胃炎に効果的な自然療法

10月 3, 2017
異なった食品に対する私たちの体の反応には個人差がありますが、胃炎を発症している方は、症状を悪化させないためにも禁煙・禁酒に加えて特定の食品を避けることが大切です。

現代社会では胃炎は一般的な病気とも言われています。

西洋式の食事が胃の粘膜に炎症を起こし、胃炎を引き起こすことが多くあります。

胃の痛みに代表される胃炎の症状ですが、その症状の深刻度に関わらず、毎日の食生活とライフスタイルを改善することが大切です。

本記事では、胃炎を自然にそして効果的に治療する自然療法をご紹介します。

食生活とライフスタイルの改善

胃炎の予防・そして治療には、バランスのとれた食生活が大切ですが、厳しい食事療法はおすすめできません。

胃炎の原因や症状は様々ですが、以下のアドバイスはすべての方におすすめです。

  • 喫煙や飲酒の習慣をやめる
  • ソーセージや揚げ物を食べない
  • 精製された小麦粉と砂糖の摂取量を減らす
  • コーヒーやお茶の摂取量をできる限り減らす
  • 食べる量をコントロールする
  • 少量を数回に分けて食べる
  • 辛い料理の摂取を控える
  • 胃炎を悪化させるストレスや緊張感をコントロールする
  • 温度が熱すぎたり冷たすぎる食べ物や飲み物を摂取しない
  • よく噛んで食べる

自然療法

フラボノイドが豊富な食品

体内の炎症が、胃酸の過剰分泌を引き起こすため、できる限りアルカリ性食品である新鮮な野菜を中心とした食事を心がけてください。

特に抗酸化物質であるフラボノイドが豊富に含まれている食品がおすすめです。

フラボノイドを豊富に含むカラフルな食品をご紹介します。

  • 赤い果物
  • ブドウ
  • ビーツ
  • 人参
  • きゅうり
  • レタス
  • ほうれん草
  • セロリ
  • カブ

じゃがいもとオイルの9日間療法

消化器系疾患や食事をたびに起こる痛みや不快感などの胃炎の症状を治療する「おばあちゃんの知恵袋」の方法です。

材料

  • 生のじゃがいもの絞り汁 グラス半分
  • エクストラバージンオイル 大さじ2

使用方法

  • じゃがいもとオリーブオイルを組み合わせたものを、朝食の30分以上前に飲みます。
  • 9日間繰り返してください。またこの方法は、毎月行うことができます。
  • じゃがいもを絞るときは、毒のある芽などをしっかりと取り除いてください。
  • ブレンダーがない場合は、じゃがいもをすりおろし、布に包んで絞ってその汁を取り出してください。

ホワイトクレイ

ホワイトクレイには薬局で販売されている制酸剤と同じ働きがありますが、市販品のような副作用や危険はありません。

ただし高血圧の方はホワイトクレイの摂取は避けてください。

材料

  • ホワイトクレイ 小さじ1
  • 水 1/2 カップ

注意事項:木製またはガラス製の器具をご使用ください。鉄製またはプラスチック製の器具を使うと治癒効果がなくなる恐れがあります。

使用方法

  • ホワイトクレイと水を混ぜます。
  • 食間に摂取してください。

野菜

胃炎の予防そして治療に効果を発揮する食品だけを3日間摂取する方法です:

  • じゃがいも
  • キャベツ
  • 人参

また、この3つだけでは飽きてしまうときは、リンゴを組み合わせることもできます。

どのような調理方法でもいいですが、揚げるのだけは避けてください。

またオリーブオイルと塩ひとつまみをお好みで加えることができます。

りんごと人参ジュース

りんごと人参で作る自家製ジュースは甘くておいしいだけではなく、胃炎の症状を和らげながら胃の粘膜の効果を回復させます。

毎朝または食前に飲んでください。

エクストラバージンオイルとレモン果汁

大さじ一杯のエクストラオリーブオイルにレモン果汁数滴入れたこの自然療法薬は、朝起きてすぐに服用してください。

この自然療法の健康効果をご紹介します

  • 肝臓機能の向上
  • 便通を促進
  • 胃内のpH値のバランスを保つ
  • 胃炎を予防する

キャベツジュース

キャベツジュースは生のじゃがいもの絞り汁と同じように、アルカリ性成分を含むパワフルな自然療法薬です。

胃炎の原因となる胃酸のバランスを保ちます。正常に消化が行われるためには、消化時は胃の中は常に酸性でなくてはいけません。

  • 少量のキャベツの絞り汁を水と混ぜます。
  • 食事の10分前、そして空腹時に服用してください。
  • 胃の痛みを和らげて胃粘膜の状態を改善します。

メイン画像転載元:wikihow.com

あなたへおすすめ