ばい菌や角質を除去するフットケアの方法

· 4月 11, 2017
足の痛みやかゆみ、臭い、乾燥でお困りですか? ここでご紹介する簡単な自然療法を行うことで、角質や菌を取り除き、足を美しく健康に保つことができます。

足は身体を支えるという重要な役割を担っているにもかかわらず、日ごろケアするのを忘れがちなパーツです。

足は、床や靴などに常に接し、天候の影響も受けています。そのため、一般的に足は乾燥したり、菌が発生したり、健康状態にまで影響するようなその他の変化にも耐えているのです。

最も心配なのは、それは日に日に悪化し、痛みや、タコ、ひび割れ、その他の不快な症状につながってしまうということ。

幸いなことに、足のケアをするのに高価な治療を受ける必要はありません。大金をつぎ込むことなく、100%ナチュラルな素材を使って足の健康を守ることができます。

この記事では、足のを除去するだけではなく、硬くなった足の皮膚をなめらかに、柔らかくすることができる簡単な方法をご紹介します。

足のばい菌や角質を取り除くには

Feet

美容業界では、足をケアするための商品がたくさん売られています。そういった商品はカビや細菌による悪影響を抑えることで足の状態を改善するものです。

しかし、自然の素材を用いても、同じフットケアの効果を得ることは可能です。そしてさらに大切なことは、自然のものを使うと、刺激の強い化学物質を使用しなくてもケアができるということです。

中でも、調理用としても医療用としても家庭によくあるアイテム、りんご酢はたいへん優れています

りんご酢は、りんご果汁を発酵させることで作られており、防腐性や、抗炎症効果、抗かび効果などといった特徴があります。外用・内用ともに、こういった効果を得ることができます。

apples and vinegar

りんご酢は、足や爪のケアの強い味方として何十年も前から使われてきました。理由はその殺菌性の高さと、古い角質を除去してくれる効果です。

ホワイトビネガーの方を好む人もいますが、りんごから作られるお酢には素晴らしい効果があると言われています。

例えば、りんご酢を塗って使用することで、真菌感染を抑え、感染よって引き起こされた乾燥やかゆみをやわらげることができます。

また、りんご酢は天然の弛緩薬としても優れており、ハイヒールや仕事の疲れなどによる緊張をほぐしてくれます

りんご酢は天然の軟化薬でもあるため、角質を取り除いて、タコや、足の見た目に影響するようなその他の点も改善します。

さらに、酸の性質によってデオドラントのはたらきもしてくれます。足の臭いや汗でお悩みの方に効果があるでしょう。

りんご酢には酢酸が多く含まれています。そのため、しわやひび割れなどに対する自然療法としてのはたらきもしてくれる上に、ちょっとした傷などの治癒も促進します

中でも最も素晴らしい点は、足に健康的なうるおいを与えてくれることではないでしょうか。

りんご酢を使って足をケアするには?

Floral foot bath

りんご酢の効果を得るためのコツはたくさんありますが、足のケアに関してまず気を付けていただきたいのは、りんご酢はそのまま肌に付けてはいけないということ。これは、りんご酢には刺激的になりうる化合物が含まれているためです。良い効果を得るためには、必ず水で薄めて使用しましょう

最も簡単な使用方法は、20分間のフットバスです。塩やエッセンシャルオイルを加えても良いでしょう。

材料

使用方法

  • 足を浸けられる温度まで水を温め、りんご酢を加えます。
  • りんご酢を加えたお湯を桶に入れ、エッセンシャルオイルを垂らします。
  • 心地よいところに座り、フットバスに20分から30分ほど足を浸けます。
  • 大さじ一杯の重曹を入れると、角質を取る効果が高まります。
  • 1か月間このフットケアを毎晩続けて、若々しい足を取り戻しましょう。

注意点

肌のタイプによって材料の効き目が異なるため、この自然療法の効果には個人差があります。

一晩で効果が表れることはありません。効果を感じるためには、このケアを続けることが大切です。

一般的にはりんご酢に副作用はありませんが、フットバスを行う前にパッチテストをすることをおすすめします。

足を健康的に、なめらかに、美しくするには、このフットケアに何かをプラスして行うと良いでしょう。ナチュラルな保湿クリームを毎日塗っても良いでしょう。