婦人科医に聞くべき6つの質問

女性の身体の機能や働きには個人差があります。病気などの疑いがあるときや不安を感じる時は、他人の意見に流されず、婦人科医の診断を受けることが大切です。

現代社会では、婦人科医の定期検診を受けている人や相談できるかかりつけの婦人科医がいない人が多いため、婦人科系の病気を発症するリスクや望まない妊娠のリスクが高まります。

また性や性生活に関する正しい知識がないまま、性行為を始める若い女性が多い言われていますが、避妊をしない性行為の危険性を理解して、様々な性行為に関する疑問や懸念を解消するような、正しい指導を受けることが大切です。

婦人科医は、性行為のリスクや正しい知識を提供し、望まない妊娠や性感染症を予防するだけではなく、場合によっては月経周期を正常化するのにも役立ちます。

信頼できる婦人科医がいることは女性の毎日の生活や人生において大切です。

婦人科医はあなたに何をすべきか、最善の手段を伝えるだけでなく、感染症をはじめとする膣内の痛みや、乳腺の痛みを診察し、ガンの検診やガンの切除などを行う医師です。

婦人科医の定期検診を受けない人には、婦人科医が怖い、恥ずかしい、または値段がわからないなどの複数の理由がありますが、性生活をはじめとする自分の体の働きを理解して、コントロールするためにも婦人科医という専門家の診察を受けることが大切です。

婦人科医の検診では、性行為に関する質問だけではなく、月経周期、避妊または膣からの分泌物からなどに関する質問から、不妊に悩んでいる人は妊娠する方法まで、あらゆる種類の心配を婦人科医に相談することができます。

本記事では、婦人科医の診察において質問すべき事柄をまとめてご紹介します。これで婦人科検診を恐れず、全ての疑問を解決することができます。

 

婦人科医に聞くべき6つの質問

婦人科医の定期検診を受けるときは、質問があればすべて医師に聞いて疑問や悩みを解消することが大切です。

女性の体には個人差があり、病気の症状や健康状態は様々ですが、婦人科医は各個人に合う適切な診断を行い、指導を行います。

悩みや心配事を取り除き、健康維持を促進しましょう。

1. 経口避妊薬は効果的ですか?

経口避妊薬

これは誰もが持つ大きな疑問や恐怖心の一つです。基本的に、新しい避妊方法を始めると、不安感や恐怖、そしてその効果への不確実性が生じます。

最近までは経口避妊薬が最も多く処方された避妊薬でしたが、現在では医学の進歩とともに、何百もの避妊方法があります。その中で、医師が処方する薬は安全ですが、何か疑問があればしっかりと質問してください。

医師の処方を受けずに自己判断で避妊を行うと健康に悪影響を及ぼすため、避妊薬の副作用や、自己診断による治療による症状の悪化を防ぐためにも、婦人科医による定期検診や診察は欠かせません。

2. 子宮内避妊用具であるIUDとペッサリーの長所と短所は?

子宮内装置(IUD)は、一般的な避妊方法の1つで、子宮内に装着する小さな器具を指します。

この方法は一度装着すれば、数年にわたり避妊が可能ですが、年に2回程度、婦人科医による経過観察が必要となります。

特に出産経験があり、長期の避妊を望む女性に適しています。

ただしこれらの装置が正しく機能するか、そしてどのように反応するかには個人差があります。

避妊具を装着する前に、婦人科医に相談して、自分の体に合う避妊具を選ぶことが必要です。

3.  乳房の痛みとは?

乳房の痛み

 

多くの女性が、乳房の痛みを経験したことがあるのではないでしょうか?

痛みの原因は様々ですが、月経周期または妊娠の前、または月経中や妊娠中に経験することが多い、胸または乳腺の軽度、中程度、または強度な痛みを指します。

月経周期や妊娠中に起こる痛みは一般的ですが、痛みが非常に強い場合は医師の診察を受けることが大切です。場合によっては医師から鎮痛剤を処方されることもあります。

こちらの記事もご参考に:  乳がんについて知っておくべきこと

4. 膣からの分泌物は普通ですか?

オリモノと呼ばれることもある膣からの分泌物は、膣を通る体液による分泌物で、その 色(白、黄、茶色)によっては、完全に正常なものや感染症や病気の徴候であるものに分かれます。

膣からの分泌物は、死んだ細胞、体内の細菌または粘液の分泌にすぎず、平均的な女性は、一日に1〜4mlの分泌物を産生します。

これは膣内に潤い与えて、膣をきれいに保つのに役立ち、感染症の恐れのない分泌物です。色が白または透明の分泌物は完全に正常です。逆に、感染症が原因である細菌および真菌によって産生される分泌物は異常なほど黄色いため、見分けがつくでしょう。

また茶色たは同様の色である場合は、間も無く月経になることを示していますが、そうでない場合の茶色の分泌物が出るときは、直ちに婦人科医に行くことをお勧めします。

5. どうしたら妊娠できますか?

妊娠するためには

長期にわたって妊娠を望んでいるのに妊娠できないカップルがいます。現在では不妊に悩み、イライラを抱える人も少なくありません。

もしあなたが不妊に悩んでいるならば、婦人科の検診を受け、不妊の原因を突き止めることが大切です。

また、女性側に問題があると考えられがちな不妊ですが、適切な診察を受けると約40%が男性側に問題があると判明します。

さらに婦人科で適切な指導を受けると10~15%妊娠の確率が上がることが明らかになっています。

6. 月経周期を正常に保つためにはどうしたらいいですか?

月経周期を正常に保つ

月経周期が他の月経周期と同じではない、つまり月経周期が不規則な生理不順に悩む女性は多いと言われています。

一般的に月経周期は28日であり、排卵は月経の初日から14日目に始まります。

妊娠を望んでいない限りは、生理不順はさほど問題ではありませんが、妊娠を望んでいる場合には、正確な排卵日がわからないことは不妊の一因となります。

こちらの記事でさらに詳しくご覧ください:月経カップについて知っておくべきすべてのこと

生理不順の女性のサイクルは、21日から40日までさまざまです。そのため婦人科医は、この月経周期を正常化するための避妊薬、通常は経口避妊薬を処方し、月経周期を28日にするような治療を開始します。

今回ご紹介したように、婦人科に行く理由はたくさんあります。女性は自分のデリケートゾーンのお手入れやその機能に関しても、しっかりと理解する責任があります。

これまで一度も婦人科検診を受けたことがない方や、最近検診から足が遠のいている方は、性生活、月経周期、病気に関する疑問を解決し、生殖器系の定期的な検査を行い、自分の体をより深く理解するためにも、その第一歩を踏み出してください。

あなたへおすすめ