デュカンダイエットは肥満に効果的?

1月 28, 2018
デュカンダイエットの持つ問題点は、ダイエットを実行する患者の多様性を考慮に入れずに作られた一般論のみを記載したダイエットだという点です。デュカンダイエットの効果には極端な個人差があるのはそのためです。

デュカンダイエットの「魔法」のような効果を耳にしたことはありますか?

フランス発のデュカンダイエットは、運動をせず、自分の好きなもののほとんどを食べながら減量できると、ハリウッドなどで大人気のダイエット法です。

ただしこのダイエットは、試した人の80%には効果が現れず、特に肥満の人には効果がないと言われています。

本記事で詳しくご紹介します。

デュカンダイエットの評判

減量

フランス人であるデュカン博士は、彼が考案した奇跡的な効果を上げるダイエット方法に関する本を数冊出版し、すべてが成功を収めました。ヨーロッパの中でもスペインでは、50万部以上の売り上げを記録した「ベストセラー」です。

しかしデュカン博士のダイエット方法は「詐欺的で違法なダイエットであり、減量に役立たないどころか、それを実践した人を危険にさらす」と判断したスペイン食品医薬品局(AESAN)により調査が実施されました。

女優ペネロペ・クルスがデュカンダイエットを実施して、息子を出産後すぐに体重を減らすことに成功したという話が広まり、このダイエットが爆発的人気となりました。またデュカン博士は、自著をケイト・ミドルトンにも送ったとも言われています。

こちらの記事もご覧ください:ダイエットを始める前に覚えておきたいこと

デュカンダイエットは肥満に効果があるのか?

肥満

「デュカンダイエットは、肥満に悩む人のための完璧なダイエットだ」と主張する人もいれば、ただ数キロの減量効果のみ期待できると考える人もいます。デュカンダイエットは、「リバウンドのない健康的で一生続けられる生活習慣を身につけること」を宣伝文句としていますが、その効果に対する意見には個人差があります。

ある研究者グループは、デュカンダイエットを試した5000人を調査しました。

ダイエットを開始してすぐは、ほとんどの人がこのダイエットを効果的だといいいますが、その後、以下のことが報告されました:

  • 1年以内に減らした体重が全てリバンドした人:35%
  •  1年後に最初の体重までリバウンドした人:48%
  • 2年が経過した後、デュカンダイエット開始前よりも体重が増えた人:64%
  • 3年が経過した時にダイエット開始時の体重を超過した人:70%
  • 4年が経過した時にダイエット開始時の体重よりも体重が多かった人:80%

「期待したような結果が出ない時は、このダイエット方法にしっかりと従わなかったからです」

デュカンダイエットはこのような言葉を使い、このダイエットが成功しなかったのはダイエット方法に問題があるのではなく、ダイエットを行った人が、その方法に従わなかった結果だと言います。

60%の人が、デュカンダイエットは最初の段階が大変すぎて、ついつい他の食品を口にしてしまい減量効果がなかったと話しています。また、他の食品を口にしただけではなく、最初の段階で何かを食べてしまったという罪悪感が、このダイエットを失敗へと導きます。

デュカンダイエットを実行して成功した人も、すぐにリバウンドをしてしまうため、一度美しくなった自分とリバウンドしてしまった自分の間で悩み、うつ病や自尊心の低下に悩んでいると言われています。

また創設者であるピエール・デュカン博士は、肥満ではなく標準体重から数キロ重いだけの人も「病んでいる」と定義しています。

体重計を持つ肥満の女性

世界保健機関(WHO)が、肥満を慢性疾患と定義した1997年の発表がありますが、 残念なことにデゥカン博士は、細身ではなくても肥満ではない人までも、基本的に問題があると主張します。

肥満またはオーバーウエイトの人は、デュカンダイエットで月に平均数キロの減量に成功する可能性があると推測できますが、極端な点を考慮に入れると、デュカンダイエットに従うためには食べ物の消費量を絶対的に減らす必要があります。

減量を目的としたダイエットを行うとき、デュカンダイエットよりも効果的で健康的な食事方法があります。

精製された小麦粉、砂糖、そして脂質の消費量を減らし、果物や野菜の摂取量を増やすと、体内の脂肪が溶けます。そして運動を継続しながら、喫煙や飲酒などの悪習慣を改善することが減量につながります。そしてゆっくりと健康的な方法で行うダイエットはリバウンドのリスクが少なく安全です。

 

リバウンドのリスクの高いダイエット方法を試しても、全ての体重が戻ってしまっては意味がありません。ゆっくりと健康的に体重を減らしていく方法を理解して実施することが大切です。

スペインにあるナバラ大学のシルヴァ博士は、デュカンダイエットに関して、この方法に従ったとしても、高い効果を発揮する保証はないと考えています。

 

創設者のデュカン氏は、病院や栄養士が通常行っているダイエット終了後のフォローアップを全く行わずその責任は取らないという姿勢です。またダイエットを実施した人々が本当にデュカンダイエットを理解しているかどうかについても細かく確認はしません。彼の著書は一般論を書いているだけであり、ある特定の人々に的を絞っているわけではありません。

私たち人間には以下のような個人差があるため、すべての人がデュカンダイエットを成功させられないことは明らかです:

  • 年齢
  • 身体能力
  • 体重
  • 生活習慣や毎日の行動
  • 遺伝要因
  • 疾患

ダイエットを始める時は、まず主治医に相談し、自分のペースで健康的に減量を行う方法を見つけることが大切です。

 

あなたへおすすめ