グリーンプランテインの持つ7つの健康効果

7月 3, 2017
フルーツベジタブルとも呼ばれる緑のプラインテインにはカリウムが豊富に含まれているため、健康促進に効果のある食品です。

プランテインは主に南米で食べられますが、その調理法は、茹でる、焼く、そして揚げるなど様々で、多くの料理に使われる万能な食品です。また食物繊維、カリウム、ビタミンC、βカロチン、ビタミンB6そして鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

プランテインにはエネルギーの向上効果をはじめとする豊富な健康効果があります。

本記事ではプランテインの持つ健康効果を7つご紹介します。

1. 心拍数の正常化

カリウムは血圧を正常化し、心臓の鼓動を乱す原因となるダメージから心臓を守る働きがあります。そのためカリウムが豊富に含まれる緑のプランテインは心拍数の正常化に効果を発揮します

成人が一日に必要とするカリウム摂取量が4700mgなので、約400mgのカリウムが含まれている中サイズのプランテインは、素晴らしい供給源となります。

また子供の推奨摂取量は3800mgから4500mgです。

 

2. 胃炎をはじめとする胃の健康問題を改善

緑のプランテインには、胃粘膜を保護する働きのあるデンプンが豊富に含まれています。そのため、以下の病気を発症している時には特におすすめです。

ただし、これらの病気の予防や症状の改善を目指してプランテインを食べるときは、プランテインを揚げる調理法は避けてください。

プランテインを揚げる時に使う油がプランテインの効能を無駄にするため、プランテインを茹で、オリーブオイルと少量の塩で味付けして食べる方法が一番おすすめです。

 

3. 腸の病気を撃退

プランテインに含まれるでんぷん質は、直腸の機能を改善する腸内細菌にとって大切な発酵性食物繊維です。プランテインを食べることで腸内フローラを正常に保ちます。

抗生物質などを処方され、処方された量を飲み終えた後は、腸内フローラが弱っているため、プランテインを積極的に食事に取り入れてください。

また、クローン病や大腸炎を発症している時にもプランテインは効果的です。

 

4. 免疫システムの向上

プランテインにはビタミンB6が豊富に含まれているため、免疫システムの機能を正常化するのに重要な役割を果たします。特に高齢者の免疫システムに効果を発揮します。

加齢と炎症が原因でトリプトファンが退化し、様々な疾患を発症します。そのため健康維持のためのビタミンB6の摂取は欠かせません。

ビタミンB6は水溶性なので、プランテインを蒸すことで、その栄養素をできる限り保持します。

5. 血圧値の正常化

カリウムは関節炎や筋収縮、特に心臓の筋収縮に効果があります。つまり高血圧の症状の軽減には、カリウム、マグネシウム、そしてカルシウムの摂取量を増やすのが効果的です。

プランテインにはカリウムとマグネシウムが豊富に含まれているため、高血圧の予防や症状の軽減に効果を発揮します。

ただし、すでに高血圧を治療するための処方薬を服用している方は注意が必要です。これらの処方薬にはカリウムが多く含まれていることがありますので、必ず医師に相談の上、プランテインをお試しください。

 

6. コレステロール値の低下

プランテイン200gには、コレステロール値を低下するのに効果的なたんぱく質が5g含まれています。

ガン、肥満、2型糖尿病、そしてこれらに関連した病気などの予防や症状の緩和に効果を発揮します。

 

7. 肥満の予防

プランテインに含まれているデンプンの効果で、食後の満腹感が持続します。またプランテインは低脂肪の天然食品ですので、減量を目指している時には、適量を食事に加えてください。

ただし、炭水化物も豊富に含まれているので、あくまでも「適量」の摂取を心がけてください。茹でる、潰す、そして蒸すなどの調理方法がおすすめです。

 

プランテインを食べる時の注意点

緑のプランテインは、健康促進に効果的な食品ですが、肝臓や腎臓の疾患や問題を抱えている方にはおすすめできません

腎臓がダメージを受けている時にカリウムを大量に摂取すると消化できなくなり、高カリウム血症の原因となり、以下の症状を引き起こします。

  • 過呼吸
  • 吐き気
  • 弱い脈拍
  • 心臓への深刻なダメージ
あなたへおすすめ