朝の疲労感を自然に解消するための/7つのアドバイス

· 6月 1, 2017

朝からぐったり疲れてはいませんか? 朝の疲労感はホントに困った問題ですが、ナチュラルな方法で解消できるってご存知ですか。カフェインや薬にたよる必要はありません。シンプルなアドバイスに従うだけでいいんです。

今回は、朝気分よく目覚めて、元気ハツラツで1日を始めるために大切な7つのアドバイスをご紹介しましょう!

朝の疲労感はなぜ起こる?

朝の疲労感には複数の原因が考えられます。いろいろな要因が関わっているためです:

  • 激しいライフスタイル・神経質・ストレス
  • 偏った食事または栄養不足
  • 座りがちのライフスタイル
  • 悪い習慣
  • 不適切な睡眠環境

以下、朝の疲労感を完全に解消するのに役立つアドバイスをいくつかご紹介します。

1. 睡眠の質を改善する

元気いっぱいで目覚めるためには、まずぐっすりと眠れているかどうかを確かめなければなりません。朝の疲労感は、あなたの生活環境にある問題のせいかもしれないからです。夜ぐっすり眠るためには、次のステップをとるようにしましょう:

  • 静かな場所で寝る。  
  • どんなに小さい光でも寝室に入ってこないようにする。これは光が睡眠ホルモンであるメラトニンの生成を邪魔するためです。
  • 身のまわりの電子デバイスすべての電源を切る。
  • 部屋が適温かどうか確かめる。
  • 部屋をきちんと片づけ、身のまわりにムダな物がほとんどないようにする。
  • 部屋の換気を十分にする(特に昼間)。
  • 好みで、ラベンダーやカモミールなど、リラックスできるアロマで部屋を満たす。
  • 寝るまえに熱いシャワーをさっと浴びる。

2. ストレスを退治する

ストレスは健康の大敵。全身のバランスを乱し、病気にかかりやすくするためです。

ストレスの最も一般的な症状は不眠症または入眠障害。そのせいで、翌日は朝からずっと疲れたまま1日をすごすことになってしまいます。

ストレスと闘うためには、正しい食生活を送ること、そして必要なら身体の免疫力を強化するためにサプリメントを摂り、栄養不足にならないよう努めることが大切です。

でも、それだけでは十分ではありません。生活のペースを変え、大切なこと(健康など)を優先するようにしなければ、どんなに正しい栄養を摂ってもストレスを完全に退治することはできないでしょう。

3. 中強度のエクササイズを実行する

1日の終わりに疲れていなければ、ぐっすり眠ることがむずかしくなります。ここでいう疲れとは身体の疲れのことで、頭脳の疲れではありません。

実際、現代社会では精神的な過労状態に陥っている人が増えていますが、身体的には多くの人たちが座りがちな生活を送っています。

そこでおすすめしたいのが、1週間に2~3回、中くらいの強度のエクササイズを実行すること。1日目からその効果に気づかれることでしょう。

4. 夕食をモニターする

寝るまえに消化をうながすためには、夜のかなり早い時間に軽い夕食をとるようにしなければなりません。

これは肝臓と胆のうを休ませることにもなりますから、翌朝めざめたときのエネルギーレベルと幸福感をアップするのに役立ちます。

夕食を食べすぎると、身体は消化のためにエネルギーを集中しなければなりません。そのため、日中の活動によってたまった疲労から完全に回復する手助けができなくなってしまうのです。

5. 栄養ある朝ごはんを食べる

朝食は1日で一番重要な食事。特に朝の疲労感がある人は、朝食を大切にしなければなりません。

朝はコーヒー1杯を飲んだだけで家を出る人たちもいますが、元気に1日をスタートするためには、炭水化物・タンパク質・ヘルシーな脂質がそろった食事をきちんととる必要があります。

朝食には以下の食品を取り入れるようおすすめします:

  • 生のくだものや野菜(サラダやスムージーで)。ココナッツとアボガドが特にオススメです。
  • 全粒穀物(オートミール・ライ麦パンなど)
  • ナッツや種(チアシード・亜麻仁など)
  • 植物性の飲み物(アーモンドミルクなど)

6. 必要なら健康サプリを取り入れる

時には、身体を強くするのに役立つ以下のようなサプリメントをとることも必要になるかもしれません:

  • スピルリナ 
  • 朝鮮人参  
  • マカパウダー 
  • マグネシウム 
  • ビール酵母 
  • エクストラヴァージンココナッツオイル 
  • オリーブの葉 
  • プロバイオティクス

いずれかを選んで時々摂ることもできますし、飲んだときのプラス効果に応じて違う種類を交互に摂ってもいいでしょう。処方薬をのんでいる方やアレルギーが心配な方は、必ず事前にかかりつけの医師にご相談ください。

7. フラワーエッセンスを利用する

有名なバッチフラーワーレメディの中にフラワーエッセンスがあります。

このエッセンスは、何もしないのに体験する疲労感(朝の疲労感など)と闘う手助けをしてくれるといいます。

このエッセンスを4滴ずつ、1日に4回飲みましょう。そのままでも、少量の水にまぜてもOKです。

禁忌や副作用はありませんから、病人やお子さん、妊婦の方でも安心です。