足のむくみを解消する方法

足がむくむことはよくあります。特に年配の方や太り過ぎの方、妊婦に多く見られます。特に、長時間歩いた後や立ちっぱなしだった後などに足はむくみやすく、基本的に痛みはありません。中には定期的に足がむくむという人もいますが、その場合は、痛みや疼き、ヒリヒリ感などを感じることもあります。そんなときは必ず症状に注意を払いましょう。なぜなら、腎臓や循環系のトラブルが原因かもしれないからです。

しかし、過剰に心配する必要はありません。この足のむくみを解消する自然療法はたくさんあるのです。足のむくみを簡単に予防し、また回復させてくれるでしょう。

今日は、安価で手に入りやすい材料を使って簡単に作れる自然療法をご紹介します。足のむくみが気になる人は是非、試してみてください。

足のむくみを解消する自然療法

2-parsley

脚のむくみに効く自然療法はたくさんあるのですが、今日は、パセリを使った方法を見ていきましょう。パセリは利尿作用のあるハーブで、料理だけでなく薬として何世紀にも渡って使用されてきたのです。

パセリには基本的な栄養素が詰まっており、デトックス効果、抗炎症作用もあります。

ビタミンA、B、Cを豊富に含むパセリ。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。

さらに、パセリは食物繊維、抗酸化作用、タンパク質が豊富です。脂質は少なく、たったの36カロリーなのです。

全体的なへルスケアや理想的な体重のキープ、生き生きと若々しく魅せるのにはこのパセリで作ったお茶が大変お勧めです。

パセリが足のむくみに効く理由

3-compression-stockins

パセリが足や足首のむくみに効く理由は、パセリが腎臓の機能を刺激し、組織内の体液バランスを整えるからです。

毒素や体に必要のないものを排出するのを助け、体内が炎症するのを予防します。

そのため、循環が正常化し、痛みやストレス、倦怠感といった不快な症状を抑えてくれるのです。

足のむくみを解消するパセリ療法

4-parsley-tea

パセリには独特の香りがありますので、料理に使って食べるなら、ご飯やスープ、スムージーなどに取り入れると良いでしょう。

上記以外であれば、お茶にして飲むことをお勧めします

材料

  • パセリ 3束
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • パセリは葉だけでなく茎も全て使いましょう。
  • 水に酢を少し混ぜたものを容器に入れ、パセリをよく洗います。
  • 洗ったパセリをブレンダーにかけ、ピュレ状にします。
  • 水を火にかけて沸騰させ、パセリのピュレを入れます。
  • 火を止めて一晩置き、翌日液体を漉します。
  • この液を1日2〜3杯飲みましょう。

摂取方法

  • この方法は2日連続して行い、3日休んでまた2日続けるというサイクルで行いましょう。
  • 最初の一杯は、朝空腹時に飲みます。
  • 限度を守り、飲みすぎないようにしましょう。
  • むくみはだんだんと解消されていくでしょう。

注意

  • 腎臓の健康に大変効果があるパセリですが、腎臓結石の方はこの方法を行わないでください。
  • パセリにはシュウ酸が含まれています。シュウ酸は結石の原因となり得ます。
  • 腎不全やそれに関わる病気の方は、この方法を行わないでください。
  • 妊娠中の方は、この方法を行う前に必ず医師に相談してください。

このパセリ水を飲むだけでなく、脚を中心としたエクササイズを行い、水分をしっかりと補給することでよりむくみ解消につながります。

脚のエクササイズや水分をしっかりと補給することにより、循環が改善され、将来的なむくみのトラブルを予防します。

痛みを緩和する他の方法として、1日の終わりに脚を数分間高く上げておくというのもお勧めです。

脚を高く上げることによって心臓に血液が戻りやすくなり、下半身のむくみがスッキリとします。

もし、むくみが消えないようであれば、必ず医師の診察を受けましょう。