炎症が現れる感染症:口唇ヘルペスの特徴と治療法

口唇ヘルペスは、治療が必要な伝染性感染症です。唇、歯茎、口をはじめとする様々な場所での水疱が最も特徴的な症状です。
炎症が現れる感染症:口唇ヘルペスの特徴と治療法

最後の更新: 28 4月, 2021

口唇ヘルペスは、唇、歯茎、または口など、様々な場所で発症する感染症です。単純ヘルペスウイルスがこの感染の原因であり、1つまたは複数の水疱や病変が起こります。

一般的には、2つのヘルペス株があります。

  • HSV-1:ヘルペスを引き起こすウイルス
  • HSV-2:性器ヘルペスを引き起こすウイルス

BMJ Clinical Evidenceの文献によると、成人の20%から40%が人生のどこかの時点でヘルペスウイルス影響を受けています。ただし、ほとんどの一次感染は通常小児期に発生し、ウイルスは三叉神経節で休眠状態になっていると考えられています。

なぜヘルペスを発症するのか?

ヘルペスウイルスは体内にとどまります。したがって、最初の感染の症状を克服したとしても、何かが引き金となり再び症状を引き起こします。

また、このウイルスは感染源との接触で簡単に広がります。そのため、かみそりの刃、タオル、口紅など、感染した場所に接触した可能性のある物の使用は避けなければなりません。

世界保健機関(WHO)によると、世界中でこのタイプのヘルペスに感染している50歳未満の人口は約37億人だそうです。ただし、口唇ヘルペスは遺伝性ではないことを覚えておきましょう。

感染症 口唇ヘルペス 特徴 治療法


危険因子

以下のような特定の要因がこのウイルスの出現を促進する可能性があります。

  • 免疫システムの機能の低下
  • HIV / AIDSなどの自己免疫疾患
  • 重度のやけど
  • 化学療法治療
  • 移植拒絶反応を防ぐための薬物治療

こちらの記事もどうぞ:ヘルペスを早く治す家庭療法

ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの症状には軽度から重度があり、中には無症候性の人もいます。通常、最初の症状は感染から約1〜2週間後で現れ、症状は通常約7〜15日続きます。

最も一般的な症状は次の通りです。

  • 病変部のかゆみ
  • 灼熱感
  • 水ぶくれの出現(通常唇の周りに発症)
  • 唇の近くの領域のうずき(通常は水ぶくれがの発生前)
  • 唇の腫れ
  • ジクジクした患部やかさぶた
  • 喉の不快感またはリンパ節の腫れ
口唇ヘルペス 特徴 治療法

口唇ヘルペスの治療には、抗ウイルスクリームまたは全身薬のいずれかを使用します。症状は通常7日から15日続きます。

なぜ口唇ヘルペスを発症するのでしょうか?

口唇ヘルペスを発症する要因は数多くありますし、このウイルスに最初に感染してからしばらくして再び発生する可能性もあります。通常、口唇ヘルペス感染症を発症するのは次のような原因が考えられます。

  • 免疫力の低下
  • ストレス
  • 過度の日光浴
  • 月経
  • ホルモンの変化
  • 発熱

ヘルペスを検出するための検査

ヘルペスが再発して、水疱や病変が多く発症した場合、または病変が通常よりも大きい場合、医師はさまざまな検査を行います。ただし、最も一般的なものは、初期段階での水疱のウイルス培養です。

治療方法

口唇ヘルペスの治療は2種類あります。

  • 局所治療:抗ウイルス軟膏を患部に直接塗布する治療法です。一般的には、不快感など最初の兆候が現れた時に適用すると効果的な治療法です。
  • 投薬:場合によっては、全身レベルで治療を行う必要があります。次に、医師は同じ種類の抗ウイルス薬を錠剤の形で口から摂取します。最も一般的に処方される薬は、アシクロビル、ファムシクロビル、およびバラシクロビルです。

医師はまた、不快感を和らげるために鎮痛剤などの治療法を処方します。ただし、薬以外にも口唇ヘルペスを改善または回避するためのヒントがあります。

  • ヘルペスを発症している可能性のある人と何か道具や物を共有しないようにしてください。
  • 乾燥予防に、リップクリームを使用してください。
  • 健康的な食生活を維持しましょう。
  • 口唇ヘルペスがあるときは他の人にキスしないでください。

結論

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる伝染性の高い感染症です。最初の感染は通常、小児期に発生しますが、さまざまな要因により成人期に再発する可能性もあります。したがって、ヘルペスを寄せ付けないために抗ウイルス剤が必要になります。

それはあなたに興味があるかもしれません...
口唇ヘルペスって/どうして再発するの?
みんな健康Read it in みんな健康
口唇ヘルペスって/どうして再発するの?

単純ヘルペスウイルスは、なんらかの引き金によって活性化され、症状が現れます。人によっては、ウイルスが不活性状態のままで症状が現れない場合もあります。