あっという間にたるみを引き締める8つのヒント

10月 1, 2017
たるみとさよならしたければ、これからご紹介するヒントをいくつか組み合わせて実践してみてください。水分補給と運動が基本です。

たるみは遅かれ早かれ誰にでも起きる体の変化です。ですが、これからご紹介するヒントを実践すると、たるみとさよならすることが出来ます。

1.タンパク質を摂る

減量する時は、筋肉ではなく脂肪を落とさなければなりません。ですので食べ物にも気を使いましょう。

以下の食材からタンパク質を摂取することが出来ます。

・卵

・鶏肉

・七面鳥

・アーモンド

 

2.抗酸化成分を多く含む食べ物

抗酸化成分を多く含む食材を取り入れるようにしましょう。これらは、お肌に弾力や張りを与え、若々しく保ちます。

・ベリー類

・柑橘類やキウイ(ビタミンとコラーゲンが豊富)

・りんご

・きゅうり

・オリーブ

・黄色い野菜(かぼちゃやにんじんなど)

 

3.ジャンクフードを食べない

ジャンクフードには飽和脂肪酸が多く含まれています。これはむくみや肥満、たるみの原因となったりします。

ジャンクフードは出来るだけ食べないようにしましょう。

 

4.水を十分に飲み、太陽から身を守る

体に必要な量のお水を毎日しっかり飲むのはとても大切なことです。コラーゲンが減少するとたるみの原因となります。それを防ぐためにお水をしっかり飲みましょう。

また、太陽に当たりすぎるとお肌の中のコラーゲンが失われるので、注意してください。

日焼け止めなどを塗って、紫外線対策する事も大切です。

 

5.エクササイズ

食生活を見直すだけでなく、エクササイズをして筋肉を引き締めなければなりません。運動以外に筋肉を強くする方法などありません。

・エクササイズと一言で言っても色々あります。ご自分に合うものを見つけましょう。

1週間に3~4日1時間ほどするだけで良いです

 

6.氷:意外な効果

氷にはたるみを引き締める意外な効果があります。

氷を使ったトリートメントでお肌や胸周りなどを引き締めることが出来ます。

・直接お肌に当たるのを防ぐため、布などで氷を包んでください。

・軽く圧を加えながら胸周りをクルクルとマッサージしていきます。

毎日5分程度繰り返しましょう。意外な結果が見えてきますよ。

 

7.悪い生活習慣とお別れする

体に悪い生活習慣は避けるようにしましょう。健康に悪いだけでなく、胸が垂れたりする原因となります。

・大きすぎるブラジャーを付けている。

・脂肪の多すぎる食材を良く食べる。

・毎日座っている時間が長い。

・喫煙

・アルコール類の飲みすぎ。

・日に焼けすぎる。

 

8.亜麻仁(フラックスシード)を取り入れる

亜麻仁はたるみに効果があります。亜麻仁を使ったペーストの作り方をご紹介します。

材料

・亜麻仁  大さじ2(20g)

・お湯  大さじ4(40ml)

・サイプレス精油  2滴

作り方

・亜麻仁をすりつぶします。

・お湯を亜麻仁に加えます。

・サイプレス精油を加えて混ぜます。

使い方

・適量をたるみの気になる部分に塗ります。

・ラップで覆います。

15分置いたら、温かいお湯で綺麗に洗い流します。

週に2回行ってください。

簡単で素晴らしい効果がありますよ!

 

あなたへおすすめ