50歳以下の女性にストレスは禁物

5月 30, 2017

ストレス、それは私達が毎日向き合わなければならない敵です。ストレスが大きくなったり、いっぱいいっぱいになってしまうと体そして心のバランスを崩す事もあります。

ストレスは、もちろん男性にも女性にもリスクがあると言われていますが最近の研究である事が分かってきました。

50歳以下の女性は、ストレスが原因で心疾患を起こす可能性が高いというのです。

これは非常に重要なことで、特に今まで心臓発作は高齢の男性に多い思われていましたが、こうした新たな事実が明らかになってきたのです。

現代の女性はストレスに弱いと言われています。ストレスをうまく扱う事ができず、体が何らかのサインを出した時も気付かない、または無視をしてしまう事が多くあります。

ストレスからくる体の症状を疲れているだけと言って重要視しなかったり、「病院に行ってる暇なんてない」と言って医師の診療を受けずじまいにしたりします。

何が自分にとって本当に大切なのか、考え直さなければなりません。もっと自分自身の事を優先してストレスが自分の体に出しているサインを見逃してはいけません。

日常化している毎日の小さなストレス

根本の問題はここにあるのかも知れません。少しずつ小さなストレスが繋がり大きなものに成長します。ところが、私達はこれを普通の事だと思ってしまっているのです。

ストレスの多い仕事をしている人達は、何が問題なのかを特定する方法を知っています:目標達成に伴うプレッシャー、上司の期待に応えなければならない、同僚との競争など毎日多くのストレスと向き合っています。

女性に関してはほとんどの場合、数々の小さなパズルのピースが繋がり合いそして大きく複雑な地図が完成してしまうものです。

恋人のこと、家族のこと、仕事、介護、勉強など毎日こなさなければならない事がどんどん増えてゆきます。

もちろん、男性が同じような問題にぶつからない訳ではありませんが、平均的に、家族、友人などの社会的関係、仕事などが30代から50代の女性に肩に大きくのしかかってると言えるでしょう。

ヘルス誌に掲載された研究では、次のようなことが分かりました。

女性の心臓とストレス

この研究は、エモリー大学の医学博士ヴィオラ・ヴァカリーノ疫学教授によって行われました。

  • さまざまな病院で700名の男性と女性を調査したところ、著しい違いが発見されました。
  • 女性は自分にストレスがかかる状況に直面すると男性とは違う反応を見せました。女性の心臓へ流れる血液の量が少なくなったのです。これは男性の4倍の確率でした。
  • この問題は目を背けてはいけない問題です。流れる血の量の減少は、心筋虚血を起こしそれが心臓発作へとつながるのです。

ヴァカリーノ博士は、30歳から50歳の女性にストレスから来る心臓発作のリスクが高い事も発見しました。このリスクのピークは、45歳から50歳の間にやってきます。

若いから心臓疾患にはならないというわけでありません

私達はいつも行動的で若いと、心臓病を起こさないのではないかと思いがちです。

  • この研究によると、心臓病になる確率の高い女性たちは一人で全て家事をしているなど家で大きな責任を負っている女性たちでした。
  • 同じように家族の世話をしたり、いくつかの仕事を掛け持ちしていたり、小さな子供がいる事も心臓病のリスクをあげるという事も判明しました。
  • 本当に問題なのは、女性たちがこのライフスタイルに慣れてしまっているという事です。ストレスは、彼女達の生活の一部になってしまっているのです。

家に帰るとどうして頭が痛くなったり、苦しくなったりするのか原因を見つけるなんて後回しになってしまっています。更に悪いことに、他の人にはちょっとした事でも病院に行く様に勧めるにも関わらず、自分の事になると病院に行く事すら考えない事です。

それでは、いけません。ストレスを人生のパートナーとして受け入れるなんて決してしてはいけない事なのです。ストレスは、遅かれ早かれあなたの命を奪いかねないのです。

ストレスと向きあい、生活の質を向上させる

この研究を発表した研究者達は、心臓の為に何かするだけではなく、自分のを大切に思いケアをすることが一番大切だと言っています。

  • 自分の体をケアしましょう。慢性的な首またはの痛みはきちんとした、診断が必要な場合があります。時には、心臓関係の疾患が隠されている事があります。
  • 運動をしましょう。一日一時間有酸素運動をするだけでも十分です。
  • 自分できちんと制限をして、どれだけできるのかはっきりさせましょう。
  • 少し休んで、自分の為に時間をとる事も大切です。感情を外に出して、あなたを笑顔にして成長させてくれるような人に囲まれるようにしましょう。
  • 定期的に医師の診察を受ける事も大切です。
  • どれだけ若くても、血圧、コレステロール値には気を付けましょう。

健康に気を使う事に早すぎる事なんてありません。手遅れになる前に今日から始めましょう。

あなたへおすすめ