フケのナチュラルな対策法

1日30分程度日光を頭皮に当てることはフケによる炎症を和らげる効果があります。

フケを引き起こす原因は、脂肪分の過剰排出、ストレス、アレルギーなど様々です。今回は、自然な素材を使ったフケ対策をご紹介します。

フケとは、古くなった細胞や皮の小さなカスが頭皮上にぼろぼろと現れるものです。乾燥が原因だと考えている人が多いですが実際には違います。

全てのタイプのフケに効果がある対処法があるわけではなく、どういうタイプのフケを発症しているかによって変わってきます。ここでご紹介する方法は、脂肪分の過剰排出によって発症しているフケに効果的です。ある種のカビや細菌によって発症しているタイプのフケなら専門医の診断を受ける必要があります。

 

セロリ

serori

 

セロリ食品の中で一番と言っていいほどフケに効果があります。1ℓのお湯を沸騰させ、沸騰し始めたところで2、3本のセロリを葉ごと入れます。そのあと5分ほど煮立たせたら、最後に冷ませてシャンプーの前に頭皮に塗ってください。

 

レモン

レモンもフケによく効く食材です。レモンの搾り汁を頭皮に塗ってください。シャンプーの前に塗って2分ほど放置します。収斂効果のおかげでフケの発症が防げます。

 

赤ビーツ

akabi-tsu 3

この赤ビーツの根を沸騰させた水で茹でます。割合は水3、赤ビーツの根1の割合です。そしてこの液体を毎晩指の腹で軽くマッサージしながら頭皮に塗ってください。

 

リンゴ酢

フケを防ぐには、リンゴ酢も効果的です。カップ1杯分のリンゴ酢とそれと同じ量の水を混ぜるだけです。これをシャンプーとリンスを使った後に頭皮に塗って3分ほど寝かせてください。最後は水でしっかりすすいでください。

 

タイム

taimu

 

スプーン3杯分のタイムの葉を水に入れて10分ほど沸騰させて下さい。十分に冷ましたら、頭皮に少しずつ塗ります。ここで大切なのは、それを使って頭皮を洗うのではなく、清潔な状態のときに頭皮に塗ることです。

 

太陽

ちょっと信じられないかもしれませんが、太陽はフケに効果があります。専門家たちは、頭皮を1日30~40分日光にさらすことで、フケを発症している頭皮の炎症が和らぐと示唆しています。しかし、無理やり頭皮を日光にさらすのはよくありません。散歩などの外出で日光を適度に浴びましょう。