痔の治療法

6月 23, 2016
不快を感じたりトイレに行ったときなどに、この治療法を試してみてください。また、腸の動きを活発にするために、食物繊維を多くとることも大切です。

数百万人の人が痔の症状に悩んでいて、日常生活に支障をきたしています。直腸にある静脈が腫れることによって、痛みや不快感を引き起こします。これらの症状を緩和するために、今回の記事でお伝えする痔の自然療法を試してみてはいかがですか。

痔について知っておきたいこと

痔はとても一般的な病気です。痔の主な原因は、次の通りです。

・肥満

・慢性的な便秘

・頻繁な下痢

・妊娠

・動物性たんぱく質の多い食事

・食物繊維の不足

・食物アレルギー

・座りっぱなしの生活習慣

・長時間立ちっぱなしや重いものを持ったりするなどの、足に力がかかる仕事

 

痔の一般的な症状は、次の通りです。

・じんじんするような痛み

・炎症

・患部の熱

・痛み

・かゆみ

・出血

・腸の動きが鈍くなる

痔の症状を和らげるには?

もしも痔の原因が偏った食事なら、少し気を付けてみましょう。次の食べ物を食事に取り入れましょう。

大麦

・果物

・葉物野菜

 

痔の症状を抑えるのに家でもできる方法があります。効果的なものはこちらです。

アロエベラ

2-aloe

アロエは、かゆみ、炎症、患部の熱を和らげる効果があります。さらに、扱いやすくすぐに効き目を感じることができます。

使い方は簡単。アロエの葉を切り(家に鉢植えがあるとよい)、ジェル状になっている葉の中身を出します。そして、患部に塗ります。感染症を防ぐために、事前によく洗っておくことを忘れないようにしましょう。

薬用植物

ハーブも、痔の症状に効き目があります。カモミール、ホーステイル、スイスチャード(ふだん草)がお勧めです。

材料

・お好みのハーブ  片手1杯分

・お湯       1l

作り方

・お湯を沸かし、ハーブを入れて5分間煮ます。ハーブを取り除き、10分ほど冷まします。

・できた液体をこして、お風呂の洗面器に入れる(お湯はぬるめが良い)

・できた液体に、10分ほど患部をひたせば、すぐに症状が和らぐでしょう。

チャード(ふだん草)

生のチャードを食べると、腸の動きを改善し、痔の痛みを減らすことができます。その他にも、家で手軽に痛みを和らげる方法があります

材料

・チャード(ふだん草) 1束

・水          適当

作り方

・チャードを洗ってボールにいれます。

・冷蔵庫に約3時間、完全に冷たくなるまで冷やします。

・冷たくなった葉を、体温と同じくらいになるまで、患部に貼ります。

・1日に3回これを繰り返します。

じゃがいも

3-potatoes

じゃがいもは、腫れや熱を和らげる働きがあるので、痔の症状にとてもよく効きます。

いろいろな使い道がありますが、冷やしたじゃがいもを使うのが大切だということを忘れないでください。

・じゃがいもの皮をむき、すりおろす。布に包み、患部にあてます。

・皮をむいて、薄く切り、患部に貼ります。

どちらの方法も、じゃがいもの汁を腫れた所につけることで、不快感を和らげます。患部を洗い流す必要もありません。

トマト

トマトの水分が患部を湿らせ、炎症を和らげます。トマトを半分に切り(冷蔵庫で冷やしてあるといい)、患部に数分間押し付けます。

痔の民間療法

他の方法や、もう少し効果的な方法を試してみたい人は、次のレシピを試してみてください。

にんにく、ベイリーフ、クローブ

この3つには、抗炎症作用、殺菌作用があり、痔を治します。本当によく効きます。

材料

・にんにく   3かけ

・ベイリーフ  2枚

・クローブ   3つ

・水      500ml

作り方

・お湯を沸かします。にんにくをつぶし、ベイリーフとクローブはそれぞれちぎったり砕いたりします。

・すべての材料を30分煮ます。火を止め、10分放置します。

・できた液体に布を浸し、液体が冷めたら患部に湿布します。

カモミールとローズペタル

4-chamomile

どちらも患部の肌のひりひり感を和らげます。

材料

・乾燥したカモミールフラワー  10g(大さじ1)

・ローズペダル         2つ

・麦芽油            250ml(カップ1)

・蜜蝋             20g(大さじ2)

・ラノリン           20g(大さじ2)

すべてインターネットの通信販売で入手する事ができます。

作り方

・麦芽油の中にカモミールを入れ、かき混ぜます。ローズペダルも入れます。

・それを小鍋に入れ、ときどきかき混ぜながら、弱火で1時間ほど煮ます。冷ましたら、フィルターなどでこして、ガラス容器に入れます。

・別の鍋で蜜蝋とラノリンを溶かします。これをさっきのガラス容器に加えてかき混ぜ、少し硬くなるくらいにします。

・痛みや不快感のあるときに、軟膏として使います。

タンポポ、ウイッチヘーゼル、クサノオウ

この3つの植物は、痔の症状を軽減する多くの薬効成分が含まれています。また、虫刺され、湿疹、すり傷にも使えます。

材料

・タンポポ、

・ウイッチヘーゼル

・クサノオウ(日本では入手困難なハーブです) 各 大さじ2杯

・水                             500ml

作り方

・お湯を沸かし、ハーブを入れます。弱火で10分煎じ、火を止めてもう10分そのままにしておきます。

・液体をこして脱脂綿や布に浸します。それを患部にしっかりと押して、液体が肌にしっかりとなじむまで待ちます。

・痛みやかゆみが治まるまで、しばらく繰り返します。

あなたへおすすめ