いつの時代も大切なことは変わらない:ソーシャルメディアでの正しいマナー

めまぐるしく変化する複雑化した現代社会で、私たちは強く、そして勇気を持って生きてく必要があります。

日々進化し続ける社会の中で大切なのは、いつの時代も、思いやり、敬意、そして礼儀です。

しかし、ソーシャルメディアが発達した今、他人への思いやりや敬意に欠ける発言が多く見られるようになりました。

ソーシャルメディアの匿名性が、ネット上の見ず知らずの他者やグループへの無礼で配慮のない行動を引き起こしています。

ソーシャルメディアの世界は、人間の素晴らしい面だけでなく「最悪」な面さえも露呈する複雑な世界です。

パワフルなコミュニケーションツールであるソーシャルメディアは、私たちの知識を増やし、生活を便利にする反面、誰かを傷つけるツールになる諸刃の剣です。

このような現代社会で生きる子供たちには、ソーシャルメディアに関して、正しい教育を行う必要があります。

ソーシャルメディアを使う時に忘れてはいけないのは、他人への敬意と礼儀です。

様々な情報が瞬時に世界中の人々と共有されるソーシャルメディアの世界では、敬意と礼儀、つまり正しいマナーが重要です。

他者への敬意を忘れず正しいマナーでソーシャルメディアを使えば、より有効に活用でき、素晴らしい未来へとつながります。

また、相手と直接会うことなくコミュニケーションが成立する世界では、全く別の場所にいる2人の間に友情や、恋が芽生えることもあります。

この場合、直接会わないからといって、人間としての礼儀やマナーを忘れてはいけません。

時代の流れと共に、相手に直接会う、会わないというコミュニケーション手段の変化は起こっていますが、いつの時代でも、相手への敬意と礼儀、そして正しいマナーがコミュニケーションには大切です。

 

ソーシャルメディアにおける正しいマナー

redes-sociales-500x325

2014年、世界的に有名なソーシャル・ネットワーキング・サービスであるFacebookは、人々が失っている大切なこと、つまり「正しいマナー」を推進するために投資を行うことを決断しました。

これは素晴らしい決断ですが、とても衝撃的なことです。

私たちは他者への「敬意」やコミュニケーションにおける正しいマナーを忘れてしまったのでしょうか?

実際のところ、私たちは敬意を忘れたわけではありません。

ただしソーシャル・ネットワーキング・サイトという場の匿名性から、ネットいじめをはじめとする危険な行動を助長させる傾向があることがわかりました。

一緒に暮らしている人や仲の良い友人への思いやりや敬意と異なり、ネット上では相手に敬意を払うよりも、相手を傷つける方が簡単であるケースが多く、ソーシャルネットワークを使って、若い世代が簡単に誰かを傷つけてしまいます。

ネットいじめや相手への配慮の欠ける行動を防止するため、FacebookはMr. Nice(ミスター・ナイス)というキャラクターを作り出しました。

このキャラクターがソーシャル・ネットワーキングの世界でどのような役割を果たしているのかに関して、ニューヨーク・タイムズ紙が記事として取りあげているので抜粋してご紹介します。

ソーシャルハラスメント

personas-consultando-el-facebook-500x341

近年ではソーシャルハラスメントと呼ばれるインターネット上のハラスメントが増加しています。

米国のピュー・リサーチセンターが実施したインターネットプロジェクトによると、18−29歳までの若いアメリカ人の65%がFacebookで、ハラスメントの被害を受けたことが明らかになりました。

  • ユーザーの安全を保護するため、80人以上の人がMr. Niceというキャラクターを動かしています。
  • 例えば、Facebookに投稿される写真に「タグ」をつけるとき、その写真はタグをされた人が嬉しくなるような写真なのか、またはFacebookに投稿するのに相応しい写真なのかを判断します。
  • どのような写真が投稿されるべきか、誰かを攻撃するような内容の投稿ではないかという判断をするシステムであるMr. Niceは、暴力的な活動を推奨するようなプロフィールをチェックして事前に削除するなどの機能があります。
  • Mr. Niceを動かしている人々は「ユーザーは常にポジティブで素晴らしい目的のある良い投稿をするべきだ」という考えに基づいて仕事をしています。
  • ポジティブな「良い」行動は、常にネガティブな「悪い」行動に打ち勝ちます。

自分が行っている無礼な行動が、実は誰かの生活に大きなインパクトを与えていると考える人はほとんどいません。

世界中の主なソーシャル・ネットワーキング・サイトは、敬意と礼儀を守る正しいマナーを促進するために日々働きかけを行っています。

お互いを敬う世界から気品のある未来へと繋がる道

mujer-con-elefante-copy-500x317

人間としての尊厳を保つことができる品位のある未来を作るために、次世代に必要なのは強い意志と努力です。

社会問題や政治危機などが混沌としている現代では、私たちが未来に希望を抱くことが減っていますが、希望を捨てては行けません。

また、以下のことに専心していくことが大切です。

  • 多くの人のやる気と他人への敬意が大きな変化をうみだします。
  • 小さな努力が大きな変革へとつながります。
  • 他者への敬意と正しいマナーはいつの時代も変わらない、人間として大切な態度です。家庭、学校、職場、そしてソーシャル・ネットワーキング・サイトで、決して忘れてはいけないことです。
  • 親切さや相手を思いやる気持ちは、憎しみよりも大きなインパクトを与えます
  • 良い行動は周りにも「うつる」素晴らしい行為です。素晴らしい行為の輪を広げていきましょう。

正しい行動のタネを蒔き、希望を胸に抱いて日常生活を送りましょう。

私たちの蒔いた種が成長し、実を結ぶ時、他者を敬う礼儀正しい真のコミュニケーションがうまれます。