ハリのある胸をキープする5つの簡単エクササイズ

1月 6, 2018
胸が垂れるのを防いだりハリをキープするためには、エクササイズは欠かせません。良い姿勢を保つことも大切です。

胸は女性の美しさを強調する大切な部分ですが、年齢と共に形や状態が変わっていきます。ハリのある胸を保ちたいと願っていても、ホルモンの変化や老化、生活習慣などのせいで垂れてしまいます

胸周りの筋肉や皮膚の弾力が失われると形や質感、サイズが変化します。

これはとても自然なことで避けがたい事でもあるのですが、人によっては座ることの多い生活や間違ったダイエット、授乳などが原因で早いうちからこの問題に悩んでいます。

ここでは胸のハリをキープする簡単なエクササイズ法をご紹介します。普段のエクササイズルーティンに加えてみてください。

 

1.胸を開く運動

胸をひらく運動

このエクササイズは自宅で、ダンベルを使ってすることが出来ます。胸の筋肉を引き締め、肩と首の筋肉を強くします。

どうやってするの?

・足を肩幅に広げて立ち、膝を軽く曲げます。

・背中をまっすぐにしてお腹を引き締めます。

・手にダンベルを持って腕を肩と同じ高さに真っすぐ上げます。

・肘を軽く曲げて、体の前に腕を閉じていきます。

・これを10回から12回を3セットします。

 

2.壁を使った腕立て伏せ

腕立て伏せにはいろいろな方法がありますが、これは壁を利用したシンプルなやり方です。

上半身の筋肉に良く効きます。胸の筋肉を引き締め肩の筋肉を強くします

どうやってするの?

・足を腰幅に広げて壁に向かって立ちます。手のひらを壁について腕立て伏せをします

・腕が平行になっているのを確認してください。腕を使って体重を支えます。

・手のひらを壁から離すことなく10回から12回を3セット行います。1セットごとに1分休憩を入れてください。

 

3.スタンディング・バタフライ

バタフライリフト

バタフライエクササイズは上半身、特に胸と肩の筋肉に良く効きます。

どうやってするの?

・足を肩幅に広げて立ち、膝を軽く曲げます。

・両手にダンベルを持ち、ゆっくりと肩の高さまで上げます。

・そのまま腕を体の前で閉じて、また開きます。

・これを10回繰り返してください。3セットします。

 

4.チェスト・ウエイトリフト

これは少し動きが複雑ですが、胸を含む上半身の筋肉を鍛えるのにとても良い効果を発揮します。

軽めのダンベルから始めて、筋肉の発達によって徐々に重くして行ってください。

どうやってするの?

・椅子を壁に背中向きにおいてください。背中をまっすぐにして座ります。

・両手にダンベルを持ちます。2kg以下の重さに抑えてください。腕を真っすぐ横におろします。

・肘を曲げてダンベルが肩の位置に来たら、腕を肩から真っすぐ上に上げていきます。

・また元の位置に戻します。これを12回、3セット行います。

 

5.フォワード・レイズ

ウエイトリフティング

これはここまでご紹介したエクササイズの補足になるものです。このエクササイズを付け加えて引き締まった胸を手に入れましょう。

どうやってするの?

・椅子に背中をまっすぐにして座り、足の裏をしっかりと地面に付けます。

・両手にダンベルを持ち、体の前にまっすぐ上げていきます。

・ここから腕をまっすぐなまま頬の高さに上げて、またおろします。(肩の高さに)

・これを左右それぞれ10回ずつ3セットします。

 

その他考えておきたい事…

エクササイズに加えて忘れてはならないのは、健康的な食生活です。必須脂肪酸、タンパク質、抗酸化成分を積極的に摂り入れましょう

水をたっぷり飲んで筋肉内の水分を確保することも大切ですし、部分的なクリームやマスクをするのも効果的です。

姿勢にも気を付けてください。背筋を伸ばして胸をしっかりと張りましょう。

あなたへおすすめ