苛立ち、不安、憂鬱を断ちきる方法

1月 14, 2017

イライラ、不安、憂鬱は私たちの生活の中で最も身近な精神病です。複雑な感情が混ざったもの、そして機能障害として発症します。専門家は、心と体が繋がっているということ、そして不安や憂鬱が様々な要因から引き起こされることを明白にしています。本記事では、苛立ち、不安、そして憂鬱をどのように断ち切るかを説明していきます。

苛立ち、不安、そして憂鬱は、栄養的、身体的、感情的、環境的、社会的、精神的、遺伝的なもの、そして脳の疾患など、様々な要因が考えられます。生化学的な要因もよく耳にしますが、神経伝達物質が果たして苛立ちや不安、そして憂鬱の引き金になっているかは定かではありません。

苛立ち、不安、鬱、これらは全て異なるものですが、一般的には同じ枠組みにされることが多いです。鬱を抱えている方にとって不安を感じることは珍しくなく、不安を抱えている方が憂鬱さや苛立ちを感じることも同様に珍しいことではありません。

精神面での健康の向上

鬱や不安が一般的に精神病と診断されていても、感情的な問題と直接的に繋がっている身体的な仕組み、そして脳のメカニズム脳の疾患の問題であると考えた方が有用だと言えるでしょう。

この観点では、脳も他の臓器と同様にライフスタイルに影響されていること、そしてケアの必要性を主張しています。結果的に、わたしたちが食べるもの、行動の仕方、睡眠の質が脳の機能に大きく影響することがわかります。そして、脳で生まれるストレスや感情をどのようにコントロールするかによっても、人との関わり方や目的意識が変わってきます。

不安と鬱の症状

不安と鬱は生活をストップさせてしまうものです。習慣や行動を変え、同僚や家族、そしてパートナーとの関係にも影響してきます。これらは、身体的(腹痛、チクチクとした痛み、頻脈、呼吸困難、吐き気、筋肉の震え、冷え、疲労感など)、そして精神的(イライラ、恐怖、不安、集中力の欠乏、絶望感、妄想、悲しみなど)に、はっきりとした症状で現れることが多いです。

一般的に、このような障害は極端で何度も繰り返される不安によって引き起こされ、個人もしくは仕事上での変化を受け入れるときの難しさと同様とも言えるでしょう。

simple-depression

苛立ち、不安、鬱を断ち切る10の行動

下記のアドバイスを参考に脳のケアを始めてみましょう。

1, ゆっくりと深呼吸。ゆっくりと呼吸をすることでリラックス効果があります。

2, 体を動かす

3, 自然と触れ合う

4, 規則正しい睡眠

5, 家族や友人と過ごす

6, 自分の欠点を受け入れる

7, きちんとした食事を摂り、十分な水分補給をする

8, 瞑想、もしくは自分に意識を集中させる練習をする

9, 許す努力

10, 感謝の気持ちを持つ

 

あなたへおすすめ