動脈の健康を改善する9つの食品

8月 13, 2017
コレステロール値のバランスを保ち、フリーラジカルによるダメージを軽減するエクストラバージンオリーブオイルは、動脈の健康維持に素晴らしい効果を発揮します。本記事で詳しくご説明します!

動脈の健康維持には食べ物が重要な役割を果たします。

現在市場には加工食品が多く出回っており、そうした食品を使った食事は肥満や心臓疾患を引き起こしますが、残念なことに多くの人が加工食品が及ぼす害について深く考えていません。

多くの専門家が警鐘を鳴らしているにも関わらず、不健康な脂質や精製された砂糖をはじめとする有害物質の含まれた食事を取る人が多くいます。

動脈を保護し健康を維持するためには、健康的な食事と、本記事でご紹介する9つの食品を食事に取り入れてください。

1.青魚

オメガ3脂肪酸を含む青魚は、体内に吸収されると、動脈に蓄積されるコレステロール値と中性脂肪値を低下させます。

さらにオメガ脂肪酸は善玉コレステロール(HDL)を増加させ、体内の有害な脂質を体外に排出し、アミノ酸と必須アミノ酸が豊富に含まれる魚は炎症や循環に関する疾患を予防します。

週に2回、以下の魚を食べることをお勧めします:

  • マグロ
  • イワシ
  • サバ
  • ニシン
  • マス

2.オリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルは、動脈の健康にも効果的な最も健康的な脂質の一つと言われています。

オリーブオイルに含まれる脂肪酸は、抗酸化成分を含んでいるため、フリーラジカルによるダメージを軽減しながらコレステロール値と中性脂肪値を下げます。

3.ゴマ

心臓の健康に効果があり、減量を促進する効果のある必須栄養素を含むゴマの人気が年々高まっています。

ごまに含まれる必須脂肪酸は、心臓疾患のリスクを軽減しながら、コレステロール値を下げて、心臓の健康を保護します。そのため、ゴマを継続して食べることで、不必要な食欲をコントロールしながら、オーバーウエイトによる動脈硬化を予防します。

4.トマト

トマトに含まれる強力な抗酸化物質であるリコピンには、動脈と心臓をはじめとする循環器系の健康に素晴らしい効果を発揮します。この物質は、動脈壁におけるコレステロールの酸化を軽減しながら、心臓疾患の原因となる炎症を抑えます。

5.生姜

抗酸化効果と抗炎症作用のある香辛料として知られる生姜には、コレステロール値や血圧が高いと言われた時に動脈の健康を改善する働きがあります。

生姜の主成分であるジンゲロールは、血液の循環を活性化しながら、動脈壁にこびりついた脂肪の体外への排出を促進します。

生姜茶として、またはスムージ、スープまたは料理に生姜を加えてその効果をお楽しみください。

6.オーツ麦

「穀類の女王」と呼ばれることもあるオーツ麦は、動脈をクレンズしながらアテローム硬化症などを予防します。

オーツ麦に含まれる食物繊維は、消化機能を改善しながらコレステロールや脂肪の代謝をサポートするため、週に少なくとも3回食事に加えると、動脈をきれいに保ちながら、その弾性を維持します。

7.ブルーベリー

ブルーベリーは、動脈を浄化しながらコレステロールの上昇や動脈の効果を予防する、抗酸化物質や天然の食物繊維が豊富に含まれている小さな果物です。

ブルーベリーには体内のクレンズ効果や、フリーラジカルによるダメージを低下させる効果がありますので、ブルーベリーを継続して摂取すると早期加齢を防止しながら、心臓疾患を発症するリスクを軽減します。

8. ナッツ類

ナッツにはアミノ酸や健康に良い脂質が含まれているため、動脈の閉塞や心臓疾患に関連した病気などを予防します。

空腹感を緩和するナッツ類ですが、それ以外にもコレステロール値をコントロールし、炎症を緩和します。

ナッツのオメガ3脂肪酸は、体内の脂肪を体外に排出して、高血圧や肥満が原因の疾患を防止します。

おすすめのナッツは以下の通りです:

  • ヘーゼルナッツ
  • ピーナッツ
  • ピスタチオ
  • アーモンド

9.イチゴ

イチゴは低カロリーながら抗酸化物質が豊富に含まれている食品なので、循環器系器官の健康維持に効果を発揮します。

イチゴに含まれるビタミンとミネラルが動脈の健康を促進しながら悪玉コレステロールのような蓄積された脂肪を体外に排出し、イチゴの抗炎症効果により、血液の循環を促進しながら血中の有害物質や老廃物を体外に排出します。

食事を改善しながら、今回ご紹介した食品を毎日の食事に取り入れて、動脈を健康に保ちましょう。

動脈関連の病気は初期症状がほとんどないため、入念に予防することが大切です

あなたへおすすめ