ビタミンEのために是非取り入れたい6つの食べ物

8月 23, 2017
鉄分といったミネラルが豊富なことで知られているほうれん草は、体を酸化から守ってくれる抗酸化物質やビタミンEもまた豊富に含んでいるのです。

αトコフェロールとも呼ばれるビタミンEは、その素晴らしい抗酸化効果とヘム色素の合成のおかげで際立ったリポ溶性の栄養素です。ヘム色素は、ヘモグロビンの必須成分です。

体に吸収されると、フリーラジカルによるネガティブな影響から組織を守ってくれる働きをします。

ビタミンEは、加齢が原因となって引き起こされる、ある種の病気の予防に素晴らしい効果があると考えられています。

免疫系を強くするには、ビタミンEがたくさん必要です。組織や細胞を攻撃する病原体と闘うのに必要なのです。

また、”若さのビタミン”としても知られています。これは、ビタミンEの摂取が加齢に負けない、健康的な肌と髪を作り出すからです。

ビタミンEは様々な食べ物に含まれていますので、うまく毎日の食生活に取り入れていきましょう。

今日は、そんな優れた栄養素、ビタミンEを含む食べ物を 6つご紹介します。

1.アーモンド

  • アーモンドはビタミンEを始め、オメガ3といった健康的な脂肪が非常に豊富に含んでいます。
  • アーモンドに含まれる必須ミネラルに加え、これらの栄養素は私たちの体の細胞を良い状態に保ってくれます。また、心臓に関する病気や炎症性疾患のリスクを下げてくれるのです。
  • アーモンド100gにつき、ビタミンEは26mg含まれています。
  • しかし、アーモンドはカロリーがとても高いですので、食べ過ぎには注意しましょう。

2.ほうれん草

ほうれん草のような緑の葉物野菜にはビタミンEがたっぷり詰まっています。体にとって重要な栄養素がたくさん含まれているのに、カロリーは低いのです。

ほうれん草には、信じられないほどのビタミンEが含まれています。

また、抗酸化物質も含まれていますので、酸化的損傷による慢性の病気から体を守ってくれます。

さらに、赤血球の形成を助け、骨や関節を強化する必須ミネラルも含んでいるのです。例えば、

  • 鉄分
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • カリウム

などです。

3.ケール

ケールもまた、加齢の影響から私たちの体を守ってくれる基礎栄養素やビタミンEを豊富に含む野菜です。

ケール1カップには、ビタミンEの1日分の必要摂取量の6〜8%が含まれています。

また、ケールは繊維や必須ミネラルも含んでいます。体に一旦吸収されると、新陳代謝の機能をサポートし、肥満や糖尿病といったトラブルの予防に効果があります。

4.パパイヤ

ビタミンCや食物繊維が非常に多く含まれていることで知られているパパイヤですが、その抗酸化物質はフリーラジカルが私たちの体の細胞や組織に影響を与えるのを阻止しうるとされています。

パパイヤにはビタミンA、カリウム、マグネシウムを始め様々なミネラルが含まれており、体のシステム全ての機能をサポートしてくれます。

パパイヤを日常的に食べることで、命を脅かすような病気や炎症性疾患のリスクが下がるのです。さらに、美肌効果もありますので嬉しいですよね。

5.オリーブ

様々な料理のトッピングによく使われているオリーブですが、実は身体的、認知的健康のどちらにも良い影響があるのです。

オリーブにはビタミンEや基礎アミノ酸が非常に多く含まれています。これらはフリーラジカルの影響を抑える働きをするのです。

オリーブにはまた、関節の健康を促進し、加齢による関節の衰えを予防する基礎脂肪酸が少量ながら含まれています。

6.アボカド

健康的な食生活を送りたいなら、アボカドは欠かせません。その理由は、アボカドにビタミンEが含まれているだけでなく、健康な脂肪酸、ビタミンB群、ミネラルが含まれているからです。

  • アボカドは他のフルーツや野菜と比べるとわずかにカロリーが高いフルーツです。しかし、栄養が非常に豊富なことから、最高の栄養補助食品の一つだと言えるでしょう。
  • 外用としてアボカドを利用することで、肌や髪の健康を促進することができます。特に、老化のサインが見え始めた顔に使うと良いでしょう。

今日ご紹介した食べ物を普段の食生活に取り入れると、健康を維持することができ、結果として、シワなど様々な老化の初期サインを回避することができるでしょう。

あなたへおすすめ