓の健康維持を促進します。

5.パクチー

パクチーには、天然の利尿作用があるため、スープやサラダに加えることでその効能を最大に活用できます。また風味が強いので塩分の代わりになる調味料で、血圧を下げながら頭痛や片頭痛などの高血圧に関連する症状を軽減します。

6.ニンニク

ガーリックソルトをキッチンに常備していますか?

ガーリックソルトは高血圧の症状を軽減するのに効果を発揮し、通常の塩よりも食事に風味を加えます。

ニンニクは薬用としても使われる食品で、抗菌効果だけではなく、高血圧の症状の低下があり、心臓や腎臓の健康に効果のある酵素であるアリシンを含んでいます。

7.ラディッシュ

ラディッシュの風味はとても個性的でリフレッシュ効果があり、その栄養価はニンニクに似ています。

インド料理によく使われるラディッシュには高血圧を予防する効果があり、その秘密は酢酸エチルの効果だと言われています。ラディッシュをしっかりと噛み、その強い風味をしっかりと味わいながら健康効果を実感してください。

本記事の目的は塩分の摂取を完全に避けることではありません。

ナトリウムの摂取を正常化するためにも、加工食品を避け、自然の新鮮な食材を摂取することが目的です。バランスのとれた栄養価の高い食品の摂取を心がけましょう。

あなたへおすすめ