鼻血の自然療法

· 3月 15, 2016

鼻血は一般的な症状ですが、しばしば最悪のタイミングで起きるものです。また、鼻血が出ると、実際よりも深刻な症状のように思えることがありますが、たいていの場合は鼻にできた傷か、アレルギー、その他の鼻の血管に影響する問題によるもので、深刻な問題の現れである場合はめったにありません。この記事で、鼻血に対処するいくつかの方法を学びましょう。

一般的な鼻血の原因

鼻血-女性

鼻血は、鼻の粘膜が乾燥し、硬くなって裂けることで起こります。これは粘膜が薄くなり、血が固まりにくくなっている老人にも起こりやすい症状です。

その他の一般的な原因は次のようなものです:

  • 副鼻腔炎
  • 鼻を強くかみすぎる
  • 鼻の中に傷ができる
  • 湿度が低い
  • 鼻アレルギー
  • 高山病
  • 薬の服用
  • カルシウムの不足
  • 高血圧

鼻血の止め方

氷

鼻血が出たときに、最初にすべきことは、まっすぐ座ってから少し前かがみになることです。まっすぐな姿勢は血管にかかる圧力を軽減しますし、少し前かがみになることで、喉に血が流れ込むのを防ぐことができます。また、次のような方法も試してみましょう:

  • 塩水:: 一つまみの塩をコップ1杯の水に溶かし、スポイトなどを使って鼻腔に入れてください。
  • レモン:または、1、2滴のレモンの果汁を鼻腔に入れてください。
  • 酢:減菌ガーゼを酢に浸したものを、10分間鼻に入れておくことも良い方法です。
  • 冷たい布:冷たいタオルなどを鼻の付け根に当ててください。これは血管を収縮させ、血流を止めるのに役立ちます。
  • 氷:氷を当てることも、鼻血を止めるために効果的な方法です。数分間鼻に当てましょう
  • 濡れタオル:濡れタオルを額に当てることも、鼻血を抑える効果があります。
  • 鼻をかむ:血のかたまりを取り除き、鼻の通常の機能を回復させるために、優しく鼻をかみましょう。

鼻血を予防するためのヒント

ビタミンC

もし鼻血の厄介な問題をを予防できるなら、それに越したことはありません。予防のためのいくつかのヒントをご紹介します:

  • もし現在鼻血が頻繁に出ているか、以前に頻繁に出たことがあるなら、一日にコップ8杯の水を飲んでみてください。これは鼻腔の湿度を保つのに役立ちます。
  • エアコンの過剰な使用を避けてください。エアコンは空気を乾燥させ、鼻血を出やすくします。
  • 鼻腔に少量のワセリンを塗るか、塩水をスプレーしてみましょう。これは鼻腔を保湿する効果があり、副鼻腔炎や風邪のときは特に効果的です。
  • 鼻を強くかみすぎないようにしてください。
  • ビタミンEを鼻腔に塗り、保湿するのも良いです。コットンボールにビタミンEオイルを少量取り、鼻腔に入れてください。
  • 毛細血管壁を強くするために、ビタミンCをたくさん摂ってください。また、ビタミンCは、鼻腔の湿度を保ち、粘膜を保護するコラーゲンの、重要な構成物質でもあります。

診察を必要とする場合

鼻血が、何らかの異常の現れであることはめったにありません。しかし、はっきりとした原因もわからず頻繁に鼻血が出る場合は、 白血病や血液疾患などの重大な病気を見逃さないように、必ず医師に相談してください。

出血が20分以上続く場合や、多くの血液が失われた場合、または怪我による鼻血の場合も、すぐに診察を受けましょう。