ハンギングプランターの作り方

· 11月 11, 2017
ハンギングプランターを使えば、小さなスペースで植物を育てる事ができます。今回はその作り方をご紹介しましょう。

近年、特に都市部で、自然を大切にし、環境を美しく保つと言う事に関心が高まっています。

街に住んでいても、できるだけ健康的な生活を送りたいと思う事は当然の事です。ハンギングプランターが家にあれば、綺麗な空気を家の中で楽しむ事ができます。

また、植物は家の中のエネルギーの調整をしてくれます。その他にも、パソコンやテレビから出るわずかな放射線を吸うと言う役割も果たします。

それでは、家に観葉植物を置くスペースがない場合にはどうしたら良いのでしょうか? その答えは、ハンギングプランターです。

プランターを違う高さに工夫して設置する事で、一瞬でスペースを増やす事ができます。これで、場所の心配はなくなります。それでは、どのように作ればよいでしょうか? 今回は、その方法をご紹介します。

 

ハンギングプランターの作り方

今、住んでいるお家の環境は?

ハンギングプランター

植物を育てるにはある一定の環境が必要です。今お住まいの環境が、植物に適した環境ではない可能性もあります。

植物にはいくつか必要なものがありますので、以下のことをチェックしてください。

植物には、必ず日光が必要です。ですが、中には直接日光を当てることで焼けてしまう物もあります。

どの植物を育てたいかを決める前に、日光の当たり方をまず確かめる事が大切です。日光が当たり過ぎていたり、当たらなさすぎたりすると植物がうまく育ちません。

気温

沢山の方が、華やかな色で美しく垂れ下がるような形の花を好みますが、そのほとんどが温かい環境を必要とします。

これらの植物には地中海気候や熱帯気候に適している場合が多いです。

湿気

植物にやる水の量も、どの植物を選ぶかの重要なポイントとなります。

水を多く必要とする植物は、長い目で見るとそれだけお金が掛かりますし、少ない水の量で済む植物は経済的であると言えます。

時間

携帯のアプリ

どれだけの時間をガーデニングに費やせるのかも非常に大切なポイントです。家で仕事をしている人と1日中外で仕事をしている人とでは、植物に掛けられる時間が大きく異なります。

もちろんすべての植物にはお世話が必要ですが、その中でも簡単な世話で良いものやかなりの手入れが必要なものなどがあります。ですので、今のライフスタイルに合った植物を選ぶ事をお勧めします。

入念な手入れが必要な植物を忙しい時に買ってしまうと、枯らしてしまったり、病気にかかってしまったりと、せっかくのリラックス効果のある植物がストレスの原因になってしまう事もあります。

ご自分の忙しさ、ライフスタイルをよく考え、それに合った植物を選ぶようにしましょう。

仕事の後によく出掛けられる方は、植物を買ったからと言ってその普段のスケジュールを変える必要はありません。

普段出掛けているのに、植物を買ったから遊びに行けないなどとライフスタイルを変えてしまうと、ストレスになりかねませんので、是非簡単な世話で済むような植物を育ててみて下さい。

ハンギングプランターをデザインする

ペットボトルを使ったハンギングプランター

ハンギングプランターをどうデザインするかと言うと難しく聞こえるかもしれませんが、どうプランターを掛けるかと言う事です。どんなプランターを使い、どの様な土を入れ、それをどう壁に掛けるかはあなた次第です。

ハンギングプランターのデザインを決める時には、さまざまな事を考えなければなりません。

家にある家具、部屋のレイアウト、天井の高さ・・・これらの事を踏まえつつ、どのようなプランターを設置するか考えてみましょう。

植物は成長しますので、ある程度周りに余分なスペースがあるところに設置すると良いかもしれません。低い天井から植物を吊るすなど、スペースに余裕がない所は避ける事をお勧めします。

また、水のやり方も考えなければなりません。じょうろであったり、水耕栽培であったり、霧拭きで水をやったりとさまざまな方法があります。どの水のやり方があっているかは、まずどんな土を使っているかを考える必要があります。というのも、土の水に対する浸透性によって、必要な水の量が変わってくるのです。

ガーデニングは、リラックスする事のできる素晴らしい趣味です。続けていくのにも非常に簡単な趣味と言えるでしょう。ですが、きちんと事前に調べてから始めないと植物を枯らしてしまったりして、残念な結果になってしまう事があります。

今回ご紹介した内容をもう一度確認して、是非ガーデニングを始めてみてください。注意点に気を付けていれば、美しい植物を育てる事が出来ます。