便秘に高い効果を発揮する5つのお茶

11月 3, 2017
今回ご紹介するお茶は便通を促す効果が高く、市販の薬や処方薬を使わず、腸の機能を促進しながら便秘を予防します。

便秘とは、腸の機能が低下した時などに起こる消化器系の問題ですが一般的な症状で、多くの人が便秘に悩んでいます。

便秘は不健康な食生活が原因であることがほとんどですが、中には体内の脱水症状、遺伝要因、また炎症系疾患が便秘の原因になるケースもあります。

便秘になっているときは腸内に老廃物が蓄積され、ガスや腹部の痛みをはじめとする不快な症状が起こります。

本記事では、穏やかな便通促進機能を備えたお茶を使った自然療法で便秘の症状に対処する方法をご紹介します。

1.センナ茶

湯気のたつティーカップ

センナ茶に含まれるアントラキノンという成分が、腸壁を刺激し、腸の機能を活発化させることで老廃物の体外への排出を促進します。

ただし、センナ茶は便通を促進する効果が非常に高いため、適量を摂取するように心がけてください。また、センナ茶の強い便通促進作用により、腸内フローラが減少するという副作用があるため、センナ茶の服用は、必要な時に必要量のみを摂取するように気をつけましょう。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • センナ茶 小さじ1(5g)

作り方

  • 水が沸騰したら火からおろしてセンナ茶を加えます。
  • 数分間かけて抽出した後、飲んでください。

摂取方法

  • センナ茶は1日に1カップ、週に最大で3回飲んでください。

2.ネトル茶

イラクサとも呼ばれるネトル茶は、便秘に効果のあるハーブティーとして人気があります。

抗炎症成分と便通を促進する成分が含まれているため、腸内の動きを改善して、老廃物の体外排出を促進することで、便秘や便秘による痛みを解消します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • ネトル茶 大さじ1(10g)

作り方

  • 沸騰したお湯にネトル茶を入れたら、適温になるまでそのまま抽出します。
  • 濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 空腹時に、他の食品を食べていない状態でネトル茶を飲んでください。
  • 週に2−3回飲みましょう。

3.フェンネル茶

フェンネル茶

フェンネルの種は、腸内のクレンズを促進するサプリメントとして何百年も愛用されています。

抗炎症成分が含まれるフェンネルは、腸の動きを促進しながら、腸の刺激症状を緩和します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • フェンネル茶 小さじ1(5g)

作り方

  • 種を挽いて粉状にしたら、沸騰した湯に入れます。
  • 10−15分間抽出したあと飲んでください。

摂取方法

  • 便秘の症状が改善されるまで、毎日最大2カップまで飲むことができます。

4.コリアンダー茶

コリアンダー茶は便秘に効果のあるお茶で、便秘による炎症やガスの症状を解消する働きがあります。

またコリアンダー茶を服用すると、腸内活動を刺激して、腸内に蓄積された老廃物を体外に効果的に排出します。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • コリアンダーの葉 大さじ1(10g)

作り方

  • お湯が沸騰したらコリアンダーを加えます。
  • 蓋をしたら室温に下がるまで抽出します。
  • 濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 1日2カップ飲んでください。
  • 症状が改善されるまで毎日飲んでください。

5.フラックスシード茶

天然のフラックスシード茶は、便秘や消化器系の問題を解消するのに効果のあるお茶として世界中で愛用されています

フラックスシードには、抗炎症成分と便通を促進する成分が含まれているため、腸内フローラのバランスを乱すことなく、老廃物の体外排出を促進します。

材料

  • フラックスシード 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を沸騰させたらフラックスシードを加えます。
  • 蓋をして室温になるまでこのまま抽出します。
  • 濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 朝起きたらすぐにフラックスシード茶を飲みましょう。またお好みで午後に飲むのもおすすめです。
  • 週に少なくとも3回飲んでください。

腹部のむくみや便秘にお悩みの方は、今回ご紹介した方法で自然に便通を促進して便秘を解消しましょう。

あなたへおすすめ