便秘解消の秘訣

· 10月 3, 2015
便通を含め、身体の様々な臓器の機能を刺激する方法として、毎日何らかの身体活動を行うことはとても重要です。

 

便秘は、どんな年齢においても起こりうるものですので、まずは自分が便秘なのかどうか、はっきり認識しておくことが大事です。もし、1週間で便通が3回未満である場合には、便秘である可能性があります。排泄時に痛みが伴う場合にも、この問題が発生していると考えられるでしょう。この病気は、通常、腹痛や腹部の膨満を伴います。

まずは簡単に便秘のおさらいから。便秘は、便が結腸の中に長くとどまったときに起こり、それにより排泄が困難となります。主な原因には以下のようなものがあります。

  • 座りがちなライフスタイル:身体や臓器が正常に働くためには、アクティブなライフスタイルを維持し、多くの運動を行うことが必要です。
  • 食物繊維の少ない食事:これが便秘の最も一般的な原因です。食物繊維を摂取することは、腸が正常に機能するためには、極めて重要なことです。
  • 生活習慣の変化:新しいお家に引っ越したり、バケーションに出かけたり、日常食べないような食べ物を食べたりした時に、便秘になることはよくあります。

それでは、簡単かつ安全に便秘を解消する秘訣をいくつかご紹介しましょう。

運動 運動

上にも書いたように、様々な臓器の機能すべてを活性化させるためは、身体を絶えず動かすことが必要なので、最低でも1日30分は歩いたり、走ったり、泳いだりするようにしてください。

我慢しない

トイレに行きたいのに、我慢して後で行くことにするときにも、便秘になることがあります。排泄する必要性を感じたら、長い時間我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

加工食品を避ける

ハンバーガー

薄切りの加工肉、フライドポテトなどのジャンクフードは完全に控えてみてはいかがでしょう。これらの食べ物は本当においしいかもしれませんが、残念ながら、結腸に炎症を起こし、本来の働きを阻害してしまいます。

チーズを控える

アイスクリーム、チーズ、牛乳のような乳製品には、結腸に炎症を起こし、便秘をさらに悪化させるカゼインと呼ばれるたんぱく質が含まれます。

便秘薬を飲んで済ませない

薬局で簡単に便秘薬は手に入ると思いますが、最も良い方法は医師の診察を受けて、便秘の進行具合に応じて、自分の身体の固有なニーズにあった便秘薬を薦めてもらうことです。

果物をたくさん食べる

自然の便秘薬

ほとんどの果物が便秘の緩和に効果があります。皮をむくと食物繊維が失われてしまうので、丸ごと食べることをオススメします。

  • 例えば、パパイヤには消化を助ける酵素が含まれているため、毎日(空腹時に)食べると、多くの利点があります。
  • オレンジジュースも、消化の働きを早めるためにとても良いため、空腹時に毎日飲みましょう。

アップル・サイダー・ビネガー

この液体は、天然の便秘薬となることを意図して作られています。大さじ1杯のアップル・サイダー・ビネガーに少量のハチミツと水を加えて飲んでください。飲み過ぎに注意して、週1回にとどめてください。

ナッツやドライフルーツ

ナッツ

生の果物と同様、ナッツやドライフルーツからは、たくさんの食物繊維を摂ることができます。乾燥したベリー類、プルーン、レーズンなどを食べることで、便秘を緩和させることができるでしょう。

オリーブオイル

空腹時に、1カップのお湯に少量のレモンと大さじ1杯のオリーブオイルを入れたまのを飲んでみてください。この飲み物は消化を良くするだけでなく、体重を減らす効果もあります。

豆類

豆類と鉄分

すでにご存知の通り、消化システムが適切に働くためには、食物繊維が必要なのです。豆類には食物繊維が豊富に含まれる上に、たんぱく質や、鉄・銅・亜鉛・リン・カリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラルの良い供給源です。

りんご

1日1個りんごを食べることは、毎日排泄できるようになるためにとても良く効きます。さらに、りんごの皮はすばらしい抗酸化物質であり、多くの食物繊維を含み、腸を掃除してくれますので、できるだけ頻繁にりんごを食べるようにオススメしています。