足のタコを取り除く家庭療法6種

· 12月 20, 2016
手や足にできたタコでお悩みの方は、この記事でご紹介する自然療法を試してみてください。繰り返し行うことで、少しずつ効果が現れます。

タコは、摩擦や圧力などの外的な刺激を持続的に受けることにより、皮膚が硬くなってできるものです。

例えば、空気が乾燥していることや、きつすぎる靴をはくこと、外反母趾などが原因として挙げられます。

足にできることが多いですが、何かが手の皮膚に直接当たり続けることによって手にできることもあります。

また、糖尿病や動脈硬化が原因で、タコができやすくなることもあります。

タコそのものが痛むことはまれですが、見た目があまり良くないことや、靴を履いたときに不快感があることなどから、タコを取り除きたいと考える方も多いことでしょう。

この記事では、効果的にタコを取り除くために、家庭で実践できる6種類の方法をご紹介します。

1. 重曹

bicarbonato-de-sodio-1-500x334

重曹は、天然の角質除去剤として優れた効果があります。

水虫の元となる菌を取り除く殺菌作用や、タコを小さくするのに役立つ抗炎症作用もあります。

必要なもの

  • 重曹 大さじ3
  • 軽石 1個
  • 適温のお湯
  • たらいなどの容器(足を浸せるくらいの大きさのもの)

用法

  • 適温(熱すぎない、足にとって心地良い程度の温度)のお湯を大きめのボウルに入れます。
  • 重曹をお湯に加えて溶かし、足を入れて10分間浸します。
  • その後、軽石でタコを優しくこすってからすすいでください。
  • 少なくとも週に3回行いましょう。

2. アスピリン

解熱・鎮痛剤として使われるアスピリンですが、タコを柔らかくする効果や、抗炎症作用によってタコを小さくする効果もあります。

必要なもの

  • アスピリン 6錠
  • レモンの果汁 小さじ1/2
  • 水 小さじ1/2

用法

  • アスピリンを砕いて粉末状にし、レモンの果汁と水を加えて混ぜ、ペースト状にします。
  • これをタコに塗ってから10分間おき、お湯で洗い流してください。
  • その後、軽石を使ってタコを優しくこすりましょう。

3. レモン

limones-talones-500x269

レモンの皮と果汁は、手や足にできたタコの除去に活用できます。また、皮膚がひび割れたり、感染症が起きたりするのを予防する効果もあります。

必要なもの

  • レモンの皮 1枚
  • レモンの果汁 適量
  • 包帯・絆創膏など

用法

  • 夜ベッドに入る前にレモンの皮をタコに当て、包帯で固定して一晩そのままにします。
  • 翌日の夜は、レモンの皮を新鮮なものに取り換えて、同じようにタコに当てたまま眠ります。これを数日繰り返します。
  • レモンの皮をタコに当てる前に、新鮮なレモンを搾った果汁をタコに塗ってもよいでしょう。また、レモンのエッセンシャルオイル(1滴程度をキャリアオイルで薄めて使用する)を塗ることもタコに効果的です。

4. 玉ねぎ

玉ねぎの抗菌作用と抗炎症作用を活用した、タコの家庭療法もあります。

必要なもの

  • 玉ねぎのスライス 1枚
  • レモンの果汁 小さじ1(5ml)
  • 塩 小さじ1(5g)
  • 包帯・絆創膏など
  • 軽石

用法

  • 夜ベッドに入る前、玉ねぎを厚めにスライスしたものに塩とレモンの果汁を振ります。
  • これをタコに当て、包帯などで固定して一晩そのままにします。
  • 一週間、毎晩行いましょう。玉ねぎを取り除いたあとに、軽石で優しくこすっても構いません。

5. キャスターオイル

aceite-ricino-500x388

キャスターオイル(ヒマシ油)には保湿効果と、繰り返し使うことでタコを小さくする効果があります。

必要なもの

  • キャスターオイル 大さじ1(15g)
  • 絆創膏
  • お湯(お風呂と同じくらいの温度)

用法

  • お湯に酢を加えたものに、タコができている足を10分間浸します。
  • その後タコにキャスターオイルを塗り、絆創膏を貼ります。
  • これを毎日、タコが小さくなるまで繰り返しましょう。

6. カモミール

カモミールには鎮静作用があり、タコの痛みを和らげます

必要なもの

  • 乾燥カモミール 大さじ3(約30g)
  • 水 1リットル
  • にんにく 一片

用法

  • 鍋に水とカモミールを入れて火にかけ、沸騰する前に、にんにくを細かく砕いたものを加えます。
  • 沸騰したら弱火にし、数分間煮出してから火を止めます。
  • これを漉し、たらいなどの容器に移します。
  • 冷たい水を加えて適温(お風呂と同じくらいの温度)まで冷まし、タコができている足を20分間浸しましょう。
  • 週に3回行ってください。

ここまでご紹介した6種類の方法のうち、お好きなものを試してみてください。すぐに効果が現れることはありませんが、少しずつタコが改善されていきます。

そしてタコを予防するため、また、できたタコの悪化を防ぐために、きつすぎず、快適で通気性の良い靴をいつも履くようにしましょう