足のタコを除去する玉ねぎと酢のトリートメント

12月 6, 2016
玉ねぎと酢を使ったこのトリートメントは、頻繁に塗布することにより、足からバクテリアを除去し、タコやウオノメが出来てしまった皮膚を柔らかくする効果があります。

タコやウオノメは足に出来てしまった硬くなった部分で、合わない靴を履くこと、絶え間なく擦れてしまうこと、必要以上に圧迫されることなどが原因で起こります。

現在では最もよくある美的トラブルの一つで、親指の下や足の裏側にできてしまうことが多いようです。

健康に直接関係があるわけではありませんが、足のタコをそのまま放っておくと皮膚がひび割れし、感染を引き起こす可能性もあります。

さらに時間が経つに連れ、特にタコができた最初の原因にがまだ晒されている場合は痛みが出るようになります。

しかしラッキーなことに、効果な製品や薬を買わなくとも、100%自然な方法でタコを取り除く方法があるのです。

その方法とは、玉ねぎと酢を使ったトリートメント法です。このトリートメントにはバクテリアを除去し、皮膚を柔らかくする効果があるのです。

是非一度、試してみてください。

足のタコに効く玉ねぎと酢のトリートメント

2-white-onion

足のタコを取り除くには、まず、硬くなった皮膚を柔らかくし、そこに重なり合った古い肌細胞を除去しなくてはいけません

玉ねぎは、この除去過程を促してくれる天然の酸を含んだ野菜なのです。

強い臭いは好ましくありませんが、玉ねぎは抗菌作用、抗炎症作用に非常に優れています。

玉ねぎにはビタミンC、カリウム、マグネシウム、葉酸が非常に多く含まれています。これらは健康的な肌を維持する上で欠かせない栄養素です。

玉ねぎはまた、細胞活動を促進しフリーラジカルの悪影響を最小限に抑える抗酸化作用のある硫黄化合物の源でもあります。

玉ねぎの汁は肌の乾燥した部分に潤いを与え、感染の原因となるバクテリアと闘い、足を柔らかくしてくれます。

さらにこの玉ねぎをホワイトビネガーの効能と組み合わせると、足のトラブルには最強のトリートメントができるのです。

酢には体の自然のpH値を変えることなく肌を柔らかくするビタミンや酢酸が含まれています。

玉ねぎと酢のトリートメントの作り方

3-vinegar-and-onion

自宅でできるこの自然療法は、タコ、ウオノメ、菌類、靴ずれなど足のほとんどのトラブルに効果的です。

薬局で販売されている薬ほど効果が出るのは早くないかもしれませんが、定期的に使い続けることで良い結果が出るでしょう。

材料

  • 玉ねぎ 中1個
  • ホワイトビネガー 3/4カップ(150ml)
  • ガラス製の容器 1個
  • サランラップ 必要なだけ
  • コットン 1切れ

準備

  • 玉ねぎの皮をむいて洗い、表面についている雑菌を取り除きます。
  • 玉ねぎをスライスし、ボールに入れたホワイトビネガーに浸します。
  • 4〜8時間そのままおきます。夜就寝前に塗布しましょう。

使い方

  • 液を浸したコットンで、足のタコが出来てしまった部分をこすります。
  • タコをコットンでカバーしたら上からサランラップをかぶせます。
  • 上から靴下を履き、そのまま一晩おきます。
  • よく朝、ぬるま湯で洗い流し、軽石でタコをこすります。
  • この手順を7日間、またはタコが完全に消えてなくなるまで繰り返しましょう。

良い結果を出すためのコツ

4-foot-soak

  • 暖かく湿気のある環境は真菌が発生しやすくタコが出来やすい環境です。できるだけ避けましょう。
  • どのような状況下であっても、タコを除去しようと毛抜きや爪切りなどを使うことは止めましょう。
  • 少なくともこのトリートメントを行っている期間は、フラットタイプで通気性の良い靴を履きましょう。
  • ハイヒールを履く回数を減らしましょう。ハイヒールはタコの原因として最も一般的です。
  • 新しい靴を履いて皮膚が痛くならないよう、新しい靴を履く前にはローションかヴァセリンを少し塗布しておきましょう。
  • 定期的にアップルサイダービネガーと水を入れたボールに足を浸し、感染を予防しましょう。
  • 毎日の美容ケアの一環として、足のピーリングを取り入れましょう。

あなたの足にはタコができていますか?今日の記事のアドバイスに従い、ぜひトリートメントを行ってみてください。柔らかくなるはずです。

望むような結果を手に入れるには忍耐が必要です。とりわけ、このトリートメントは継続して行うようにしましょう。

あなたへおすすめ