一日1個りんごを食べて減量促進

3月 21, 2016
りんごには、血糖値を調整し、脂肪を減らすのに役立つ食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。

体重をコントロールし、健康的な体重を維持することは、見た目のためだけではなく、様々な意味で重要です。減量のために欠かせないのは、バランスの取れた食事です。減量を助ける効果のある食品には様々なものがありますが、りんごもその中の一つ。りんごは、多くの用途に使われるおいしいフルーツというだけでなく、ダイエットの面でも素晴らしい効果があります。

りんごはとてもよく知られたフルーツで、あらゆる種類の料理において、たくさんのレシピに使われるだけでなく、健康を促進する高い効果もあります。りんごにはビタミン、ミネラル、抗酸化物質などの必須栄養素が豊富に含まれており、りんごを食べることで、空腹を感じることなく健康的にダイエットができます。

りんごの健康効果

りんごを食事に取り入れることで、より減量しやすくなるということは長年に渡って知られています。りんごは低カロリーで低脂肪の食品というだけでなく、豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質などを供給し代謝を促進し、脂肪の燃焼を助けます。

りんごで減量する

りんごを食事に加えることで、より活力とエネルギーが得られ、パフォーマンスが向上し、カロリーがより効果的に燃焼するようになります。また、りんごには、栄養の吸収を促進する酵素も豊富に含まれています。

また、りんごにはペクチンが含まれているため、血糖値の調整や脂肪を減らすのを助ける効果があります。このようなりんごの効果は、バランスの良い食事と、定期的な運動などの健康習慣と組み合わされたときに発揮されます。

減量に最適なりんご

世界中にはさまざまな種類のりんごがありますが、ワシントン州立大学の栄養科学研究によると、減量におけるりんごの生化学的効果は、りんごの種類によって異なるということです

7種類のりんごのうち、どれが最も減量に適しているかを決定するために、いくつかの研究が行われ、肥満したマウスに対する、りんごの生化学化合物の影響が観察されました。

りんご-1

青りんごは、ふじ、ガラ、ゴールデンデリシャス、レッドデリシャス、マッキントッシュなどの品種に比べて、より高い減量効果があると研究は結論付けました。また、腸内フローラのバランスが乱れると、糖尿病をしばしば伴う慢性の炎症の原因となることがありますが、一日1個のりんごを食べることで、このリスクを減らせることも明らかになりました。

3.5オンス(約100グラム)の青りんごのカロリーは、わずか53キロカロリーですが、満腹感を長続きさせる効果がある食物繊維が十分に含まれています。 

減量のためのアップルシナモンウォーター

アップルシナモン水

減量のためにりんごの効能を利用するさまざまな方法がありますが、ここでは、バランスの良い食事を効果的に補うアップルシナモンウォーターの作り方をご紹介します。

りんごとシナモンを組み合わせることで、代謝を促進する効果があるため、より早く体重を減らすことができます。

用意するもの

  • りんご 1個
  • シナモンスティック 1本
  • 水 2リットル
  • ピッチャー(水差し)

作り方

ピッチャーを半分まで水で満たし、カットしたりんごと、シナモンスティック1本を入れてください。水かさがピッチャーの3/4になるまで氷を加え、それから残りの水を注ぎましょう。15分間そのままにしてから飲んでください

あなたへおすすめ