自家製デオドラント ベスト5

5月 2, 2016

脇の下のいや〜なニオイは、だれでも時々経験する問題です。汗をかくこと自体が問題なのではありません。発汗は、身体の大切な機能のひとつ。体内の毒素を排出するとともに、体温の調整をしてくれます。でも、満員電車の中で、エクササイズクラスで、プ〜ンと鼻をつく腋の下のニオイは、恥ずかしいだけでなく、まわりの人にもイヤな思いをさせているんじゃないかと、心配になってしまいますよね。

店頭には、体臭を中和し過剰な発汗を抑える、さまざまなデオドラント(制汗剤)が出回っています。でも、お肌が敏感で、市販のデオドラントに含まれている化学薬品やアルコールでかぶれたり、かゆくなったりする人もたくさんいます。そんな方でも安心して使える、天然素材を利用した自家製デオドラントなら、お肌を清潔に保ち、悪臭を解消するだけでなく、発汗を調整し、お肌を守ることが可能です。今回は、手軽に作れる自家製デオドラントのベスト5をご紹介します!

1. 柑橘類入りナチュラルデオドラント

oranges-2

柑橘類に含まれた成分は、お肌をきれいにし、腋の下にシミができるのを防ぎます。また、はっきりしたさわやかな香りがありますから、イヤなニオイを中和するのにぴったりです。

材料:

  • オレンジの皮 3個分
  • レモンの皮 3個分
  • 海水塩 カップ1杯
  • 重曹 大さじ3杯
  • 水 1リットル

作り方:

  • オレンジとレモンの皮をすりおろし、水1リットルに加えて沸騰させます。
  • 沸騰したら、きれいに漉しましょう。これをお風呂に入るときまでとっておきます。
  • お風呂にお湯を張り、オレンジとレモンの皮の煎じ汁を混ぜてから、海水塩と重曹を加えます。
  • よい香りのするお風呂をエンジョイしましょう! デオドラントとしてだけでなく、全身をリラックスさせるのにも役立ちます。

2. ラベンダー入りナチュラルデオドラント

lavender

ラベンダーのやさしくデリケートな香りが、強烈でいやな体臭を解消するのに役立ちます。この自家製デオドラントには、ラベンダー水か煎じ汁を使います。悪臭を抑えるだけでなく、服に汗のシミができるのを防いでくれます。

材料:

  • ラベンダー水または煎じ汁 カップ1杯
  • リンゴ酢 カップ1/2杯

作り方:

  • ガラス容器の中で、分量のラベンダー水とリンゴ酢をよくまぜあわせます。
  • 容器を密閉し、室温で10日間置いて、自然に濃縮させます。
  • 10日たったら漉して、濃縮液の2倍の分量の水(濃縮液1、水2の割合)を混ぜたらできがり。毎日使いましょう。
  • デオドラントをぬる前に、必ず腋の下をきれいに洗って乾かしておく必要があります。

3. 重曹入りナチュラルデオドラント

baking-sida-7

この天然デオドラントは、クリーム状のデオドラントがきらいな方にピッタリ。いやなニオイと過剰な発汗を抑え、腋の下のかぶれを防ぎます。

材料:

  • 重曹 大さじ2杯
  • コーンフラワー 大さじ1杯
  • ラベンダー・ミント・レモン・サルビア精油のうちのいずれか 10滴

作り方:

材料全部をよくまぜ、毎日少量を腋の下につけましょう。

4. アマニ入りナチュラルデオドラント

ground-linseed

この天然デオドラントは、お肌をかぶれさせ、腋の下を黒ずませる化学製品の使用をやめたい方にとって、すぐれた代替品となります。

材料:

  • 蒸留水 100ミリリットル
  • アマニ 大さじ1杯
  • 重曹 大さじ1杯
  • 好みの精油 10滴

作り方:

  • アマニを蒸留水に加え、沸騰させます。
  • 沸騰したら火からおろし、種を漉し取ります。
  • 漉した水に重曹を大さじ1杯と好みの精油を10滴まぜます。
  • これを腋の下にぬり、残りはガラス瓶で保存しましょう。

5. レモンとローズマリー入り自家製デオドラント

rosemary

ローズマリーは収斂作用と消毒作用がありますから、腋の下のお肌を毛穴からきれいにするのに役立ちます。レモンは天然の浄化剤として知られており、はっきりした香りを提供します。化学製品を使わずに、腋の下のお手入れをするのにピッタリです。

材料:

  • 水 100ミリリットル
  • 乾燥させたローズマリーの葉 大さじ4杯
  • 度数90度のアルコール 20ミリリットル
  • ハシバミ精油 10滴
  • レモンのしぼり汁 5滴

作り方:

  • まず水を沸騰させます。沸騰したらローズマリーの葉大さじ4杯を加えてください。火からおろしたら、ふたをして、10分間置いて成分を抽出します。
  • ミックス液が完全にさめてから、度数90度のアルコール・精油10滴・レモン汁5滴をくわます。
  • 材料全部をよく混ぜ合わせ、腋の下にぬりましょう。腋の下のお肌にうるおいを与え、いやなニオイを防ぎます。
  • 残りはガラス瓶にうつし、1ヶ月間保存できます。

いかがですか。どれも手軽に作れ、費用もあまりかかりません。さっそく作ってみませんか。ただ、天然の材料でもアレルギー反応を示す方がいらっしゃいますから、最初は少量で試してみることをおすすめします。

あなたへおすすめ