1分以内で眠りに落ちる方法

· 9月 24, 2016
信じられないかもしれませんが、1分以内に眠ることができると心拍数が安定するという利点があるのです。

眠ろうとベッドに潜り込んでも、ストレスを感じていると、なかなか眠りにつくことができないものです。

眠ろうとする時に限って、抱えている様々な心配事が心の中に溢れ出てくるからです。

ネガティブな考えや心配事が溢れ出ると、考える事を止められなくなり、なかなか眠る事ができません。そして、ひどい時には不眠へとつながるのです。

最近、なかなか寝付けないと思う人は、是非、1分以内で眠りに落ちる方法をマスターしてくださいね。

1分以内で眠りに落ちる”4−7−8テクニック”

この方法はハーバード大学のアンドリュー・ウェイル教授によって考えられた、とても簡単な方法です。

  • 肺に空気がいっぱい入るよう、4秒間かけて鼻から息を吸い込みます。
  • 息を吸い込んだら、7秒間息を止めます。
  • 8秒間かけてゆっくりと息を吐き出します。

これを数回繰り返しましょう。あっと言う間に眠りについているはずです。おそらく1分もかからないうちに眠ってしまっていることでしょう。

”4−7−8テクニック”が効くのはなぜ?

 

ポイントは、息を止めている7秒間にあります。

息を止めることによって心拍数が遅くなり、不安感を減らしてくれるからです。

つまり、心の中に浮かんだ心配事を考え続けて悩むことがなくなります。ネガティブな考えが消え去りリラックスできるでしょう。

また、早く眠りにつけるだけでなく、睡眠の質も向上します。心拍数が緩やかになると、体に酸素が行き渡ります。これは体が休息する上で不可欠なことです。

不安感を抱えていると、呼吸が速く浅くなります。心拍数は上昇して不規則となり、体に酸素が行き渡らなくなります。つまり、朝起きた時に疲れが取れていないと感じたり、むしろ寝る前よりもさらに疲れていると感じるのです。

この4ー7ー8テクニックを使えば、体の筋肉や器官に酸素が十分行き渡りますので、不眠に悩むことなく、質の良い睡眠をとることができます。

1分以内で眠りに落ちると良い理由

1. もっと魅力的になる

woman-makeup-1

質の良い睡眠を取ると、が生き生きとします。深く眠ればホルモンの作用で肌細胞が若返り、強化されるからです。

体も休むことが必要です。眠りが浅いと感じている人、なかなか寝付けない人の体は十分に休息を取ることができていないでしょう。

2. 食べる量が減る

質の良い睡眠は、日中のストレスを減らしてくれます。すぐに寝付くことができれば、睡眠の質に繋がるため、朝起きた時にストレスを感じにくくなるでしょう。

不安感を抱えていると食欲が増します。大好きなものを食べると一時的にストレスや不安を忘れることができるからです。しかし、いずれは体重増加を招くこと間違いありません。

3. より学ぶことができる

brain-activity-1

脳の一番の機能は、学ぶことです。私たちは、この機能を絶え間なく使い続けています。出勤途中に聞いているニュース、友達の態度がいつもと違うと気がつくこと、本を読んでいる時などです。

この大切な機能を持つ脳は、8時間の休息が必要なのです。

睡眠時間の不足、またはぐっすり眠れないなど睡眠の質が悪いと、脳は必要以上に働かなくてはいけなくなります。その機能はだんだんと減速し、新しい考えを思いついたり、集中することが難しくなっていきます。

4. 自信がつく

魅力的に見える日は、気分も上がってエネルギーが湧き、1日楽しく過ごすことができるでしょう。そうすると、会う人に対しても前向きな態度で接することができます。もしかすると、嫌なことがあっても前向きに過ごせるかもしれません。

心が前向きになっているので、問題解決力も上昇し、嫌なことや困難なことにぶつかっても解決しようとする力が生まれるのです。つまり、自己愛、自信につながっていくのです。

不眠症に悩んでいるなら、是非、4ー7ー8テクニックを試してみてください。心配事が解決するだけでなく、目標を達成しやすくなるのです。夜、眠れずに悩み続けている事柄とさよならできるかもしれません。