肌のコンディションを整える/自家製化粧水5

· 4月 7, 2016
自分で化粧水を作れば、肌のpHバランスを乱す人工的な原料を使う必要がありませんし、アレルギーや副作用のリスクを避けることができます。

現代の生活には肌の健康を損なう要因が溢れています。誤った食生活、大気汚染、紫外線、水分不足、メイクアップ商品などです。

今日の記事では、化学物質の入っていない自家製化粧水を利用し、加齢を始め様々な肌トラブルに対処する方法について見ていきます。今日ご紹介する自家製化粧水はニンジン、キュウリ、レモン、酢など天然の原料を使ったものです。

化粧水を使うべき理由

シワやシミ、生活の疲れなどが感じられない肌を保つには、年齢を重ねると共に、肌のケアを念入りに行わなくてはいけません。

肌の保湿を毎日行う人は多いと思いますが、まずその前に化粧水で肌を整えることが必要です。

化粧水は1日2回使いましょう。

  • 朝、冷たい水で洗顔した後に化粧水を使いましょう。その後、保湿します。
  • 夜、寝る前に化粧水を使います。化粧水を使う前にはメイクを全て落としましょう。化粧水の後、お好みで保湿をしましょう。

アルコールフリーの天然素材の化粧水を使うことや肌に刺激を与える成分の入っていない化粧水を使うことが大切です。肌に刺激を与える成分が入った化粧水は、肌本来のpH値を変えてしまい、毛穴から有害な物質が入り込むのを許してしまいます。最終的には肌には、生活の疲れやシワ、シミができてしまうこととなります。

ニンジン

keshousui ninjin

健康的で自然な褐色に日焼けをしたいと考えているなら、ニンジンを使って作った化粧水を使いましょう。ニンジンは、βカロチンの効果で肌のトーンを均一に保ち、肌の調子を上げると同時に、紫外線のダメージから肌を守ります。

ニンジンは肌の外側からだけでなく、体の内側からも働きかけるダブルの効果があるトリートメントだと考えてください。

毎朝、朝食前にニンジンのスムージーを作って飲み、肌にもそのスムージーを少し塗布すると良いでしょう。

キュウリ&レモン

keshousui kyuuritominto

キュウリとレモンで出来た、この100%ナチュラルな化粧水は、飲むこともできます。

中サイズのキュウリ1本とレモン1/2個を使います。オーガニックであれば皮を剥かずに使いましょう。

キュウリは水分が多く含まれ、リフレッシュ効果があるだけでなく、肌を洗浄し滑らかにします。寝起きの重い瞼や浮腫んだ顔に使うと良いでしょう。

レモンには洗浄作用がありますので、ニキビやシミなどに悩む人にオススメです。

アップルサイダービネガー

keshousui ringo

アップルサイダービネガーを使った化粧水は、多くの女性に愛されてきた秘策です。

必要なものは上質のアップルサイダービネガーだけです。ビタミン、ミネラルを失っていないオーガニックで、殺菌されていない商品を選びましょう。この化粧水はお手頃な価格であるだけでなく、肌に驚くほどたっぷりと栄養を与えてくれます。

酢は酸性で、また人間の顔の皮膚もわずかに酸性pH(4.2〜5.6)です。肌の乾燥を防ぎ、生活による疲れなど微塵もない生き生きとした肌にするには、この酸性度を保たなくてはいけません。

作り方

  • アップルサイダービネガーと水を1:4の割合で混ぜます。
  • 酢の独特な香りは数分で気にならなくなるでしょう。

ローズウォーター

ローズウォーターはバラの花びらからの抽出物です。とても女性的でロマンチック、うっとりする香りがします。肌には弾力と活力を与えてくれます

ローズウォーターは収斂性のある化粧水ですので、毛穴の開きを抑え、余分な皮脂や肌の赤みなどを取り除きます。また、肌のリフレッシュしてバランスを整え、柔らかくします。

ローズウォーターは自然派製品関連やアロマ関係のお店で販売されています。

ローズマリー

keshousui roozumarii

ローズマリーには肌の循環と見た目の美しさを促す効果があります。ローズマリーでできた化粧水は古代から伝わる美の魔法とも言えるでしょう。

以下のどちらかの方法でローズマリー化粧水を作りましょう。

  • 新鮮なローズマリーを細かく刻み、水とアップルサイダービネガーを1:1で合わせた液に入れます。
  • 小さじ2杯(10ml)の水にローズマリーエッセンシャルオイルを15滴加えます。

作った化粧水を肌に塗布する前には、必ずよく液を振って混ぜましょう。小さめのスプレーボトルなどに入れておくと便利です。