ダイエットを始める前に覚えておきたいこと

10月 16, 2017
ダイエットを始める前のアドバイスをお探しですか? 食生活の改善によるダイエットを「辛いお仕置きのようなもの」と考えてはいけません。食生活の改善を中心としたダイエットは、より健康に、そして幸せになるための第一歩です。

本当に効果のあるダイエットを始めたいと考えている方に朗報です!

食事改善を中心としたダイエットに何度も失敗してきた方には特におすすめのアドバイスをご紹介します。

ダイエットを始めるために

1. 強い意志を持つ

ダイエットを始めるかどうかは決めていないけれど、体重を減らしたい、または自分に自信を持ちたいと考えたことはありませんか?

食生活の改善を中心とするダイエットには、強い意志が必要で、これが成功へのカギを握ります。

強い意志を持つために必要なのは「なぜダイエットを行うのか?」を明確にすることです。

自分がダイエットを行う理由を書き出し、目的意識をはっきりと持つことが強い意志の維持につながります。

 

2. ビフォー・アフター写真を撮る

ダイエットを開始しても、最初はその効果が目に見えて現れず、全く変化が見られないと落胆する人もいるかもしれません。

モチベーションを維持するために、まず「ビフォー」写真を撮影することをお勧めします。

写真は、鏡に映る姿よりもはっきりと違いが現れるため、鏡を見るだけではわからない自分の変化が現れ、モチベーションの維持につながります。

 

3. 明確なゴールを設定する

ダイエットを通じて達成したい目標やゴールを明確に設定してください。

筋肉増強を目的とする場合は、たんぱく質の摂取を増やすことが大切なように、食事の改善によるダイエットや肉体改造は、そのゴールによって内容が異なります。

ここでは「現実的」なゴールを設定することが大切です。

ゴールを設定したら、健康的な方法でそのゴールにたどり着く方法を見つけ、継続して行いましょう。

 

4. 同じものばかりを食べない

いつも同じものばかりを食べていませんか?

同じものばかり食べていると食事に飽きてしまいます。

新鮮な野菜や果物、また健康に良いと言われる食材を使って新しいレシピに挑戦するのも、食生活改善の楽しみの一つです。

想像力を駆使したり、インターネットや本を検索し、新しいレシピを楽しみながらダイエットを継続してください。

5. チートデイに気をつける

ダイエット期間中、丸1日だけ摂取カロリーを増量して、飢餓状態を防ごうとする身体を騙して満足させる「チートデイ」という方法があります

海外で人気の方法ですが、この「チートデイ」を間違って理解している人も多く、方法を間違えるとリバウンドなどの原因となり、せっかく頑張ってきたダイエットを無駄にしてしまうリスクがあります。

「チートデイ」には色々な解釈方法がありますが、普段我慢しているもの、例えば甘いものや不健康なものなどを少量摂取しても良いという方法に従う時は、摂取量とどの程度の頻度で摂取するかに気を配る必要があります。

 

6. ゆっくりと噛む習慣を身につける

ゆっくりと噛むことで、次の食事までの満腹感を維持する効果があります

脳が満腹だと感じるまでには、20分必要だと言われているため、ゆっくり噛まず早食いをする傾向にある方は、満腹感を感じる前に、大量に食べてしまうため、最終的にはカロリーの過剰摂取や食べ過ぎの原因となります。

いつもより10分長く時間をかけて食事を終わらせるように心がけてください。

何かをしながら食事をする「ながら食べ」を避けてゆっくりと噛んで食事に集中することで、食後の不必要な食欲が治ります。

 

7. 空腹時に食料品の買い物にはいかない

お腹が空いている時に食料品の買い物に行くのは危険です。

空腹の影響で、冷静な判断力に欠け、不必要なものや不健康なものに手が伸びる傾向があります。

食料品の買い物に出かけるときは、事前に「買い物リスト」を作成し、お腹が満たされている時に出かけることが大切です。

また買い物の直前に軽く何かを食べてから出かけると、誘惑に負けることなく、冷静に買い物を行うことができます。

 

8. 魔法のダイエット法は存在しないことを知る

雑誌の広告などで、あっという間に体重が減る「魔法のようなダイエット」が多く宣伝されています。

しかし実際は長期的に見るとこれらのダイエットは効果がないだけではなく、私たちの体に必要な体液や筋肉の量を減らすことで体重を減らし、最終的にはリバウンドや健康への悪影響が起こるとても危険な方法です。

魔法のようなダイエットはありません。簡単な近道を探すはやめましょう。

 

9. 朝食の重要性を理解する

1日の食事の中でも朝食は最も大切な食事です。

1日に必要なカロリーの20%を朝食から摂取するように心がけ、1日の活力を得られる食事を食べましょう。

1日を元気に過ごすためにも朝食を抜いてはいけません。

朝食におすすめの食品をご紹介します:

  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、バター)
  • 果物
  • ハム
  • シリアルや穀類
  • 新鮮なジュース
  • コーヒー、紅茶、温かいココア

 

10. 水分補給を忘れずに

1日を通じて、水分補給を欠かさないようにしましょう。水分補給をすることで、消化機能を正常化します。

1日に1.5-2リットルの水分を摂取するように心がけてください。水、お茶、また野菜スープなどから摂取するのが良いでしょう

お茶類には、フラボノイドによる抗酸化物質が豊富に含まれているため、ストレスを軽減し、集中力を改善する効果があります。

あなたへおすすめ